« 若竜躍動10得点秋のオープン戦手加減Gに大勝! | トップページ | 打って走って守って、立浪和義有終の猛打賞。 »

2009年9月30日 (水)

朝倉復調2年ぶりの2ケタ勝利、地元でGに連勝!

ドラゴンズのレギュラーシーズンも残り5試合
前夜に続いてのナゴヤドームでの巨人との第2戦は、
再昇格即先発となった朝倉健太が好投。
持ち前の打たせて取る投球が復活し、相手を封じ込めると、
打線は2回、ブランコのソロ、朝倉の2点二塁打で
3点を先制し、3回にも野本の右翼ポール直撃弾で追加点。
中盤若干ピンチを背負った朝倉ですが、
粘り強く後続を封じ、6イニングを4安打1失点。
CSに繋がる好投を見せ、2年ぶりの2ケタ勝利をマークしました。

◇セントラル・リーグ公式戦
中日-巨人 23回戦
(29日・ナゴヤドーム | 中日8勝15敗)
35931人 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
巨 人
中 日 ×
[勝] 朝倉(24試合10勝8敗)
[S] 浅尾(66試合7勝9敗5S)
[D本] ブランコ38号 野本2号
[Dバッテリー]
朝倉、山井、高橋、浅尾 - 小山

◇対巨人23回戦・スタメン
1 (遊)井端  (4打数1安打)
2 (中)野本  (3打数1安打1打点)
3 (三)森野  (4打数無安打)
4 (一)ブランコ (3打数2安打1打点)
5 (左)和田  (3打数無安打)
6 (右)堂上剛裕 (2打数無安打)
7 (二)柳田  (3打数1安打)
8 (捕)小山  (3打数1安打)
9 (投)朝倉  (2打数1安打2打点)

【イニング経過】
<1回・巨人> P・朝倉(中12日)
坂本外直球中飛、松本中直球中飛、
小笠原外フォーク遊ゴロもブランコ尻もち送球捕れずエラー、
ラミレス内低めシュート遊ゴロ

<1回ウラ・中日> P・グライシンガー
井端内カットボール三ゴロ、野本外高めボール球空三振、
森野中カット遊ゴロ


<2回・巨人> P・朝倉
阿部外シュート左飛、初球中シュート一邪飛、
古城外スライダー中前打、鶴岡外直球空三振

<2回ウラ・中日> P・グライシンガー
ブランコ外高め直球左翼席弾丸ライナー本塁打(D 1-0 G)
和田中直球中飛、堂上剛裕内高め直球遊飛、
柳田初球外カーブ中前打(今季初安打)、
小山中カット左前落とすヒット、
2死一、二塁から、
朝倉外高め直球ライトオーバー2点適時二塁打(D 3-0 G)

<3回・巨人> P・朝倉
グライシンガー中高め直球右中間二塁打、
坂本初球中直球遊直・井端ボール半分グラブから出るもキャッチ、
松本内フォーク引っ張るも一直、
小笠原中高め直球二塁後方「小笠原シフト」遊ゴロ

<3回ウラ・中日> P・グライシンガー
野本内高めカット引っ張り右翼ポール直撃本塁打(D 4-0 G)
森野外チェンジアップ左飛、ブランコ見て四球、
和田初球内直球遊ゴロ6-4-3併殺


<4回・巨人> P・朝倉
ラミレス中シュート遊ゴロ、阿部外フォーク引っかけ遊ゴロ、
外スライダーバット折り遊ゴロ

<5回・巨人> P・朝倉 中・英智 右・野本
古城外シュートバットの先中前落ちるヒット、
鶴岡中直球遊ゴロも井端弾きエラー、グライシンガー一犠打、
1死二、三塁から、坂本中低めフォーク泳ぎながら左犠飛(D 4-1 G)
2死二塁から、松本内シュート投ゴロ

<6回・巨人> P・朝倉
小笠原初球カーブ二塁強襲内野安打・代走脇谷
ラミレス外スライダー三遊間抜けるヒット、
無死一、二塁から、阿部外フォーク打ち損じインフィールド遊飛、
1死一、二塁から、中シュート叩かれ左前打も
二走脇谷三塁オーバーラン・三本間挟まれ挟殺、
2死二、三塁から、古城外フォークバットの先中飛

<6回ウラ・中日> P・グライシンガー
森野遊ゴロ、ブランコ内直球三塁強襲内野安打、
P・M.中村
和田中直球右直、英智外低めカット空三振

<7回・巨人> P・山井
代打亀井外フォーク二塁内野安打、
矢野中スライダー遊ゴロ6-4-3併殺、坂本外直球三球空三振

<8回・巨人> P・高橋 二・岩﨑達郎
松本内高め外れ四球、脇谷中低め打ち上げ左飛、
ラミレス中フォークボール球空三振、
阿部3球目・松本二盗失敗

<8回ウラ・中日> P・金刃
井端投グラブ弾く内野安打、野本投犠打、
森野内低めフォークうまく叩くも二直、
2死二塁から、ブランコ中フォークバットの先右飛


<9回・巨人> P・浅尾(66試合目)
阿部外フォーク二ゴロ、鈴木外フォーク当てただけ投ゴロ、
古城内フォーク空三振、試合終了。


【ゲームレビュー】
2006年以来の80勝に到達した
朝倉が丁寧な投球。5回、失策が絡んで1点を失ったが、
6回を投げ切り、2年ぶりの2ケタ勝利を飾った。
2回、ブランコの先制ソロと朝倉の2点二塁打で3点。
3回には野本のソロで追加点を挙げた。
公式サイト中日新聞共同通信社ニッカン式スコア


前日に続いてのナゴヤドーム・巨人との第2戦。
さすがにこの日は巨人「見くびる」ようなスタメンではなく、
小笠原、阿部、谷が出場(亀井は代打のみ)。
一方のドラゴンズ側は、再び手首を痛めたと思われる荒木
スタメンから外れ、2番・野本、二塁・柳田の布陣。
そうなればさすがに一方的な展開とはならず、まともなムード
そんななか二発と適時打で病み上がりのグライシンガーを攻略。
遅ればせながらも巨人に連勝できてよかったなと思います。

ある意味消化試合テイストとあって、
テンポの早いゲームではありましたが、
やはりこの日の収穫は、6イニング1失点の先発・朝倉

ケンタ復調!2ケタに王手をかけながら、
9月に入りやや背信的な投球が続き、
前回登板後には、
登録を抹消されましたが、
この抹消期間内に、
自分なりにしっかり考えて修正
さらに悔しさをバネに
強い気持ちを奮って投げたことが
この日の復調に繋がったのではと思いますね。
小山とのバッテリーで、巨人相手
持ち前のボールを低めに集め、打たせて取る投球
さらに「小笠原シフト」などバックの好捕にも助けられ、ゼロを重ねていく。
中盤以降ややピンチを背負い、5回に犠飛で1点を失いはしたものの、
連打でつくられた6回無死一、二塁のピンチでは、
粘り強く投げ込んで、後続を抑えてみせた。
このところ影を潜めていた感の「粘り」がようやく出て、
2年ぶりの2ケタ10勝へと繋がり、本当によかったなと。

同時にこの日の登板はポストシーズンに向けての
テストも兼ねていましたが、これだけ投げられればまずは合格
中田、小笠原とともに、先発候補として名を連ねられたでしょう。
ただこの朝倉をどこで起用するのか、正直難しいなと。
いくら第2ステージで当たるだろう巨人相手に好投したとはいえ
東京ドームでの登板となると、いささか?の文字が。
そうなると第1ステージ、阪神もしくは東京ヤクルト
その辺りで投げるのではないかなと、自分的には予想しますね。
ただ粘りさえ見せられれば、どこが相手でも
結果が出せるような気もしないでもないですが、
いかに平常心で投げられるか、そして追い込んでからの一球。
そこが背番号14の好投へのカギといえるでしょう。
昨季は突貫工事で登板したものの、
苦杯をなめたクライマックスシリーズ、ぜひとも雪辱してほしいですね。


巨人に連勝し、3カードぶりの勝ち越しを決め、
2006年以来のシーズン80勝に到達。
そしていよいよ迎えるナゴヤドーム最終戦
試合終了後には立浪「引退セレモニー」も予定されています。
ここにきて腰痛、なかなか練習もできないようですが、
ミスタードラゴンズの最後の勇姿
できれば守備も含めて観たいものですね。
さらにセレモニーでのラストメッセージにも期待。
順番的には試合終了後、
落合監督あいさつクラウン賞(吉見)表彰式
立浪引退セレモニー(スペシャルゲストからの花束贈呈、
本人からのあいさつ、場内一周など)とのこと。
まあ巨人側も空気を呼んで、早いテンポで進むでしょうが、
くれぐれも遅くならないよう、ゲームは巻きで進めてほしいなと。
そしてレギュラーシーズン最後となるナゴヤドーム。
もちろん勝利で飾り、背番号3の花道としてほしいです。


☆ウィナーズ・ボイス(29日)

◎朝倉健太

<巨人打線を6イニング1失点(自責0)に抑え、10勝目。
2年ぶり4度目の2ケタ勝利をマーク>
「(おめでとうございます)ありがとうございます。
(2ケタ10勝を手にした今の気持ちは)
そうですね。あのう、まだ実感沸かないというか、
精いっぱい投げた結果がこういう結果になって、
本当に僕はうれしいと思います。はい。
(今日は朝倉さんらしい投球だったと思うが)
そうですね、抹消されてる10日間のうちに
ちょっといろいろ考えることがあったんで、
あのう、まあ練習でもそうですけど、それがいきて、
あのう、本当によかったなと思います。はい。
(特に内野ゴロが多かったですね)
そうですね。はい。持ち味が出たんじゃないかなと思います。
(やはりファンは抹消されたが復活を信じていた。
今日はどんなことを考えてマウンドへ)
そうですね。ほんと悔しかったというか、
あのう、自分が情けなかったので、
あのう、何とか今日チームが勝てるように
投げようとは思ってましたけど、
ほんとにそれができてうれしいなと思います。はい。
(そしてCSに向けてはその力が必要)
そうですね。はい。あのう、1試合任されるなら、
しっかり投げていきたいなと思います。
(2回のタイムリーヒット、良い当たりだった)
たまたまじゃないですかね。はい。
(そんなことはないが、自身の適時打で随分楽になった)
そうですね。あのう、あまり点数のことは考えずに
投げようとは思ったんですけど、あのう、ちょっと疲れました。はい。
(これからCS、日本シリーズに向けて一言)
そうですね。あのう、しっかり投げていきたいなと思いますので、
またみなさん応援よろしくお願いします!」



<先発談話>
「自分の持ち味の粘りが出たと思うし、良く投げれたと思います。
野手の皆さんにもよく守っていただきました。
タイムリーに関しては、いい所に飛んでくれました」

<約2週間ぶりの登板だったが、
直球と変化球を低めに集めて、テンポ良くアウトを重ねた。
5回まで1点に抑えて迎えた6回。
小笠原の一、二塁間のゴロを、柳田がはじいて右前打。
ラミレスに狙い通り打たせたゴロも、
三遊間を際どく破って無死一、二塁となったが、
阿部は1-1から、落ちる変化球で遊飛。
谷に左前打を浴びたものの、相手の走塁ミスで2死となった。
1、2打席目で安打を打たれていた古城には
2-1から2球ファウルで粘られたが、外へのシュートで体勢を崩して中飛。
グラブを強くたたいてマウンドを降りた>
「野手には捕って助けてもらうこともある。
一人一人に集中していけばいいと思った」

<シーズンが終わるまでに
見返さなければならないことがあった。
3年間勝てていなかった巨人、
シーズン終盤に来て出場選手登録を外れたこと。
何よりも2年ぶりの10勝を前に
足踏みを続けた自分自身に負けたくなかった。
再び登録されて得た先発の機会。
熱い思いが、不運な危機を乗り越えさせた>
「先発ローテに入っている以上、
規定投球回数(144イニング)を投げることと、
2ケタ勝利は目指すところなので、何とかしたいと思っていた。
足踏みをしたが、独りで考えながら調整した抹消期間があったから、
今日は強い気持ちで臨めた。
抹消されて悔しかったし、自分が情けなかった。
次にチャンスがあれば、見返してやろうと思っていた。
投げられるところを見せたかった」

<登録を抹消されている間はナゴヤ球場で練習。
25日からは1軍に再合流していたが、
孤独な再調整を強いられた11日間。それが反骨心を芽生えさせた>
「一人でウオーミングアップしなければならないときもあった」

<技術面では制球の乱れを修正。
ブルペンでは実戦さながらに丁寧にコーナーを突き、
狂った歯車を元へ戻した>
「(投げてから捕手のミットに収まるまでの)球筋に狂いがあった」

<この夜は10勝へのラストチャンス。
これまで通算防御率4.24とやや苦手にしている巨人が待ち構えていた。
今季は7月29日の東京ドームで6失点KO。
以降2度にわたって巨人戦の登板から意図的に外されていたが、
さまざまな思いをマウンドにぶつけて>
「巨人戦で投げられない悔しさ? それはありました」

<30日に一度登録を抹消され、
次回は宮崎で行われる秋季教育リーグで調整登板する予定。
クライマックスシリーズに向けて、力を込めて>
「去年とは違った形で投げられる。
僕は使う方じゃないんで、与えられたところで、
いいパフォーマンスを見せたい」
朝倉ブログ「感謝してます!」、カメラブログ中スポ中日新聞
サンスポ時事通信毎日jpスポニチ名古屋ニッカンデイリー


○森バッテリーチーフコーチ
<期待が大きいだけに朝倉には厳しいが、
勝負どころを前に、実績十分の右腕の復調が大きな収穫になった。
CSでの先発起用を示唆して>
「あいつはCSに必要なヤツなんだから」
中スポスポニチ名古屋


○トニ・ブランコ
<2回先頭、巨人先発・グライシンガーの
0-1からの外角高めの直球を左翼席へ38号ソロ。
特有の弾丸ライナーで左中間スタンドへ突き刺さって>
「打ったのは直球。
少しバットのしんが外れたけど、タイミングよく打つことができたよ」

<ただ、それ以上に価値があるのはCS第2ステージに進出した場合、
対戦が確実なグライシンガーを打ったこと。
謙そんしたが、対戦成績はこの日の2打数2安打を含め、
11打数6安打、打率.545、2本塁打。
日本球界の先輩で3年連続2ケタ勝利をあげている
右腕を完全にカモにしている>
「グライシンガーはいい投手だから、すばらしい投手から打ててハッピーだよ」

<後半戦に入って失速し、9月は25日まで本塁打わずか1本だった。
ところが26日の阪神戦で66打席ぶりの本塁打を放つと、
そこから4試合で2発と上昇気配。
きっかけは攻める姿勢。本人が何度も口にしたように、
この日はすべて第1ストライクから振った。
第1ストライクの打率が.460を超える自分の長所を思い出して>
「アグレッシブに行くことが重要だとわかった。
スイングする姿勢を投手に見せていくことが大事なんだ」
カメラブログ、中スポ、サンスポ時事通信スポニチ名古屋ニッカン

○石嶺打撃コーチ
<昨年は1勝4敗、防御率2.32と
巨人・グライシンガーに抑えこまれていたが、
今季は2勝1敗、防御率5.56と力関係が逆転。
ブランコのバットがその攻略の突破口となっているという>
「きょうは球が高かったし、本来の調子ではなかったが、
何とか打てるという感じはある」

<1年間、じっとブランコの打撃を見つめてきたコーチも
主砲の復調ぶりに確かな手ごたえを感じ取って>
「最近は厳しい攻めをされてイライラしていた。
ああいうタイプのバッターはホームランが出るのが1番いい。
吹っ切れたんじゃないかな」
ニッカン

○和田一浩
<来日1年目の本塁打王は当確など、4番としては合格点。
今年のブランコはよくやっているが、上には上がいるのも事実。
『その上』を知る男はこう指摘して>
「ブランコが敬遠されたのは1度もないんじゃないですかね。
記憶にないですから」

<その通りだった。140試合を終えて、
ブランコの故意四球(敬遠)は1度もない。
ただそれは5番つまり和田が強打者であることを意味しているが、
そんな仮説を一蹴する、上には上がいたことを>
「カブレラ(西武-オリックス)のときはすごかったですよ。
本当によく目の前で敬遠されました。
そのとき打てれば乗っていけるし、打てなければへこんでましたね」

<4番・カブレラ、5番・和田は西武の一時代を築いた。
カブレラは1年目から49本塁打を記録、その後も55本、50本と量産した。
その一方で敬遠も規格外。02年には何と年間29敬遠。
この年の5番・和田は打率.319、33本塁打、81打点。
こんな強打者が5番にいても勝負を避けたいスラッガーだった>
「ブランコとカブレラを比較するのは早いでしょう。
あいつ(カブレラ)は本当の4番だったから。
でもブランコだってすごいものを持っていますよ」
(中スポ)


○野本圭
<3回先頭、4月4日の横浜戦以来となる2号ソロを放つ>
「いいバッティングができました」

<試合後も珍しく、自画自賛の言葉が口をついて>
「うまく反応できて、今年一番、いい感じでした」

<決してやさしい球ではなかった。カウント0-2から
グライシンガーが投げたのは、内角のカットボール。
それをうまくとらえ、右翼ポールに直撃させた。
猛打賞の前日に続く活躍に、笑みがこぼれて>
「ファウルかなとも思ったんですけど、しんを食っていたんで。
調子は打撃に関しては、いい感じで来ている気がします」

<ドラフト1位で入団し、即戦力と期待されながら、
なかなか結果が出ず、1軍と2軍を行ったり来たり。
30日に引退試合を迎える大先輩からも、笑顔で迎えられた>
「積極的にできなくて、ファームに落とされたんで。
悔いを残さないように積極的にいこうと。それがよかったと思います。
打った後、立浪さんに『いい収穫やな』と言われてうれしかったですね」

<9月3日の広島戦以来、今季2度目の2番打者でのスタメン。
8回には、初球できっちり送りバントを成功させたが>
「ホームランもうれしいが、1球でバントを決められたのも収穫」

<藤井が離脱しており、中堅と右翼のレギュラーが
空位というチーム状況で、大きくアピール。
試合前には守備のレベルアップへ向け、特守もこなした。
ポストシーズンでも戦力となるべく、さらなる進化を続けようとしている>
「やるべきことをやらないと、本当のレギュラーは取れないと思うんで。
しっかり準備をしていきたいですね」
カメラブログ中スポ共同通信社

○柳田殖生
<07年10月10日の東京ヤクルト戦以来、2年ぶりにスタメン出場。
前夜途中交代した荒木の体調がこの日も思わしくなく、
7番・二塁に抜てきされ>
「突然決まったので緊張しました。平常心でやろうと思ったんですが…。
(6回先頭、小笠原の強烈なゴロを弾くなど)ミスもありましたね」

<それでも2回2死から中前にクリーンヒット。
これが07年6月22日の福岡ソフトバンク戦で和田毅から
放った1号アーチ以来プロ3本目の安打。素直に喜んで>
「うれしかったです」
(中スポ)

○井端弘和
<極端な『小笠原シフト』でCSへの布石を打つ。
初回2死、小笠原を打席に迎え、
二塁ベース後方に守備位置を取ると、思惑通りに打球は真正面に。
一塁・ブランコの失策で出塁は許したものの、
中前に抜けそうな当たりが見事、網にかかった。
続く3回の第2打席でも新陣形で遊ゴロ。
4回には阿部も同じ守備位置で遊ゴロに仕留め、不敵な笑みを浮かべて>
「試してみただけですよ。狭い東京ドームだったら、
きょうほど引っ張ってくることはないかもしれないですけど、
打席で迷ってくれたらいいかと思ってね」
おおさか報知

○川相内野守備走塁コーチ
<小笠原シフトの効果を口にして>
「今は思い切ったことができる時期。向こうが意識してくれればそれでいい」
おおさか報知

○森野将彦
<試合前に早出特打を敢行。
松永監督付広報が打撃投手を務め、約35分間バットを振り続けた。
前日は2ランを放って、打点を単独トップの107まで伸ばすなど、打撃好調。
不調のときに特打をするのはよくあることだが、好調なのに特打をするとは。
レギュラーになっても休日返上を平気でする男。やっぱり練習が基本だ>
「練習は絶対にやっておいた方がいい。やらないと、できない体になる」
(中スポ)

○浅尾拓也
<3人切りで今季5セーブ目を挙げる。
CSでもぶつかる可能性のある巨人だけに、いつも以上に気迫十分。
気合を入れながらも落ち着いて3人で終わらせて>
「打たれたくなかった。クライマックスも意識しましたけど、
なるべくいつも通りのピッチングを心がけました」
(中スポ)


○落合監督
<今季80勝に到達も、前夜に続いて>
「はい、お疲れさん。選手に聞いて」
(中スポ、毎日jp


今日の公示。(29日)

◆セ・リーグ

【出場選手登録】
△中日 朝倉健太投手
【出場選手登録抹消】
▼中日 鈴木義広投手
(再登録は10月9日以降。公式サイト共同通信社


◆川井雄太
<前日から1軍の練習に合流。
出場選手登録はまだされていないものの、近々の先発が予想される。
開幕11連勝とブレークしたが、その後は結果が出ず9月3日に2軍落ち。
2軍では走り込みなどを行って投球を磨き直してきた>
「少しでも前に進めるようにしたい」

<2軍戦での好投が認められて、1軍再合流。
CSの先発のコマが足りない現状だけに、
好投すれば大舞台で登板チャンスも巡ってくる。
調子が悪くないのは自信がある。あとは結果を出すだけ>
「結果が出なくなったのだから何かが変わったんでしょうけど、
それほどボール自体が変わったとは思っていない」
(中スポ)


若竜トピックス(29日)

◆中日2軍練習試合
福岡ソフトバンク-中日
(29日・福岡Yahoo! JAPANドーム)
  002 022 700 = 13
  000 010 000= 1
[D本] 新井
[Dバッテリー] 清水昭信、菊地、金剛、中里 - 小田、田中
(中スポ)

◆住田コンディショニングコーチ
<地球の反対側のドミニカ共和国行きも『里帰り』のようなもの。
ウインターリーグで武者修行する選手に付き添って、
25日に日本をたったコーチ。アメリカでコンディショニングの仕事を
していたころから数えると、5年連続のドミニカ行きとなるそう>
「行くのが楽しみですね。向こうには知り合いもたくさんいますから」

<とはいえ、そんな『ミスター・ドミニカ』でも注意することがあった。
赤道近くのドミニカで寒さが大敵とは。
意外なアイテムをバッグに忍ばせ、連日東奔西走している>
「『寒さ』です。移動中、バスの冷房が効きすぎて寒いんです。
毛布が欠かせません。いつも飛行機で配られる小さな毛布を
一つ頂き、持ち歩くことにしています」
公式サイト「Hola!-ドミニカ武者修行- Vol.1『到着』、<ドラ番記者>


◆藤井淳志
<左肋骨の骨折でリハビリ中だが、
故障後初めて約60メートルの遠投をこなした。
前日から再開したフリー打撃も2日連続で行い、およそ20分間にわたり、
渡邉育成コーチの投球を弾き返した。汗をぬぐって>
「日に日によくなっています。少しでも早く戻れるように頑張ります」
(中スポ)




コメント

健太投手、ラストチャンスをものにして
10勝到達。百点満点の内容では
ありませんでしたが、要所要所で
持ち味を出して、“勝てたこと”が
何よりだと思います。

CSで先発する機会があれば、
やはりナゴドがいいですね。
それも、小山選手とのコンビで

コメントありがとうございます!

>ドライチさん
先発のコマが足りない現状、朝倉投手の復調は大きいです
本人のブログでもありましたが、メンタル的に
自信を取り戻してくれたのもあったのでは。

小山捕手とのコンビ、いいですね。
ラミレス選手を封じていたのもうれしかったです

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • : DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)

    DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)
    NO DRA, NO LIFE 中日ドラゴンズ承認ファンブックが今年も発売決定!毎日の試合結果を記載できるドラゴンズぴあダイアリー2018-2019が別冊付録。

  • : 中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018

    中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018
    新スローガン『原点回帰 Dragons愛!』を掲げ、日々激闘を続ける竜選手たちを後押しする、中日ドラゴンズの応援歌メドレーアルバムの2018年版が誕生!

  • : 中日ドラゴンズファンブック2018

    中日ドラゴンズファンブック2018
    「原点回帰 ドラゴンズ愛」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦うドラゴンズの全容を紹介!森監督インタビュー、京田・又吉トークなどの読み物、選手のプロフィルや過去シーズンの成績をはじめデータも充実。

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ