« ハマスタ中止悲喜こもごもと森野回復実戦復帰へ。 | トップページ | 中田四球でまた自滅、竜虎直接対決初戦完敗。 »

2008年7月 1日 (火)

7月突入竜虎決戦第1Rとビョン登録と悪魔ドアラ。

今季も開幕から3カ月が経ち、7月に入りました
首位・阪神を6.5ゲーム差で追う2位のドラゴンズは、
敵地・甲子園でその阪神との3連戦でスタート。
7月に3カード計9試合組まれている竜虎対決の結果如何で
今季のペナントの行方はほぼ決まってしまうでしょう。
最初の3連戦に備えたナインはこの日、甲子園球場などで練習。
故障が癒え、この日1軍に再登録されたイ・ビョンギュを始め、
負けられない戦いに挑む竜戦士のいくつかの話題を集めました。

今日の公示。(30日)

◆セ・リーグ
【出場選手登録】
△中日 イ・ビョンギュ外野手
【同抹消】
▼中日 藤井淳志外野手
公式サイト共同通信社


△イ・ビョンギュ
<右手親指痛と左肩痛で6月10日から戦列を離れていたが
この日、出場選手登録され、1軍に合流。
甲子園球場での練習に参加し、問題ないところをアピール>
「右手も左肩も大丈夫だ。2軍でゲームに出られたからね。
1軍の選手が活躍しているから、少しでも貢献できるようにしたい」

<黒子役に徹してでも、勝利に貢献する意気込み>
「競争? 競争というよりも、チームの勝利に貢献すること。
とにかくチームに貢献できるように、控えでも後ろから支えていきたい」

<阪神戦の通算打率は.192、1本塁打。
それでも5月4日では延長10回、
藤川から左翼ポール際にサヨナラ弾を放っている>
「球児? フフッ」
中スポスポニチ名古屋

◇高代野手総合チーフコーチ
<フリー打撃でサク越え連発のイ・ビョンギュに
太鼓判を押すも、右翼の枠も競争になる可能性を示す>
「もう(けがは)問題ない。異常なしと監督に報告する。
先発は監督が決めることだからね。競争になる? それはそうです」
中スポスポニチ名古屋


右手親指、左肩を痛め出場選手登録を抹消。
その後故障が癒え、先週末に2軍戦で実戦復帰を果たした
イ・ビョンギュがこの日、藤井に代わって1軍に再登録
さっそく甲子園球場での1軍練習に合流すると、
フリー打撃でサク越えを連発するなど、
首脳陣回復ぶりをアピールしたもよう。

28日のウエスタン・サーパス戦では、2打数1安打1打点。
守備でも打球にチャージをかけ、カットマンに好返球など
故障個所がともに問題ないところを見せていましたが、
一部では次の福岡遠征にも同行させるという発言もありましたし、
まさか即昇格になるとは思いもしなかったので、ちょっとビックリ
ただケガさえなければ、当初からの構想でも、
レギュラーの1人として考えられていた選手。
貴重な左打者でもありますし、
いつまで下に置いていてもという考えが、
首脳陣のなかには、あったのかもしれません。

それでもこの戦線離脱中に外野定位置争いも変化。
ライトでは、交流戦中から代わりに入った井上が好調。
得意の打撃でアピールし、6番打者として大きな活躍を。
さらにセンターでは、移籍してきた小池
守備範囲の広さと得意の犠打を披露し、2番としても定着。
それぞれが持ち味を生かしている現状では、
さすがのビョン様も即レギュラーで復帰とはいかないでしょう。
しかしそれをもしっかり肌で感じている背番号7
たとえ控えに回ったとしても
「とにかくチームに貢献できるように、
後ろから支えていきたい」
と前向きな発言。
あくまで勝利のために、力を発揮したい意気込みを示しました。


ケガの影響もあってか、離脱直前はかなり精彩を欠いていたビョン
しかしパワーなどはチームにおいてもトップクラスですし、
ボールをよく見て、好調時の打撃を取り戻してくれれば。
さらに阪神戦、甲子園は決して相性は良くないものの、
GW中の藤川からのサヨナラ弾など『意外性の一打』を期待したい。
まずは帰ってきたビョン自身やる気
どんな塩梅になっているのかを、この目で確認したいと思います。


ドラゴンズトピックス(30日)

◇中田賢一
<きょう1日の阪神戦初戦先発が予想される。
直接対決9試合の大事な“第1戦”を任されるが、静かに決意を>
「今は『結果を出したい』という気持ちが強いんです」

<前回登板の6月22日・千葉ロッテ戦。
2回に一挙5点を奪われ、マウンドを引きずり降ろされた>
「立ち上がりの感触は、特に悪いという感じはしなかったんですけど…」

<先日、落合監督と岩瀬に不振脱出法のアドバイスを受けたばかり。
それを実践して勝利をつかみにいく>
「考えすぎじゃないかということを言われた」

<通算9勝4敗と、もともと阪神戦の相性はいい。、
4月22日にはプロ初の完封勝利も挙げている相手>
「相手は関係ない。自分の投球をするだけ。
今は相手のことを考えるより、自分の投球に集中したい」
中スポスポニチ名古屋

◇山本昌
<2日の第2戦先発が予想される。
今年リニューアルされた新甲子園での練習で感触を確かめ>
「投げる機会があったら頑張る。
新しくなった甲子園は初めてだからね。
新しくなったと言ってもマウンドは変わらないからね。
ファールゾーンが広くなったくらいか。
首位との差を縮めたい? そりゃそうでしょ」
(中スポ、スポニチ名古屋

◇川上憲伸
<阪神第3戦の中スポ先発予想。
この日は和田、岩瀬、吉見、荒木、井端らと
東京都内の国立スポーツ科学センターで
メディカルチェック、身体測定などを受け>
「いよいよ? まだそんな感じはしないですね」
(中スポ)

◇吉見一起
<五輪代表候補追加選出され、
メディカルチェックなどに参加。代表クラスの中で恐縮>
「今日はとても緊張しましたね」
(中スポ)


◇和田一浩
<7月は首位・阪神と9試合。全勝を誓い>
「7月はすごく重要ですよね。
阪神戦が9試合? そうですね。
まあ、切羽詰まることはないと思うけど、
(阪神戦では)1つも落とせないという気持ちでやりますよ」

<今季の対阪神は32打数12安打3打点の打率.375。
しかも8試合中7試合で安打をマークしている>
「相性がいい? あんまり意識はしていないですけどね。
打っているというイメージもない。
岩田、アッチソン? そうだね。
まあ、2度目(アッチソンは3度目)だからね。
そういう意味でイメージはできているし、やりやすいと思う」

<この日は早朝から同僚の五輪候補選手らとともに
国立スポーツ科学センターでのメディカルチェックなどに参加。
北京に向けての準備を整えたが、頭の中は『虎退治』しかない>
「北京五輪? それは選ばれてからですよ。
いまは目の前のことだけ。自分のベストを尽くしていきたいですね」
中スポ

◇平田良介
<2年ぶりに甲子園での1軍公式戦を経験する>
「1年目に代打で出ました(06年8月29日、結果は三振)」

<今年は2度目。リニューアル甲子園を経験するために、
3月13日の無観客試合に出場。2打数無安打2四球>
「下柳さんと対戦しました(四球)よね。
むきゃんかく、むきゃんきゃく、あれ?」

<やはり甲子園がよく似合う。
この3連戦は大阪市内に住む家族が応援に来る予定もあるという>
「甲子園で野球をやれるのはうれしいです。
高校野球のときのいいイメージがありますから」
(中スポ<ドラ番記者>

◇新井良太
<阪神3連戦で対戦する金村暁対策として、
平田、岩﨑とともに講師役に指名される。
6月26日のウエスタンで金村曉と対戦。中前安打した>
「(金村曉は)球種も多彩だし、低めに集まる。
何か話せるように整理しておきます」
スポーツ報知


◇落合監督
<1日からの首位・阪神戦を前に逆転優勝への自信を見せる。
現在は6.5ゲーム差をつけられているが>
「60何試合かを消化しての差だろ。
残り試合(75試合)の数の方が多いんだぜ。
普通に考えりゃ、それだけ残りがあるんだから、逆転できるだろ。
なんかオレ、間違ったこと言ってるか?」

<改めて開幕当初の目標を強調して>
「オレの頭にはリーグ優勝して、
日本一になる完全優勝ということしかないよ。
クライマックスシリーズなんていらないよ。
優勝できる力のあるチームにとって
クライマックスシリーズはいらないな。
あれがあることで余計な考えをしてしまうこともある。
うちの選手はみんな『優勝しかない』と思っているだろうけど、
人間だから心のどこかで考えちゃうものなんだ。
3位でいいというチームもあるだろうな。
でも、そんなことありえないだろう!」

<谷繁に続きイ・ビョンギュも、この日1軍に合流。
今月中には当初のレギュラー8人を揃えることができるという確信も>
「知ってるか? ウチはケガ人がたくさん出た時ほど成績がいいのを。
今年もたくさん出たな。もっと出てもいいぐらいだよ。
ケガしているやつももうすぐ帰ってくるだろう。順番にな。
試合に出られるようになったら言ってくるだろう。
もうすぐみんな戻ってくるよ。
今はその時にだれを(2軍に)落とすかで悩んでいるんだ」
ニッカンデイリー


【ドラゴンズ・今週の日程】
1日(火) 対阪神(18:00・阪神甲子園球場)
2日(水) 対阪神(18:00・阪神甲子園球場)
3日(木) 対阪神(18:00・阪神甲子園球場)
4日(金) 対巨人(18:00・ナゴヤドーム)
5日(土) 対巨人(15:00・ナゴヤドーム)
6日(日) 対巨人(14:00・ナゴヤドーム)


完全制覇のために、必ずモノにしたい竜虎決戦
その第1ラウンドとなる甲子園での3連戦。
気になる先発投手は、初戦・中田、第2戦・山本昌、
そして第3戦は、中5日で川上憲伸というのが、大方の予想。
ハマスタでの横浜との第3戦が流れたことで、
朝倉も使えるという状況ですが、
歴戦を通じて『虎キラー』として名高い3人を
直接ぶつけるというカタチを取ってきそうです。
甲子園での3連戦を終えると、
週末には3位・巨人との3連戦も控えていますが、
この7月は、阪神戦を重視するのは当然。
そうなるとこういう並びとなるのも、肯けるところでもあります。

そんななか注目されるのは、
やはり初戦先発予想の中田でしょうね。
この日はランニングと遠投を中心に調整したそうですが、
これまでの実績からすれば、「中田だし、まずは1つ」
言ってもおかしくないところでしたが、
今季に関しては、それが当てはまらないのが辛い。
特に5月5日のナゴドでの被連打はかなりの衝撃でしたし、
それ以降、投球が安定せずなかなか勝ち星を掴めていない
背番号20の様子を見ると、正直不安の方が大きいです。

それでもチームとしても、全勝するくらいの
意気込みで挑まなくてはいけない直接対決
そこで結果が出せれば、二倍三倍の特効薬にもなりそうな感も。
その一方でダメなら降格も免れないと言えるでしょう。
中田で取れれば、昌さん、憲伸と弾みがつくのも確か。
とにかく最初の登板で敵に「やはり中田だ」と思わせたいところ。
そのためにはマウンドに上がったら、無心でトラ打線に向かう
そして腕をしっかり振って、球威ある真っすぐを投げ込むこと。
落合監督岩瀬も待ち望む『暴れ馬』の復調
月も変わりましたし、まずは初戦の投球で
「結果」を残し、勢いに乗ってほしいです。


若竜トピックス(30日)

◆森野将彦
<左ふくらはぎ肉離れで戦列離脱中。
きょう1日のウエスタン・福岡ソフトバンク戦にDH出場予定。
実戦復帰前日、ウオーミングアップを終えると、
打撃練習などは行わずマッサージなどに
時間を費やし、練習後自信満々で福岡入り>
「もう怖さもないからいく。
大丈夫だから試合に出るんです。もう守備もできますからね」
(東京中日、スポニチ名古屋名タイ

◆井端弘和
<中スポ『巧・井端の流儀』より。
ファンに衝撃を与えた竜の鉄人の故障離脱。
今はいかに早く1軍に戻るか。そのための治療の日々を少し紹介>
「ナゴヤ球場では練習の前後に、
電気治療とトレーナーさんからマッサージをしてもらっています。
でも、決められていたことだけしていては、早期復帰はできません。
それこそ自分の過去の経験と知識を総動員して、
あらゆる治療を試みているんです。
整体、おきゅうに気功、酸素カプセル…。
毎日プランを立ててやっています。
そうそう。この前はおきゅうの火でやげどしちゃいました(笑)。
もちろん軽くですが。効くとか効かないとかいいますが
『やらないよりやる方がいい』が井端の流儀。
もちろん日ごろからお世話になっている先生ですから、
適当にやっているわけではありませんが。
自分でもすごく治りが早いなと思っていますし、
先生方もびっくりしていますよ。
夜の10時までは何らかの治療に充てるようにしているんです。

中日の試合を久しぶりにテレビで見ています。
何せ登録抹消は4年半ぶりのことですからね。
焦っているわけではないですが
『オレの守るところはないし、打つ打順もない。
ベンチスタートからじゃないかな』と思っているんです。
それは悔しい。だからというわけじゃんですが、
ボクは痛みに対して独特の考え方を持っているんです。
『痛いと思うから痛い。マヒさせりゃ痛くない』。これです。
先ほどの治療行脚の話とは矛盾するかもしれませんが、
ボクは痛めた個所を自分で無理やり動かして、
しびれさせるというのも治療法?なんです。

体も小さい。ホームランを軽々と打てるわけでもない。
そんなボクはそうやって、自分の“職場”を守ってきました。
野球選手はチームメートといえども、スキを見せたらやられます。
ファンの皆さん。もう少しだけ待ってください。
まずは2軍の試合に出て、必ず帰ります。
そのときの皆さんの声援が、井端弘和にとって
最後の、そして最高の“治療薬”ですから」
(中スポ『巧・井端の流儀』第5回「離脱の真相」より抜粋引用)


今週のファームは、地元・ナゴヤ球場を離れロードでの6連戦。
まずは雁の巣で、福岡ソフトバンクとの3連戦に臨みます。
そのホークス戦で実戦復帰を果たしそうなのが、森野
この日遠征メンバーとともに福岡へ移動。
足の状態も万全でまず初戦は、DHとしての出場が濃厚。
また左足痛でリハビリ中の井端も、雁の巣3連戦に参戦。
まず下の試合に数戦出ることで状態を確かめ、
1軍でもフルに出られるよう、段階を経てという青写真のようです。

それにしても今季、1勝8敗1分け
なかなか勝てないウエスタン・福岡ソフトバンク戦
そんななかこの2人が助っ人?で入ってくるのは、心強い限り。
ぜひとも「活躍」という朗報をファンとしては待ちたいです。


ちなみに現時点までの情報によると、
対福岡ソフトバンク初戦、森野、井端ともにスタメン
それも3番・遊撃で井端、4番・中堅で森野とともに守備につき、
5番・DHには、堂上剛裕が入っているようです。


ドアラトピックス(30日)

◇ドアラ
<この日、名古屋市中区の中日スポーツ総局を訪れ、
自らの気ままな温泉旅行を記した『ドアラの九州旅日記』のPRを。
ところが『悪魔ドアラ』は調子に乗って、総局をジャック。
さらに得意の筆談も披露。中日スポーツの印象は>
「人が多くてビックリ」

<最近の人気をどう思うか。調子に乗っているのではないか>
「ウソみたい。調子に乗っちゃうね」

<彼女はいるのか>
「忙しくそんな余裕ない」

<北京五輪は興味あるか、谷亮子とか北島康介とか>
「(腕を突き上げたあと)がんばって。
世界新、出せるといいね、水着すごいから」

<野球に関しては星野ジャパンの金メダルに太鼓判。
だがそれ以上に関心があるのは、やっぱりドラゴンズ。
心が穏やかになったかのように、それまでの激しい動きがぴたりと止>
「まだ前半戦。全然、気にしなす!
シーズンは、まだまだこれから」

<当初の目的『ドアラの九州旅日記』について>
「温泉はいい湯だったし、面白い旅だった。
こういう企画をもっと増やしてほしい」

<PRを終えて、最後は>
「中スポ、いつも読んでる。
明日も記事になるから3日連続。
それにつぶやき(連載中の『ドアラのつぶやき』)もあったしね」
中スポ


今朝の中スポ、東京中日ともに1面は、このお方
中スポHP内の特設サイトで公開中の
『ドアラの九州旅日記』のPRのため、
中日スポーツ総局を訪れたドアラ先生の様子が、
得意の筆談とともに大きく出ていました。

大事な竜虎決戦の第1ラウンドを迎えるのに、
こんなにゆるい話題が1面でいいのか??とも思いましたが、
それぐらいの気持ちで、ファンもいた方が、
よい結果が転がり込んでくるのかもしれませんしね。

悪魔ドアラ見参!それにしても公式サイトや、
公式ブログのフォトにありましたが、
この日のドアラ先生衣装が強烈!
なんとあのキモカワフェイスに
ヘビメタのようなくま取り
さらに炎のマントを翻し、
CDマークの代わりに『獄』の文字
まるで“悪魔ドアラ”といういでだち。
思わず新キャラか?と、
ビックリしたとともに、
メークで顔は変えられるんだなと、
思わず頷いてしまいました。
DVDのタイロケでもいろいろあったようですが、
ドアラ旋風、夏に向けまだまだ続いていくような感じです。




コメント

落合監督と和田選手のコメントに勇気づけられました。
めちゃめちゃ頼もしいですね!
今月の阪神9試合、全勝する勢いで戦ってほしいですね!

今夜の完全アウェー生応援は、中田投手の先発予想。
4月のリベンジを果たして、チームに勢いをつけてもらいましょう!

いよいよ今日から阪神との3連戦ですね。
6.5差ありますからね~。
できれば3連勝してほしいのですが、最悪
でも2勝はしたいですね。
今日中田で勝って、勢いの乗って是非3
連勝して欲しいッス^^

2chの雁ノ巣スレによるとファームの試合で井端、
森野1本ずつ打ったようですね。
復帰間近ですね。
お~充も完封ですね!

Toshikichi師匠、こんにちはー♪
「銀ドラ」で師匠が失礼なケン坊発言を目にして抗議しに来た次第です(ウソです)。
と思ったら、こちらでもちょっぴり辛口記事???
やはり心配ですよねー、前回の阪神戦のこともありますし
なんだか緊張で急に息が満足にできなくなりました
でもでも、ケン坊の静かな決意を信じて、精一杯応援を頑張ろうと思いまふ

みなさんコメントありがとうございます!
今夜の先発はやはり中田投手。
イ・ビョンギュ選手も6番・ライトでスタメンです。
とにかく先手必勝、月初勝利を期待します!


>ドライチさん
たしかにまだ今シーズン、半分も行っていないんですよね。
昨季の阪神のような猛追だって絶対できないとは限りません。
ただやりたくはないですが。

今夜は現地で生応援でしたね。
狭い座席に完全アウェー、
気合だけはキイロに負けない声援お願いします。


>daojingさん
先発陣を比べても、ぜひとも2勝1敗はしたいですよね
中田投手、必ず踏ん張って白星をつかみ取ってほしいです。

ファームは3-0で勝ったようで。
井端選手、森野選手、幸先よさそうですね。
今季のホークス2軍に完封はとてもうれしいです


>みんこさん
銀ドラコメントの件、失礼しました(ちょっと反省
ただこれも愛あるからこその激励?
ちょっとだけ本音も入ってのビター風味ということで。

リーグ戦になりましたし、ぜひとも流れを変えたい。
久々の谷繁捕手とのコンビですし、
中田投手、とにかく腕を振りましょふ

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • COMING SOON

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ