« 憲伸岩瀬代表リレーも、痛恨竜これで虎戦5連敗。 | トップページ | ウッズノリべん花火競演も一転冷や汗連敗脱出! »

2008年7月20日 (日)

小笠原痛恨の初球2被弾、沈下竜泥沼虎戦6連敗。

川上-岩瀬の五輪代表リレーで繋ぎながらも
接戦を落とし、対阪神5連敗となったドラゴンズ
梅雨も明け、夏休み最初の土曜日のナゴヤドームに詰めかけた
地元ファンの前で是が非でも連敗だけは止めたいところ。
迎えた第2戦、打線が初回、和田の適時打で1点を先制したものの、
3回に先発・小笠原が際どい判定から捕まり、3ランを浴び逆転。
5回、アライバの連打からウッズの適時打で反撃したものの、
直後の6回、元同僚・高橋光信に2ランを喫してしまい、万事休す。
手痛い2発に屈して対阪神戦6連敗と、事態はさらに泥沼化しました。

◇セントラル・リーグ公式戦
中日-阪神 13回戦
(19日・ナゴヤドーム | 中日2勝10敗1分け)
38299人 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
阪 神
中 日
[敗] 小笠原(17試合7勝7敗)
[D本] なし
[Dバッテリー]
小笠原、長峰、ネルソン - 谷繁

【ゲームレビュー】
小笠原が本塁打2発に沈み、対阪神6連敗
1点リードの3回、四球と安打で1死一、三塁とされ、
鳥谷に右へ逆転3ラン。
1点差に追い上げられた6回には、2死一塁から
高橋光信に中堅左へ2ラン。いずれも初球を運ばれた。
打線は1回に和田が先制打。5回にウッズが適時打を放ったが、
その後のチャンスが生かせなかった。
公式サイト、中スポ、共同通信社ニッカン式スコア


今季ここまで阪神戦は、2勝9敗1分け
さらに5連敗中と、トラアレルギーは深刻化。
悪い流れを何としても、止めておきたいところでしたが、
ところどころで手痛い一発を浴びてしまっての完敗。
選手起用も含め、やることなすことうまくいく阪神に対し、
どうも歯車は狂いっぱなしのドラゴンズ
この日のゲームの落とし方を見ると、
今季の阪神戦に関しては、残念ながら、
このまま行ってしまいそうな感じがしました。

ゲームを振り返ると、
立ち上がり不安定な阪神先発・安藤を攻め、
初回、2死から森野、ウッズ連続四球の後、
和田が中に入った落ちないフォークを叩き、レフト前への先制タイムリー
さらに中村紀洋が繋いで、三遊間を破るヒットで満塁のチャンス。
ビッグイニングの期待を抱いたものの、
平田が外のボール球に手を出してしまい、空振り三振。
1点のみで終わり安藤を助けてしまったのは、痛かったかなと。

一方のドラゴンズ先発・小笠原はまずまずの立ち上がり。
初回、赤星に代わって1番で起用の平野
初球を叩かれ、三塁下を抜くヒットを許したものの、
2死二塁から金本を力のあるストレートで空振り三振。
続く2回も6番・高橋光信にフルカウントから
四球を選ばれたものの、後続を抑えゼロ。
しかし3回1死からの平野に対してのいくつかの際どい判定
これはちょっと厳しかったですね。
カウント2-1からの6球目に投じた内角低目のカーブ。
ハーフスイングを取ってもらえず、2-2としてしまうと、
1球ファウルのあとの8球目、
内角一杯のストレートをまたも取ってもらえず、
フルカウントとしてしまい、結果四球
これに動揺して、リズムを崩した小笠原は、
続く関本初球を詰まりながらセンター前に落とされると、
さらに鳥谷にも同じく初球、ど真ん中に入った
ストレートを強振され、ライトスタンドへ運ばれる3ラン
初球の入り方が甘すぎたといえば、それまでですが、
その前の判定が流れを変えたのは、確かだったと思います。

それ以降は落ち着きを取り戻し、
5回に粘られた平野の尻に死球を与えた以外は、
しっかり阪神打線を抑え込んでいた小笠原
その一方で、5回ウラに味方がようやく反撃
荒木のセンター返しに、井端の一、二塁間を抜くヒット。
久々のアライバコンビの連打でチャンスを掴むと、
1死からウッズがしぶとく三遊間を抜くタイムリー
2-3としたものの、続く和田が内へのシュートを叩いてしまい、
三塁線へのゴロに倒れ、ここも1点止まり
ビハインドの展開ですし、これ以上の失点は厳禁。
それにも関わらずその直後の6回、
1死から金本をストレートの四球で出すと、
続くフォードを二塁ファウルフライに打ち取ったものの、
迎えた高橋光信に対しての初球、ストレートが甘く真ん中低目へ。
積極的に捉えられると、高々と上がった打球は
そのまま左中間スタンドに飛び込む2ランホームラン
じっくり見てくるタイプの光信ながらも、
またしても初球に投じてしまった甘いボール
これはあまりにも小笠原不用意だったんじゃないかと。
この日2発目の被弾で、2-7となってしまい万事休す
敵を喜ばせ、味方を意気消沈される一発となってしまいました。

ところでこの日、気になったのはやはり初球
鳥谷の3ラン、高橋光信の2ランに続き、
2番手・長峰が8回先頭の関本に叩かれたのも、初球
さらにフォードの右中間突破のタイムリー二塁打のあと、
代打・桧山に外角高目のスライダーを叩かれタイムリー。
トドメの7点目を失いますが、それも初球
とにかく好球必打で積極的な阪神打線
バッテリーはもう少し初球の入り方を気をつけるべきじゃないかと。
相手は勢いもありますし、とにかくスキを見せてしまったらやられる
今後は注意して向かっていってほしいところです。


嗚呼バッテリー…。それにしても、
これで対阪神戦6連敗
ナゴヤドームでの対戦でも
3連敗で2勝5敗1分け
完全に分が悪くなってしまいました。
せっかくの3連休、
このまま重いムードのまま
過ごしたくないですね。
残念ながら現状での阪神との力の差はかなりありますし、
1ゲーム差で迫ってきてしまった4位・東京ヤクルト
足音の方がかなり近くに聞こえるのは確か。
ただこのままファンを失望させたまま、沈み続けるのは困ります。
何とか選手1人1人が踏ん張って、歯止めをかける。
そしてこの悪い現状を打破するしかないでしょう。
3回ウラに森野がフルカウントから8球ファウルで粘って、
14球目に四球を選びましたが、そういう必死さもその1つ。
これだけ負ければムードは良くない
さらに責任感もあってどうしても硬くなってしまう。
ただそんななかでも、大切なのは全力で戦うこと
そうすれば勝負は生き物。ふとしたことで歯車がかみあうかも?
難しいながらも、おそらく立ち直ってくれるであろうドラゴンズ
ファンとしてはそう信じて、この先も見守っていきたいなと。
阪神3連戦はもう1試合ありますが、とにかくここは踏ん張ろう
その一言で締めておきます。


★プレーヤーズ・ボイス(19日)

●小笠原孝
<6イニングを投げ、4安打5失点で今季7敗目。
毎回の7三振を奪いながら、要所を抑えることができず>
「せっかく点を取ってもらった次の回に打たれて…。
ホームランを打たれたのが本当に申し訳ないです。
あそこまで飛ばされたんだから、自分の投球が甘かったんです。
もっと外を狙っていたのに。
こんなに大勢のお客さんが入ってくれたのに。
何よりもその方たちに対して申し訳なく思います」
中スポサンスポ時事通信毎日jpニッカン

●和田一浩
<初回2死一、二塁から左前へ運ぶ先制適時打>
「大事な先制機だったので、
何とかしてランナーを返そうという気持ちでいきました。
ああいう形がもっと出ればいい。一人一人が頑張っていくしかない」

<しかし5回2死一、三塁の場面で三ゴロに倒れ>
「初回は良かったんですがねえ…。
力みはないです。みんな何とかしなきゃと思ってやっています。
粘ったり、(打てる球を)狙っていくことも大事。
一人一人が積極的にいくことが大事だと思います。
初回のような攻撃がほかの回でもできてくるようになるといいんですが」
中スポサンスポニッカン

●タイロン・ウッズ
<5回1死一、二塁から左前へ適時打を放つ。
なかなか波に乗りきれないのは自覚しているが、
4番打者として何が必要なのかは分かっている>
「きょうのヒットはいいヒットだったと思う。
でも、チーム状態を良くするには、
ぼくらがもっと打って、点を取ってあげないといけない」
中スポ

●森野将彦
<3回1死、カウント2-3から8球連続ファウルで粘って、
14球目で四球を選ぶ。安藤のスタミナを消耗させ>
「甘い球がこなかったんです。
ファウルになったのは結果的なところもあります。
消耗? それはあるかもしれません」
中スポ

●荒木雅博
<5回1死から中前打で出塁。
井端と連打でウッズの適時打を呼ぶ>
「塁に出れば返してくれるので、とにかく頑張ります」
(東京中日)

●長峰昌司
<7回から2番手で登板。2イニング目の8回、
2死一塁までこぎ着けながら、フォード、桧山に連打を喰らい2失点>
「もったいなかった。低めにしっかり投げないと打たれます」
(東京中日)

●マキシモ・ネルソン
<5点差の9回に来日初登板。
1安打1四球で2人の走者を許したものの、
MAX151キロの速球主体で1イニングを無失点デビュー>
「きょうの感触はまあまあ。投げた感じはすごくよかった。
調子が上がればもっとスピードはでるはずだ」

<4万人近い大観衆の中でマウンドを踏みしめ>
「こんな大勢の観客の前で投げられたことがうれしかった。
これからもチャンスをもらえるように、『ゼロ』に抑えていきたい」
中スポサンスポニッカン


●落合監督
<首位・阪神に力の差を見せ付けられ完敗で再び貯金1に。
いつもよりたっぷり時間を割いて、インタビュールームに言葉を残す>
「こんなに苦しんでいるのは初めて? 
かもしれないな。それが(低迷の)一番(の理由)なんじゃないか。
こんなはずはない、こんなはずはじゃないって。
でもな、勝負事って歯車が1つ狂ったら逆回転するんだ」

<歯車が逆回転すれば>
「それがどこからくるか、探し出せばいいだけだ。
個々の力は今までより落ちているわけだから、
こうなってくるのは仕方ない。
原因はいろいろある。
ヨソの球団も毎年ウチにだけいい思いはさせてくれない。
ターゲットにされるし、必死こいて調べてくるんだ。
(それに対して)本当の意味で力を備えていれば
問題ないんだろうけど、雰囲気に左右されがちなのが今の選手。
プロ野球界を見渡して、われ関せずで行けるのは
金本(阪神)と小笠原(巨人)だけじゃないのかな。
昔のにおいを残している選手は。
残念ながらウチにはまだ育ってなかったっていうことだ。

本当の意味で、プロ野球でメシを食っていけるということ。
後々名が残る選手。昔はそういう選手ばかりだった。
本当の力があってスターになるのはいい。
(そういう選手は)プライドをかけていくから。
でもウチの選手は発展途上。いいものはもっているんだよ。
ただ、一本立ちしたと認めるのは早かったかなと。
それはこっちの責任だ。いい選手をいっぱい抱えているんだよ。
でも一人前として扱うのには半年早すぎたのかもしれない」

<手助けはできるのか>
「やるのは選手なんだ。
いくらこっちが説明しても、自分らで立ち直ってくれないと。
それがプロ野球」

<故障者も多く>
「昨年の疲れを引きずってるのかな。
昨年の11月まで野球をやって、普段は休んでいる時期だから。
いろんなところに故障が出てきているというのはある。
まあ、何でメシを食っているかをもう一回考えてくれればいい。
お客さんにもこんな寂しい野球を見せているのは初めて。
でも今年1年で終わるわけじゃない。
こっちは見て、待っているしか仕方ない。
それでできなけりゃいくらでも入れ替える。
(といっても2軍に人材が)見当たらないんだけどね」

<首位・阪神とは今季最大の14ゲーム差。
だが決して諦める言葉を口にするつもりはない>
「まだ終わったわけじゃない。こっから何連勝するかわからんぞ」
(中スポ、共同通信社時事通信毎日jp
スポニチ名古屋ニッカンデイリー


今日の公示。(19日)

◆セ・リーグ
【出場選手登録】
△中日 藤井淳志外野手、中田賢一投手
【同抹消】
▼中日 英智外野手、佐藤充投手
公式サイト共同通信社

△藤井淳志
<英智に代わって、19日ぶりに1軍に再昇格>
「自分の与えられた仕事をきっちりやりたい」
ニッカン

△中田賢一
<佐藤充に代わって18日ぶりに再登録される。
17日から1軍の練習に合流していたが、
姿を見るのとともに、愛車を見たのはもっと久々。
交流戦直前には、すでにナゴヤドームへはタクシー通勤していた>
「結構(時間が)かかりましたね。
いったん戻ってきたんですが、
バッテリーが上がって、また修理に出してました」

<約2カ月ぶりに愛車を運転しての球場入りに>
「出掛けようと思ったときに車があるというのはいいですね」

<それまではずっとタクシーだった。不自由じゃなかったか>
「不便じゃなかったですよ。
名古屋ではそんなに出歩くときもないですし」
(中スポ<ドラ番記者>

▼英智
<開幕から1軍でプレーしてきたが、
今季初めて出場選手登録を抹消され、
ナゴヤ球場で2軍の残留組に合流。打撃練習などに汗を流す>
「プレーする場所がナゴヤドームから
ナゴヤ球場に変わっただけ。野球をすることには変わりない」
(中スポ)

「そろそろ入れ替えることを考えなきゃいけないな」
前夜の試合後にそう示唆していた落合監督
この日、投手と外野手の入れ替えを敢行。
前日のゲームの9回1死一塁から和田の中前打で
三塁にいけなかった英智に代わって、
ファームで打撃好調の藤井を再登録。
さらに17日から1軍練習に合流していた中田を登録し、
代わって、佐藤充が抹消されました。
昨夜のCS中継では、中田がいかにも第3戦の先発のように
話していたのが気になりましたが、
ローテ通りにいけば、中6日で吉見のはず。
せっかく先発に戻し復調させたい吉見をまたもズラすのか?
今夜の先発投手が注目されるところです。


若竜トピックス(19日)

◆ウエスタン・リーグ公式戦
サーパス-中日 12回戦
(19日・あじさいスタジアム北神戸)
   010 212 010 = 7
 SU 001 000 001 = 2
[勝] 赤坂(15試合4勝3敗1S)
[D本] なし
[D投] 赤坂
公式サイトオリックス・バファローズ

【ゲームレビュー】
2回、堂上剛裕が左翼線にポテン二塁打を放つと、
柳田が中前適時打を放ち、連打で先制点を挙げる。
4回、柳田左翼線二塁打、中村一生が中前打で繋ぐと、
堂上直倫が左前打を放ち、3連打で追加点。
なおも2死一、三塁からが左前適時打でこの回2点目。
5回、堂上剛裕が左中間二塁打で出塁すると、
1死後中村一生が中前適時打。
さらに6回、谷、森岡の連打などで2死一、三塁から、
堂上剛裕が右越え2点二塁打を放ち、ダメ押し。
8回にもイ・ビョンギュが中前に適時打を放つなど、15安打7得点。
先発・赤坂は、3回2死から連続四球で一、二塁とすると、
相川に詰まりながらも左翼線に落とされ1失点。
さらに最終回、の適時内野安打で1点を返されたが、
9イニング、137球を投げ、4安打5奪三振5四球2失点(自責1)。
完投勝利を収め、今季3勝目を挙げた。
公式サイトより)


○赤坂和幸
<ウエスタン・サーパス戦で
堂々たる投球を見せ、4安打2失点で完投勝利。
しかし1点リードの3回、3球で2死を取ったが、
連続四球から相川に同点打を許したことを反省>
「突然、ストライクが入らなくなった。
捕手の田中さんに突っ込んでいると注意され直りました。
フォームを安定させたいと思います」

<この日は一生忘れることのない試合になった。
あこがれの人と向き合う『夢』の対戦に>
「前日の夜から楽しみでワクワクしていた」

<その相手とは故障で2軍にいるサーパス・清原。
02年の巨人-広島戦を家族揃って見に行ったとき心を奪われた>
「バックネット裏で見ていたボクの目の前で、
清原さんがセンターオーバーのサヨナラヒットを打った。
あの場面は今でも目に焼き付いています」

<2回の初対決。打席に立った清原を見て胸が高鳴った>
「ふところが大きくて吸い込まれそうだった。
清原さんのときだけ緊張感が違った。目を合わせないようにした」

<新人らしく大打者へ全力で向かっていくと決め、
速球主体で追い込むと、最後も外角低目の真っすぐで空振り三振に>
「思い切り投げたし、清原さんもフルスイングしてくれた。
これまでの野球人生でも指折りの瞬間でした」

<次打席で四球を出したものの、
第3打席で6球真っすぐを続けて再び空振り三振。
最後の打席は遊ゴロ。TVで追いかけていた人を3打席無安打に>
「あの清原さんからストレートで空振りを取れた。
今後への大きな自信になります」

<5月末に1軍に昇格したときは1週間で再び2軍落ちしたが、
現状でがプロとしての地力を付けた実感がある>
「今はあのときとは絶対違う」
中スポ

○高橋2軍投手コーチ
<完封勝利の赤坂の成長に目を細め>
「この暑さの中、よく投げたと思う。
四球に課題を残すがこの完投勝ちで、
ますます、自信を深めていってほしい」
中スポ

○谷哲也
<4打数3安打1打点1犠打と、
2番の仕事をキッチリとこなし勝利に貢献。
初回の第1打席は10球目を左翼線二塁打。
4打席目は先頭打者で四球と、とにかく選球眼がいい>
「状況に応じたバッティングを心掛けています」
中スポ

◆平井正史
<不調で2軍調整中。
2日の登録抹消以降では初めてとなる打撃投手を務め、
ナゴヤ球場で英智と小川を相手に真っすぐだけで約50球。
打撃投手の直後にはブルペンで約20球を追加>
「感じはまあまあ。肩やひじは問題ない。
あとはフォームのバランスをよくしたい」
中スポ


前日は降雨コールド負けだった
北神戸でのウエスタン・サーパス戦
しかしこの日は、投打ともかみ合い7-2で勝利。
先発したルーキー・赤坂が好投し、
4安打5奪三振5四球で2失点(自責1)。
2回には強気の投球で、清原を空振り三振。
さらに濱中、岡田という強打者に力負けせず三者凡退に。
3回に突如制球を乱し、同点に追いつかれたものの、
打線の援護もあり、暑い中9イニング137球を投げ抜いたもよう。
昨夏の今ごろは甲子園を目指していた背番号54
ルーキーイヤー、着実にステップアップしているようです。
一方打線はルーキー・谷が4打数3安打1打点と絶好調。
何とか塁に出ようとする姿勢がとのこと。
また堂上剛裕が3二塁打で2打点と調子が上がってきましたよ。




コメント

ししょー、こんにちは~。
阪神負けろ~の念が、新横浜辺りから
ドライチ負けろ~に変わってしまったようで(-_-;)無念…。
中田くん、放牧からお帰りのようでふね。
しっかり?暴れてもらいたいでふね(o^-^o)
ドライチに「ドアラユニ」&「ポンポン付きドアラパペット」&
ししょーが買った「ドアラ団扇」を頼んだので楽しみでし(^^ゞ

今、がら空きの『のぞみ』で帰宅中です。
グッズは色々とゲットしましたが、昌投手の
Tシャツが完売だったので、masa34くんの機嫌は
昨日の夕方からずっと悪いままです(苦笑)。

名古屋駅至近で、てんぐ酒場以上に安くて
バカ旨の名古屋料理居酒屋を発掘しました。
機会があれば、ぜひご一緒しましょう。

それはそうと、ドラゴンズ、昨日も負けたんですね。
今、ようやく思い出しましたΣ( ̄□ ̄;)

なんだかね~
呆れるほど弱くなっちゃいましたね。
勢いの差というより勢いなさすぎです。
今日はサンデーなのでしょうか?
曜日もわからなくなってきました。
大火事警報が出ないことを祈ります。

しょっぱい展開が続きますよねぇ
ファンはどうしたら良いんだか(苦笑
まっ、応援する事なんですがw

それにしても最近バッテリーは不用意が多いですよね。
シゲシゲも頑張ってもらわないといけません。

踏ん張ってもらうしかないんですよね。
今日こそ、勝ってほしいです

そう言えば、寝損くん登場でしたねw

みなさんコメントありがとうございます!
昨夜は会合があり、深夜の録画観戦でしたが、
終わった頃にはほんとに絶望感に浸ってしまった始末。
5割も東京ヤクルトも近づきはしてますが、
諦めずまずはT戦連敗止めてほしいです。


>たつなみこさま
新横浜辺りで念が無念に代わってしまったようで
和田さんホームラン打ってが、光ちゃんになってしまったのは
自分のチカラ不足だからかもしれません。

「ドアラうちわ」いいっすよ。
あれだけかわいくて315円はとてもありがたいッス


>ドライチさん
ナゴヤ遠征、おつかれさまでした。
masa34さんもご一緒だったようですね。
Tシャツ、通販してくれないかなと
思わず球団に直訴したい気分です。

あのフォトはバカ旨の名古屋料理居酒屋だったんですね。
ぜひともよろしくお願いします


>ギンタロウさん
あれだけ気分がよかった北海道での貯金も
すっかり吐き出して、なぜかヤクルトが耳元にいます?
ほんと勢いなさすぎ、江草投手に三振を献上する姿は
本当になさけないの一言でした。

今日はサンデーですよ。
なぜって?吉見投手が先発します。
中6日空けて休養十分?ぜひともトラを止めてほしいです。


>daiさん
まあ応援するしかないですよ。
ブログはじめて、5年目ですが、
こう悲しい展開は初めてですし、とりあえず踏ん張りましょう

谷繁捕手、最近のフォトをみると
ガックリしている姿ばかりが目に付きます。
こういう時のODA、ぜひとも帰ってきてほしいです。
ネルソン君、何かスゴかったですが無失点でした

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • COMING SOON

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ