« 見せろ5月反攻、苦難竜試練の9連戦スタート。 | トップページ | チェン力投完封、連敗も最下位転落も止めた! »

2009年5月 3日 (日)

いいところなく4連敗、泥沼竜最下位転落の危機。

大型連休に突入し、今季初の9連戦がスタート。
最初のカードとなったハマスタでの横浜との3連戦。
開幕3連勝以来、約1カ月振りの対戦となりましたが、
その初戦、立ち上がりから横浜優位の一方的な展開。
先発・山井が乱調。四球をきっかけに失点を繰り返して、
4イニング5失点でKOされると、
打線は、横浜先発・三浦エースの投球の前に
藤井のソロ本塁打によるわずか1点のみ。
勢いの差も感じる完敗を喫し、ついにゲーム差が0.5
今季2度目の4連敗となった落合竜最下位転落の危機です。

◇セントラル・リーグ公式戦
横浜-中日 4回戦
(2日・横浜スタジアム | 中日3勝1敗)
21080人 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
中 日
横 浜 ×
[敗] 山井(3試合1敗)
[D本] 藤井5号
[Dバッテリー]
山井、ネルソン、齊藤、菊地 - 小山、小川

◇対横浜4回戦・スタメン
1 (二)荒木  (3打数1安打)
2 (遊)井端  (3打数無安打)
3 (三)森野  (4打数無安打)
4 (一)ブランコ (4打数1安打)
5 (左)和田  (3打数無安打)
6 (右)野本  (4打数無安打)
7 (中)藤井  (4打数1安打1打点)
8 (捕)小山  (3打数無安打)
9 (投)山井  (1打数無安打)

【得点経過】
<1回ウラ・横浜> P・山井
石川遊ゴロ、梶谷隆幸二ゴロ、
内川風で伸びてセンターバックスクリーン本塁打(D 0-1 YB)

<2回ウラ・横浜> P・山井
ジョンソン四球、吉村高いバウンド遊ゴロ二封・
ジョンソン併殺阻止スライディング・荒木すくわれ転倒、
内藤雄太二ゴロ、
2死二塁から、
細山田武史風伸びセンターオーバー適時二塁打(D 0-2 YB)

<3回・中日> P・三浦
山井二ゴロ、荒木左ひじかする死球、
井端初球・荒木二盗、井端三ゴロ、森野詰まり左飛


<4回ウラ・横浜> P・山井
ジョンソン四球、
無死一塁から、吉村右中間突破適時二塁打(D 0-3 YB)
無死二塁から、内藤投足下抜く中前適時打(D 0-4 YB)
細山田捕犠打、三浦二ゴロ進塁打、
2死三塁から、石川5球目山井暴投・三走内藤生還(D 0-5 YB)
四球石川その間に二進、梶谷二ゴロ

<5回・中日> P・三浦
藤井内カットボール右越え本塁打(D 1-5 YB)
小山中飛、代打デラロサライナー左前打、
荒木三ゴロ5-4-3併殺


<6回・中日> P・三浦
井端カット空三振、森野二ゴロ、
ブランコセンター前進落ちるヒット、和田四球、
2死一、二塁から、野本粘るもフォーク空三振


<6回ウラ・横浜> P・ネルソン
内藤三飛、細山田風右翼フェンス直撃二塁打、
三浦右飛・細山田タッチアップ三進、
2死三塁から、石川二ゴロ・荒木こぼすエラー・
その間に三走細山田生還(D 1-6 YB)
梶谷初球石川二盗・小山悪送球・石川三進、
梶谷三飛

<8回・中日> P・三浦
荒木止めたバット右前打、
井端外スライダー見三振、森野外カット空三振、
ブランコ投手右すね強襲も投ゴロ


<9回・中日> P・高崎
和田左中間飛、野本一ゴロ、藤井一ゴロ、試合終了。

【ゲームレビュー】
投打に精彩を欠き、今季2度目の4連敗
打線に元気がない。横浜のエース・三浦が相手とはいえ、
得点は5回に放った藤井の5号ソロの1点だけ。
それ以外は三塁も踏めず、今季2度目の4連敗
先発・山井は立ち上がりを攻められ、
初回に内川に3号ソロ。2回には細山田武史の適時二塁打、
4回は吉村、内藤雄太の連続適時打などで3点を失った。
横浜先発・三浦は緩急を使い、8イニングを1失点で3勝目。
公式サイト共同通信社時事通信ニッカン式スコア


5月最初の試合は、14時開始のデーゲーム。
今季最初のハマスタは、かなり風が強く
外野に飛球が上がると一苦労の様相。
ハマスタにも関わらず、千葉マリンのテイストまで
加わるなかでの「最下位決定戦」初戦でしたが、
相変わらず低空飛行が続くドラゴンズ
月が変われば、ツキも変わる。
ぜひともそうなってほしいと願いましたが、
全くそんなことはなく、厳しい現状を引き続き披露。
グラウンドで躍動していたのは、
投打がかみ合った横浜ナインばかりという、
一方的なゲーム展開になってしまいましたね。
まさにアリ地獄から抜け出すことなく、精彩を欠く完敗
連敗も借金もかさむこととなってしまいました。


それにしても、1カ月振りの横浜との対戦でしたが、
メンバーがだいぶ入れ替わったようで、
若い選手の動きがかなり目立っていたなと。
捕手の細山田をはじめ、梶谷、内藤、石川など
正直「知らない選手」に躍動されてしまい、
あれよあれよで失点を重ねる始末。
先発した山井制球の悪さと、踏ん張れなさもありましたが、
ある意味怖いモノ知らずの若手に、
村田、内川、吉村、ジョンソンの主軸が絡んでいく横浜打線
まあこの日は、相手の良いところばかりが出たため、
そういう印象を得たのかもしれませんが、
ちょっと現状のドラゴンズとの勢いの差も感じましたね。

しかも横浜先発・三浦
開幕戦のリベンジをと意気込み、まさに「エースの投球」。
リズム、テンポ、制球、すべてヨシの
投球をされてしまっては手も足も出ない。
さらに守備でのミスが出るわ出るわ。
こんな状態では、あっけなく横浜に追い抜かれそう。
そんな風に感じざるをえない寂しいゲームでした。


最下位はイヤ!負けにもいろいろありますが、
とにかく内容が悪い
さらに元気、覇気のなさ
目立つのが気になりますね。
ベテランが多く、
ゲームを見極める能力があるだけに
諦めムードにもなっているのでしょうが、
それにしても淡泊で、ズルズルとやられすぎ
さらにその対策さえも見つからない現状なだけに、
ファンとしては、さらなるガマンも必要なのかも。
この日の様なゲームが続くようなら、
間違いなく、一度は最下位に転落するでしょう。
とにかく早急な修正が必要ですね。
それよりもナインに「勝つんだ」という闘志
見られるようなプレーを期待したところ。

同じく14時からのデーゲームとなる第2戦。
大型連休も本格的に突入し、
ハマスタもだいぶ埋まるのではと思われます。
そんななかベイファンに、「中日与しやすし」と思われるのはシャク。
おそらく先発は、チェン-グリンとなることが濃厚。
良い投手ではありますが、走者を出すと
ややいらつく感のあるグリンだけに、そういう展開を期待。
とにかく連敗を止めて、バタバタ気味のチームを
少しでも早く落ち着かせてもらいたい。
勝つことが最大の「良薬」となってくると思います。
苦しい状態ではありますが、まずはナイン一人一人が役割を果たす
そして前のみを向き、奮起する姿を見せてくれることを願います。


★プレーヤーズ・ボイス(2日)

●山井大介

<3度目の先発で、今季初勝利に挑んだが、
制球に苦しみ、4イニング4安打5失点で初黒星。
球団広報にコメントを託すと、
試合終了を待たずに名古屋に『強制送還』された>
「先頭打者の四球がことごとく点に絡んでいるし、
四球を出して打たれて、絶対にしてはいけないことなので、
反省して、次回の課題にしたいです」
中スポおおさか報知共同通信社時事通信


●マキシモ・ネルソン

<2番手で登板し、失策による1失点はあったものの、
5回からの2イニングを1安打の好投。復調の手応えを得る。
内川を空振り三振に打ち取ったフォークに自信を深めた様子>
「落ちる球をうまく使えたよ」
(中スポ)

●齊藤信介
<3番手で登板したが7回の1イニングを無失点、
先頭の内川にこそ右前打を許したが、『村田封じ』に成功。
スライダーで併殺打に仕留め、
眠らせたままだったのがせめてもの収穫だった>
「状態は悪くないですね。
(2死からジョンソンを)スプリットで三振に取れたのもよかった。
村田は注文通り? そうですね」
中スポ

●菊地正法
<8回に登板、右打者4人を相手に1イニングを無失点。
吉村に右翼線への二塁打を浴びたが、
低めに丁寧に集めて後続を断ち、自信をつける。
近藤コーチからは『右打者も抑えられるところを
アピールしてこい』と送り出され、その通りに結果を出した>
「外のシュートがうまく使えました」
(中スポ)


●藤井淳志
<5点を追う5回先頭の第2打席で、
横浜先発・三浦からチーム初安打となる右越え5号ソロ。
18試合ぶりの本塁打で完封負けは阻止して>
「(打ったのは)カットボール。
どんどん振ろうと思っていたので、
思い切りいった結果がホームランになってよかった」

<ここまでの24試合で安打がなかったのは5試合だけ。
全体的に低調な打線の中で、コンスタントに打ち続けているが、
一矢報いるだけの本塁打に笑顔はなし。
淡々とした口調で振り返って>
「たまたまです。狙ったというわけではなく、
甘いボールを打とうと思って振ったら入りました」

<打撃では結果を残したが、
守備では悔しそうに顔をしかめる場面が。
2回に細山田の適時中越え二塁打、4回には吉村の適時右中間二塁打、
両方とも高く上がった打球をあと一歩で捕れなかった。
だからこそ久々の一発にも心から喜べなかっただろう>
「(一ゴロに終わった9回の)最後の打席もよくなかった。
結果だすべてですから」
中スポスポニチ名古屋ニッカン

●トマス・デラロサ
<5回1死、山井の代打として打席に登場。
スライダーを左前へ運んで、代打起用に一発回答。
ここまで4度の代打成績は安打2、四球1、三振1と信頼感抜群。
昨年よりも出番は減っているが、存在感は今年も大きくなりつつある>
「日々、自分のベストを尽くすだけだよ」
中スポ

●トニ・ブランコ
<6回に外角のカーブをとらえて右前打。
8回2死一塁では三浦にグラブではじいて止められたものの、
痛烈なピッチャー返しを見舞い、復調の兆しを見せる。
試合前練習ではフリー打撃の後に、
ティー打撃をおかわりと、勤勉さは相変わらず>
「感触は少しずつ、よくなっているよ」
(中スポ)


●荒木雅博
<4連敗に選手会長も監督と同じ『我慢』という言葉を使った>
「よくなるときがくるまで、自分たちのできることをやっていくしかない」

<ただ、その『できること』ができていないのも事実。
6回2死三塁、何でもない石川の二ゴロをお手玉して、
ダメ押しの1点を与えたのは、ほかでもない自身。
語気を荒らげたが、それは自らへの怒りの声だったに違いない>
「エラーしようと思ってやってるわけじゃない」
中スポサンスポ

●森野将彦
<走者を置いた3度を含めて4打席とも凡退、
この4連敗中は15打数1安打とブレーキになっている>
「3番打者が打たないと。責任感を持ってやるしかない」
中スポ


●立浪和義
<バットを持ってヘルメットを被り、最後まで臨戦態勢。
9回もベンチで出番を待ったが、試合に出場することなく、
4連敗を味わい、険しい表情でバスに乗り込む>
「いまはなかなかうまくいかないね。いまが頑張りどころ。
まだ20試合そこそこだから何とでもなる。とにかく頑張っていかないと」
(中スポ)

●溝際トレーナー
<立浪和義という名選手を支えてきた1人。
いまやなくてはならない存在といえる。
00年2月、鍼灸の専門学校を経て、
東京の治療院に務めていたとき、
知人から中日の臨時トレーナーになることを誘われた。
期間はキャンプの1カ月。勉強を兼ねて沖縄に向かったが、
球場に向かう立浪と偶然、一緒の車に乗ったという>
「車の中でふくらはぎをマッサージしてくれって
言われたんですよ。本当に緊張しましたね」

<臨時トレーナーが主力選手を触ることなど
めったにないことだが、その1回で立浪に気に入られた。
翌日から付きっきりでマッサージするようになり、
キャンプ終盤には、立浪から
『このまま球団に残れるように言うよ。
それがダメなら個人的に雇いたい』。
たまたま欠員があったことから球団職員となった。
以来、二人三脚の戦いが始まった>
「いま思えば本当に運命ですよね。
ちょっとタイミングが違っていたら、
こうなってはいなかった。ありがたいです」

<ちょっと触るだけで状態が分かるようになったが、
ここ数年マッサージの回数は激減していると言う>
「『レギュラーを優先してくれ。おまえもしんどいだろ』って」

<あくまで球団のトレーナーであって、
専属トレーナーではない。その気遣いに感動。
立浪の体、やさしさを知り尽くす男がラストイヤーを支えていく>
「週に何回かしか、触る機会がないんですが、
その1回で、できる限りのことをしようと思っています。
立浪の引退? ショックでしたけど
いまは考えないようにしています。
だってまだやれますよ。まだやれる体です。
できることなら来年もやってほしい。そうおもってやっています」
(中スポ)


●谷繁元信
<開幕戦からガラリと変わった横浜のオーダー。
開幕カードはマスクを被り、今回はベンチから
苦戦を見守るしかない正捕手に話を聞くと>
「村田が戻って、メンバーを入れ替えて。
でも打線の印象はそに変わらないと思ったんですけど…。
それよりも自分たちがやることをしっかりやらないと」

<前回の横浜よりは強いが、それ以上に中日が弱くなっている。
とりわけ暴投&捕逸のバッテリーエラーが急増。
12暴投、6捕逸と現時点での投捕のきずなは寸断されている。
止めているうちは気づかない。
後ろにそらして初めて止めている人のすごさが分かる。
だから2つの質問は『まだ無理なのか?』。
こう答えると、「今は辛抱」の言葉を飲み込みバスに乗り込む>
「そりゃ気持ちの上ではあすにでもいきたいですよ。
でも、次にやってしまったら、今年1年終わってしまうと思う。だから…」
(中スポ)


●落合監督
<開幕カードで3連勝した横浜に
投打で圧倒され、今季2度目の4連敗。
借金は今季最多の4にふくらみ、最下位転落の危機。
サングラスの奥に目を隠し、報道陣に囲まれると
笑みを浮かべて語り始めて>
「話すことはない。見ての通り。
2、3日前に全部話しただろ。だから今は何もないって」

<横浜先発・三浦の前に打線が沈黙し、
バッテリーを含めた守りのミスも連発したこの日の敗戦にも>
「何もない。見たまま、感じたまま書いてください」

<チームにとっては2002年8月以来7年ぶり、
自身には就任後最悪の借金『4』となったことについて
問われると、一笑に付して>
「借金4が初めて? 関係ない。
別にいいじゃん。マイナスなんぼになったって。
君たち(報道陣)はすぐそういう計算を
したがるんだからなあ。ばからしい」

<3日前には『一線を越えたら』と何らかの手術を示唆したが、
その『一線』に話題が移ると、話をそらして>
「理解しようとするな。それはみんな(報道陣)には分からない。
野球選手じゃないし監督じゃないんだから」
中スポサンスポおおさか報知時事通信
毎日jpスポニチ名古屋ニッカンデイリー


若竜トピックス(2日)

◆第63回JABA(地区)ベーブルース杯争奪大会
予選リーグA組 第2試合
住友金属鹿島-中日
(2日・岐阜メモリアルセンター長良川球場)
 D 002 100 020 = 5
  100 010 000 = 2
[D本] なし
[Dバッテリー] 岩田、長峰、河原、清水昭信 - 前田、小田
日本野球連盟公式HPファームブログ

○岩田慎司
<第63回JABAベーブルース杯争奪全国社会人野球大会の
予選A組初戦・住友金属鹿島(茨城)戦に先発。
5イニングを2失点に抑えて勝利投手に。
故郷での凱旋登板で好投。
公式戦ではないものの、プロ入り後初めて巡ってきた
先発マウンドで結果を残して>
「2点は取られたけどまずまずだったと思います。
9回を投げるつもりでしたけど、最低限の5回。
先発としての仕事はできたと思います」

<立ち上がりはいきなり先頭・藤澤英雄に左越え二塁打され、
1死三塁から松本卓の左前打で先制を許したが、
それでも2回以降の3イニングは4三振を奪うなど力投。
許した安打は1本と安定した投球を見せる。
5回は1点を奪われたが、先発投手としての役割をきっちりこなす。
先発登板は明治大学時代の昨年10月以来。
地元岐阜市出身で、この日は友人が応援に駆けつけていたが>
「2回くらいで降りていたらかっこ悪いですからね。
いいところ見せられてよかったです」
中スポ

○小林投手コーチ
<プロ初先発勝利のルーキー・岩田に注文を付けて>
「初回と5回は(先頭打者に)2-0から打たれている。
それから失点につながっている。
悔いが残らないように、強い意志を持って一球一球投げてほしい」
中スポ

○谷哲也
<1番・遊撃で先発出場し、
2本の二塁打を含む3安打2打点と大活躍。
3-2で迎えた8回2死満塁の好機では、
右翼線へ2点二塁打を放ち、試合を決めた。
社会人の日立製作所出身、気合を入れ直して>
「日立のときからやっていた相手。
プロに入る前に負けていた相手だったので何としても勝ちたかった。
あしたもエラーなしでいきたい」
中スポ




コメント

借金4になったのは、なんと7年ぶりでしたか。
ここ数年、負け慣れしていないので、どうも
ストレス耐性が低下しています(苦笑)。
しばらくは我慢の日々が続きそうですが、まずは
順位云々よりも、連敗を止めないと

こういうときは、やっぱりホームランを含む
先制点で元気を出したいですね。できれば
「2点」か「4点以上」でお願いしたいです。

天候は気分はという試合を
堪能してきました
内容が悪いですよねぇ~。
歯車が噛み合う以前の感じで
何をやってもドツボにはまっている感じです。
こういう時は打線爆発して
流れを変えてくれると良いんですが・・・・
1球1球ボールに集中して
今日は臨んでほしいです。

サイドバーで発見しました!
魂の応援よろしくお願いします

コメントありがとうございます!
昨日はハマスタへ行って参りました。
最後はピンチの連続でしたが、勝ってよかったです\(^^)/
試合後、祝勝会代わりに中華街へいってしまったため、
このコメントと記事更新が遅れました。ごめんなさい。

>ドライチさん
落合政権になって、借金4は初めてだったんですね。
まさか最下位転落の危機がくるとは思いも寄りませんでしたが、
その前にしっかり歯止めをかけたいですね。

ホームランを含む先制点、
願い通りに「2点」でしたね(^^)
それも和田選手の一発、ほんと効果絶大でしたよ!


>daiさん
観戦乙カレーさまでした。
TVで見ていましたが、かなりの日差しでしたね。
ただゲーム的には、寂しい内容…(T^T)
映像で見て印象的だったのが、右中間の打球で
藤井選手や、野本選手が次々と抜かれたところ。
あの打球に勢いの差を感じてしまいましたよ。

魂の応援実ったかどうかは定かではないですが、
チェン投手の好投にタンス君も続いてほしいです!

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • : DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)

    DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)
    NO DRA, NO LIFE 中日ドラゴンズ承認ファンブックが今年も発売決定!毎日の試合結果を記載できるドラゴンズぴあダイアリー2018-2019が別冊付録。

  • : 中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018

    中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018
    新スローガン『原点回帰 Dragons愛!』を掲げ、日々激闘を続ける竜選手たちを後押しする、中日ドラゴンズの応援歌メドレーアルバムの2018年版が誕生!

  • : 中日ドラゴンズファンブック2018

    中日ドラゴンズファンブック2018
    「原点回帰 ドラゴンズ愛」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦うドラゴンズの全容を紹介!森監督インタビュー、京田・又吉トークなどの読み物、選手のプロフィルや過去シーズンの成績をはじめデータも充実。

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ