51 観戦記・日記

2009年1月 1日 (木)

2009年、ST新年のごあいさつ。

新年あけましておめでとうございます
(↓のデザインは『INDIVIDUAL LOCKER』より)

デザインは『INDIVIDUAL LOCKER』より新しい1年を迎え、
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
例年自分は、元旦は
明治神宮に初詣に行くのが、
恒例になっていたのですが、
実は昨春に祖母が亡くなったため、服喪中
ということもあり、朝から特に出かけることもなく、
雑煮などを食べながら、テレビでスポーツ観戦をしていました。
当然、年賀状の方も事前に欠礼状を出していたので、
来ることがほとんどなかったのですが、
ガブリ月ドラ表紙風のフォトが印刷された
ドラゴンズ公式ファンクラブからは、やはり来てしまいました…。(苦笑)

それでも中日ドラゴンズ日本一奪回のための祈願は
自分的には欠くことはやはりできません。
開幕前には喪が明けるので、しっかりとその分必勝祈願
さらに昨年は今イチ御利益のなかった
『必勝御守』もゲットしておきたいなと考えております。

また大みそかの紅白歌合戦は、白組が勝利。
自分的にはジェロSPEEDアンジェラ・アキ
ミスチルと大トリのズンドコ節辺りがよかったかなと。
さらにニューイヤー駅伝は、ゴール前の鍔迫り合いで富士通が、
そして天皇杯は、世界クラブ3位のガンバ大阪
延長含めた120分間の激闘の末、制したのをチェック。
イチオシのオードリーのズレ漫才にニヤつきながら、
例年とは違う元旦が過ぎようとしています。


個人的には喪中とはいえ、
ブログ的にはしっかりと新年のごあいさつ
何となく矛盾していますが、
その辺は大目に見てねということで。
さらに毎年元旦の記事は、こんな感じで
自分の話題が中心になってしまうのですが、
この「ST ドラゴンズスタジアム」は、
2009年も『中日ドラゴンズのファンブログ』として
さまざまなアンテナから仕入れた話題を交えながら、
マイペースで綴っていきたいなと思っています。
3年の契約延長となった落合監督率いる
ドラゴンズ新たなる挑戦を見守りながら、しっかり応援。
そして再び歓喜の瞬間の記事を書ければうれしいですし、
またこのSTによって知り合うことができたみなさま方
今季も共に喜べることを楽しみにしています。

本日はとりあえず新年のあいさつのみですみません。
正月は話題が少ないこともあって、
通常営業は、2、3日後ぐらいからになってくるとは思いますが、
2009年もこれまでと変わらぬおつきあいのほど、
STをどうそよろしくお願いいたします!

2008年1月 1日 (火)

2008年、Stadio Toshinao RETURNS!

新年あけましておめでとうございます!

あけましておめでとう。新しい1年を迎え、
いかがお過ごしでしょうか。
自分は、年明けすぐに
成田山新勝寺へ。
そして日中は恒例の
明治神宮へという初詣巡り。
今年は昨季の反省を生かし、
多少早めに出かけたので、比較的スムーズ
参拝を済ますことができてよかったです。
もちろん中日ドラゴンズ日本一連覇を祈願し、
06年のリーグ優勝、07年の日本一と
もはや御利益のあるといえる『必勝御守』
もちろん今年もゲットいたしました!

大みそかの紅白は、鶴瓶の白組が勝ち、
ニューイヤー駅伝は、コニカミノルタが。
そして天皇杯は、鹿島アントラーズと制したのをチェック。
そんな感じで元旦が終わろうとしています。


ところで「ST ドラゴンズスタジアム」は、
昨年をもって更新停止としましたが、
ブログをやめるつもりはなく、
2008年からは、気持ちも新たにスタート!
『Stadio Toshinao』という名前を復活させ、
再びはじめていこうかと思っています。

「Stadio(スタディオ)」というのは、
イタリア語で「スタジアム」の意。
おそらく応援している中日ドラゴンズの話題が
中心となっていくのではとは思いますが、
これまでのように、速報性や情報量を重視せず、
より気楽に、自分なりのペースで綴っていけたらなと。
まあ最初のうちは、これまでとあまり
代わり映えがしないかもしれませんが、
徐々に新たな色で染めていければいいなと思っています。

とりあえず本日は、新年のご挨拶ということで。
2008年からリスタートの新・ST
どうそよろしくお願いいたします!

2007年1月 1日 (月)

2007年、明けちゃいましたね。

新年あけましておめでとうございます

皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします
今年も引き続きご愛読くださいますよう
お願い申しあげます

2007年 元旦 ST Dragons Stadium


賀正(デザインはキッズ@niftyより)新年あけまして
おめでとうございます!

時間的には、
もう2日の方が
近かったりしますが、
元旦の記事に
間に合ってよかったです。
きょうの出来事としては、
自分は、午後から
恒例の明治神宮への初詣。
しかし今年は混んでましたよ!
14時過ぎから並びはじめて、参拝まで2時間30分!
立ちっぱなしで腰は痛いわ、足は棒になるわで、
帰りの電車の中では寝まくりでした。

参拝を終えて、お守りをいくつか買いましたが、
そのなかの1つ『必勝御守』
昨年はじめて購入したのですが、
リーグ優勝の御利益があったので今年も購入!
もちろんドラゴンズの日本一も祈願いたしました。


大みそかの紅白は、白組が勝ち、
ニューイヤー駅伝は、日清食品でなく中国電力が。
そして天皇杯は、浦和レッズが連覇を果たしました。
今年は高校サッカー選手権に自分の母校が出場。
無事に1回戦を突破したこともあり、
そちらの方にも目が行ったりもしています。
そして明日、明後日は、
自分の正月一番の楽しみでもある箱根駅伝
天気予報は良くないようですが、楽しみです。


みなさんは、お正月をいかがお過ごしでしょうか。
きょうは自分がテーマでしたが、
あくまでこのSTのテーマは、ドラゴンズ
『中日ドラゴンズ応援&情報ブログ』として
2007年も自分なりのペースで、
頑張って行こうと思います。

落合政権4年目となるドラゴンズとしては、
球団史上初の連覇がかかる大事な1年。
しっかり応援していきたいと思っています。
そして今年こそは秋にこのST
53年ぶりの日本一の記事が書ければいいですし、
みなさんと共に喜べることを楽しみにしています。

本日はとりあえず新年のご挨拶のみですみません。
2007年もSTをどうそよろしくお願いいたします!

2006年12月30日 (土)

2006年のオレ竜ドラゴンズ回顧。

優勝ロゴです。『Party?Party!@neppie.com』の
NEPPIEさんから
お願いされていたTB企画
「2006年の
オレ竜ドラゴンズ回顧」

昨年同様、
「2006年、歓喜のリーグ優勝を
達成した中日ドラゴンズ。
来年はリーグ連覇、そして
53年ぶりの日本一を目指すことになります。
来年への期待を願いつつ、
今季を明るく振り返っておこう!」
という企画です。

締め切りは12月中旬でしたが、
「振り返る」というのは、
年末の企画に合いそうだったので
この時期にUPすることにしました。
遅くなりましたが、とりあえず13問答えてみました。
それではどうぞ!


◇2006年オレ竜ドラゴンズ回顧◇

【お題】
1.今年活躍したと思うドラゴンズの投手(3名まで)

川上投手、佐藤充投手、久本投手。

【理由】憲伸投手は、やはり17勝を挙げたエース
昨季の悔しさを晴らす活躍をしてくれました。
終盤やや怪しかったですが、自己最高の成績で
チームを引っ張ってくれたと思います。

佐藤充投手は、やはり交流戦の活躍。
改めて数字を見直すと、すごかったと思います。
苦手だった交流戦を勝ち越すことができた
貢献度は、とても大きかったです。

久本投手は、終盤よくやってくれたと思います。
敗戦処理から始まり、勝ちパターンで出るまでに躍進
9月10日の広島戦の勝利はうれしかったです。


2.今年活躍したと思うドラゴンズの野手(3名まで)

福留選手、ウッズ選手、森野選手。

【理由】福留選手は文句なしでしょう。
右ひざのケガによる離脱こそ
あったものの、それをも補う大活躍
ダントツの首位打者でチームをけん引してくれました。

ウッズ選手は、夏場以降の猛チャージ
100打点を過ぎてからの荒稼ぎは、恐ろしいくらいでした。
チャンスにも強くなるなど、4番としてよくやってくれました。

森野選手は、サードのレギュラーを奪取しました。
守備の進歩が成長へのカギだったと思います。
打撃面でも5番に座り、初の規定打席到達。
「練習は嘘をつかない」その言葉がピッタリの1年でした。


3.今年印象に残ったドラゴンズの試合(3試合まで)

☆10月10日 対巨人最終戦
(東京ドーム、優勝決定試合)
中 日 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 6 =9
巨 人 0 0 0 1 0 0 2 0 0 0 0 0 =3

[勝] 岩瀬(55試合2勝2敗40S)
[D本]ウッズ46号3ラン 47号満塁
[Dバッテリー] 川上、久本、岡本、平井、岩瀬-谷繁

優勝を決めた東京ドームでの死闘。
まさに今季を象徴したゲームだったと思います。
引き分けだと優勝は持ち越しになってしまう
延長12回表の怒濤の攻め
福留選手の勝ち越しタイムリーに感動し、
ウッズ選手の満塁弾が出たときは、狂喜乱舞でした。

☆9月16日 対阪神18回戦
(ナゴヤドーム、山本昌ノーヒットノーラン)
阪 神 0 0 0 0 0 0 0 0 0=0
中 日 1 0 0 2 0 0 0 0 0=3

[勝] 山本昌(23試合9勝7敗)
[D本]井端6号 ウッズ34号2ラン
[Dバッテリー] 山本昌-谷繁

今季ただ1試合のナゴヤドーム生観戦ゲーム。
史上最年長のノーヒットノーランを見られて
とてもうれしかったです。
7回以降、周囲が徐々にザワザワしはじめ、
8回にはアウト1つ取るごとに大歓声!
そしてノーヒットノーランを達成!
その瞬間はまるで優勝のような騒ぎでした。

☆8月9日 対広島12回戦
(豊橋市民球場、ウッズ2発、福留勝ち越し2ラン)
広 島 1 0 0 0 0 5 0 0 0=6
中 日 3 0 1 0 0 0 2 2 X=8

[勝] 平井(37試合3勝3敗)
[S] 岩瀬(38試合1勝2敗30S)
[D本]ウッズ28号3ラン、29号2ラン 福留19号2ラン
[Dバッテリー]中田、岡本、平井、岩瀬-谷繁

地方球場でのゲームですが、
ドラゴンズファンの熱気が溢れたゲームでした。
広島の選手交代をめぐる中断もありましたが、
福留選手永川投手から打った
スコアボード直撃の決勝2ラン、まさに感動でした。

<次点>
◇5月28日 対福岡ソフトバンク戦
(ヤフードーム・小笠原プロ初完投)
◇7月 8日 対横浜戦
(岐阜・山本昌-中田、雨中戦に勝利)
◇8月12日 対阪神戦
(ナゴヤドーム・マジック40点灯)
◇9月15日 対阪神戦
(ナゴヤドーム・憲伸復活、炎の力投)
◇9月20日 対横浜戦
(横浜スタジアム・土壇場大逆転、英智スクイズ2度失敗)
◇9月30日 対阪神戦
(甲子園球場・山本昌、我慢の投球8回1失点)
◇10月9日 対東京ヤクルト戦
(神宮球場・英智好捕、ウッズ満塁弾)

ベストテンではないですが、残り7試合も感動もの
阪神戦が多かったのも、今年の特徴です。


4.今年もう少し頑張って欲しかったドラゴンズの選手(3名まで)

ドミンゴ投手、山井投手、鎌田選手。

【理由】ドミンゴ投手は、キレて
無期限2軍落ちしてそのままフェードアウト
再起を期待していただけに、とても残念に思いました。

山井投手は、落合監督も先発の1人として
開幕前は計算していましたが、を痛めてしまい
1年を棒に振ってしまった感が。
オフに結婚もしましたし、来季は奮起を期待します。

鎌田選手もケガに泣きましたね。
川相、奈良原両選手が引退してしまったので、
来季は1軍に定着できるチャンスも増えてきます。
来春のキャンプでしっかりアピールをしてほしいです。


5.来年の活躍を期待しているドラゴンズの選手(3名まで)

佐藤亮太投手、高江洲投手、春田選手。

【理由】来季2年目を迎える選手を3人挙げてみました。
3人とも今季は1軍のゲームには、ほとんど出ていませんが、
来季はチャンスを掴んで、活躍してほしいと思います。


6.ドラゴンズ関連の新語・流行語大賞ノミネート用語(3つまで)

「笑うところじゃないです」
(英智・5月3日・横浜戦)

「9回2失点で何がアカンのですか」
(川上・5月9日・北海道日本ハム戦)

「すいません、涙もろいもので」
(落合監督・10月10日・巨人戦)

<次点>
「(佐藤充を)見ていて、オレは変わったと思うよ。
最初のころマウンドに上がったひたむきさがない」

(落合監督・9月4日・巨人戦)

【理由】新語や流行語ではないですが、
今季のゲームで印象に残ったコメントをいくつか。
お立ち台では、英智選手のコメントがピカイチでした。
4、5回上がったお立ち台、いつも笑わせてもらいました。
そして落合監督の優勝インタビュー、
生で観ていて、本当に感動しました。


7.ドラゴンズが日本一になるためには、
何が必要だと思いますか?

流れが変わりやすい短期決戦
動せず勝ち抜ける精神力が必要だと思います。
日本シリーズでは、流れを引き戻せませんでしたから。
第2次落合政権のテーマの1つにもなっています。


8.落合監督は名監督だと思いますか?

記録同様、評価も、後からついてくるもの。
「名監督」という評価は、落合監督が退任されてから。


9.ドラゴンズのファンサービスについてどう思いますか?

努力はしていると思います。
しかしあくまでも、中京圏がテリトリー。
自分がナゴヤに住んでいたら、
もっと恩恵にあずかれたかも。


10.ズバリ!2006年のドラゴンズのMVPは?
(補足:今年のMVPは福留選手に決定しましたが、
自分の中でMVPだと思う人を上げて下さい)

自分の予想では、二冠王のウッズ選手
MVPを獲るのでは思っていましたが
投票などでは、福留選手の圧勝でしたね。
確かにウッズ選手をもノセていたのは、福留選手
守備などを含めた総合力で考えると、
やはり福留選手でいいと思います。


11.ドラゴンズ系ブログの中で
印象に残ってるエントリーとその理由

(エントリーまで浮かばない場合は
ブロガー・ブログタイトル名だけでもかまいません)

2年前の優勝のときに比べて、
ドラゴンズ系ブログもだいぶ増えて、うれしいです。
自分は入っていないので、よくわかりませんが、
mixiなどのコミュニティとかも盛り上がったんでしょうね。
自分が関東のドラゴンズファンということもあり、
ナゴヤ地区以外のドラゴンズファンの
ブログのエントリーが印象に残っています。

それとは関係ないですが、
1つ挙げるとなると、こちら↓
『Dragons 中日ドラゴンズ-公式ブログ』

ガブリの登場で消えそうになったドアラ
ブレークを果たしたのは、
このブログの力が大だったと思います。


12.ドラゴンズ以外で、今年表彰したい選手・チーム
(1人・1チーム)

<選手> リグス選手(東京ヤクルト)

【理由】自分が観戦したゲームで、
ホームランボールを手に当てて
捕り損なったからではないですが、
他球団ながら気になった選手でした。
2番に入りながら、送りバントなし
そのうえ、39本塁打、94打点。
ドラゴンズではありえない2番打者だなと、
いつも感心して見ていました。

<チーム> WBC日本代表

【理由】日本ラウンドの時期は、
正直どうでも良かったのですが、
ラウンドが進んでいくごとに、熱中してしまいました。
ドラゴンズからは、福留、谷繁選手が出場。
準決勝の福留選手代打ホームランは、
おそらくずっと忘れないと思います。


13.来年に向けて、中日ドラゴンズに一言。

まずは落合監督が続投になってよかったです。
ポストシーズンの形態が変わりますが、
球団史上初となる「連覇」というものを
体感させてほしいです。
自分もしっかり応援したいと思います。


NEPPIEさん、大変遅くなってすみませんでした。
来季は締め切りに間に合うよう努力したいなと思います。
そして最後まで読んで下さった方に感謝します。
どうもありがとうございました!

2006年10月 2日 (月)

また行ったぞ!神宮観戦記2006。

また来ちゃったよ、神宮!9月24日日曜日、
今季5度目の観戦は、
対東京ヤクルト戦
今季2回目となる
神宮球場へ行ってきました。
ST恒例『行ったぞ!』観戦記
シリーズ・第13弾、神宮球場編。
いくつかのフォトを交えて、お送りします。


手前が深い溝です。いつもと同じように、
東京メトロ外苑前駅から
歩いて神宮球場へ向かいました。
8月の時は、蝉時雨でしたが、
今回は静か
自分の席は外野指定席、
レフト側P1段7番。
「1段」ということは一番前でネットに張り付いて
見られるのかと思いきや、神宮球場の外野席は
フェンスと座席の間に関係者用の通路がありました。
思った以上の『深い溝』を残念に思いました。


すっかり秋ですねぇ(*´ー`)9月に入り、
神宮のゲームは
試合開始時間が
午後6時20分から。
そして秋分の日も過ぎて、
日の入りも早くなっています。
これはセンターからレフトスタンドへ
向けての夕暮れの風景です。
こんなところにもを感じさせてくれます。


つばめ3兄弟、見参!前回の神宮のゲームは
『代打・オレ』
誕生日だったので
そのイベントしか
なかったのですが、
今回はマスコットデーの
第2弾で『つばみDay』
写真が小さく見にくいですが、
左からつば九郎、燕太郎、そしてつばみです。
決してドアラのようなボケはかまさなそう。
また始球式はバスケットbjリーグ・
東京アパッチ(スゴイ名前だな)の
ジョー・ブライアントヘッドコーチ。
スゴイ方なのでしょうが、
「大きいな」という印象しか残りませんでした。


(`・・´)ケンタ、頑張れよ!今夜の先発は、
背番号14、朝倉投手
今季観戦は5回目ですが、
4回が朝倉投手
ある意味抜群の
相性を誇っています。
しかしいきなり初回、岩村選手
ライトポール際に当てられ、2点を失うと、
青木選手にもライトに運ばれ、もう2点。
ともに四球からランナーを出しての被弾。
前回もリグス選手らに3発を浴びた朝倉投手
一気に劣勢となってしまいました。


ある~日(ある~日)森野なか(森野なか)これはセンターから
三塁側のスタンドを。
前日の23日は、
三塁側からレフト側は
溢れるくらいの超満員でしたが、
さすがに日曜日のナイトゲーム。
上の方は、けっこう空いていました。
また神宮では良くありますが、
応援がズレてしまい、外野と内野で
輪唱になってしまった面もありました。


風船いっぱいピュー!これはおなじみの
7回ジェット風船飛ばしのシーン。
東京ヤクルト先発の
ゴンザレス投手に抑え込まれ、
やや肌寒い風同様に
ドラゴンズ打線
冷え冷え状態
結局この日は、『狙い撃ち』も
『パウエル・チャンステーマ』も
そして『川又チャンス』も全くない
超寂しいレフドラとなってしまいました。


ちょっと早すぎませんか\(- -;)ちょっとスコアボードが暗くて
わかりにくいですが、
試合終了のシーン。
6時20分に始まったにもかかわらず、
なんと9時前には
ゲームが終わってしまいました。
4回の福留選手のセンターバックスクリーンへの
ホームラン以外は、わずかヒット3本。
「翌日が出勤のサラリーマンへのやさしい配慮。
どーもありがとう」
と一言...(T^T)


網の向こうからこんばんは!ヒーローインタビューを
聞くこともなく、
遅ればせながら、
三塁ポール側へ移動。
何枚かクラブハウスに戻る
選手を片っ端に撮りましたが、
その中に我らが渡邉選手が。
帰って取り込むまでは
正直、誰だかわかりませんでした。


これがタイロン・バットだ【゚d_b゚】選手が去ったので、
球場を出ようと思ったら、
目の前にウッズ選手
本物ユニホームを着た
外国人の男の人が
茶色のバットを持って、
ファンにかこまれていました。
何なんだと思い、近づくと
それはウッズ選手の練習用のバットとのこと。
おそらくウッズ選手の知り合いなのでしょう。
ギンタロウさんの所にも出ていた
この写真のヒトです!
ただこのカタ、前回の観戦でも帰りにすれ違ったうえ、
今回も行きがけの駅の出口の
ドトールコーヒーの前にいて
「またコイツ、来てるんだ」と思っていたカタでした。
他のファンも持たせてもらったり、
写真を撮っていたので、自分もちゃっかりplease!
バットは思ったよりも軽かったのですが、
滑り止めがたっぷりで手がベトベトに。
アリガトウ、タイロン'sフレンド。
コイツって思ってゴメンね(^^)


バットの向こうにコイツがいます。写真は角度上、
逆さまなのですが、
バットには、NPB!
メーカーである
Louisville Slugger
(ルイスビルスラッガー)
さらに『TYRONE WOODS』と刻印されていました。
この日、3打数ノーヒット2三振と
全く打てなかったウッズ選手
どうせならこれで打ってくれよと思いました。
敗戦でガッカリしていた自分でしたが、、
これ以降は超ゴキゲン!
思わず『T、T、T、T~♪』
ウッズ選手のTのテーマを唄いながら、
浮かれ気味に?外苑前駅へと向かいました♪


<ST・観戦試合一覧(備忘用)>
2004.9.26  対横浜(横浜) 3-0  ○落合英二 S岩瀬
2004.9.30  対ヤクルト(神宮) 3-5  小笠原 ●岡本
2004.10.24 対西武(ナゴヤドーム) 2-4 ●山本昌
2005.5.21  対千葉ロッテ(千葉マリン) 3-4x 山井 ●岡本
2005.7.3  対ヤクルト(神宮) 2-5  ●野口
2005.8.7  対横浜(横浜) 7-6 野口 ○平井 Sチェン
2005.10.1  対広島(ナゴヤドーム) 6-3 石井 ○中里 S岩瀬
2005.10.6  対ヤクルト(神宮) 0-5 ●佐藤充
2006.5.20  対千葉ロッテ(千葉マリン) 0-5 ●朝倉
2006.6.3  対東北楽天(フルスタ宮城) 6-2 ○朝倉 S岩瀬
2006.8.6  対東京ヤクルト(神宮) 5-4 朝倉 ○鈴木 S岩瀬
2006.9.16  対阪神(ナゴヤドーム) 3-0 ○山本昌
2006.9.24  対東京ヤクルト(神宮) 1-4 ●朝倉
(左から先発投手、責任投手、セーブ投手)


これで今季の観戦成績は、
3勝2敗となってしまいました。
ゲーム的には、一番寂しいゲームでしたね。
なお次回は、10月7日、8日のハマスタを予定。
2002年は、マジック1の神宮と
日本シリーズ王手のナゴドで連敗。
胴上げを2回も逃しました。
果たして3度目の正直となるのでしょうか?
よろしかったら、次回も読んで下さいね。

2006年9月22日 (金)

行ったぞ!ナゴヤドーム観戦記2006。

今年もナゴドだよーん!9月16日土曜日、
今季4度目の観戦は、
阪神タイガースとの直接対決。
今季はじめてナゴヤドームへ行ってきました。
ST恒例・『行ったぞ!』観戦記
シリーズ第12弾は、ナゴヤドーム編。
いくつかのフォトを交えて、お送りします。

 

これがドラゴンズトレインだ!東京を出たときには、
晴れていた天気が
静岡に入ると曇り始め、
名古屋に着いたときは、
なんとになっていました。
これはまずいなと思いながら、
そうだ地下道を通ればいいんだと思い直し、
栄から名城線へのホームに向かい、
着いて飛び込んで来たのがなんとドラゴンズトレイン
思わず「ラッキー!」と口走りました。

 

苦労人・岡本投手です。これがドラゴンズトレイン
車中の様子です。
少し内容が変わったようなのですが、
中刷り広告にドラゴンズの選手の
紹介写真や球団の歴史などが
たくさん使われていました。
うれしくて思わず、
写真に撮りたかったのですが、
そのような人がほとんどいない上、
阪神ファンらしいキイロイ服を着た人が
隣だったので、隠し撮りのようになってしまいました。

鋭い一振りのベストショット!ナゴヤドーム前矢田駅を降り、
ナゴヤドームに向かうロードが
ドラゴンズロード2006となり、
数メートルごとに
選手の写真がたくさん並んでいました。
ウッズ選手立浪選手の前で
撮られる方が多いなか、
とりあえず我らが渡邉選手のところで一枚。

円熟巧投、良くやった!そして主力選手は四字熟語とともに
大きなパネルになっていました。
ほんとは『才能開花』
中田投手のを撮ろうと思いましたが、
突然気が変わって、ベテラン昌さんに!
思えばこれが大偉業への布石だったかも?

ナゴドとは通路で繋がっています。駅から上に上がって、
ナゴヤドームまでの通路を歩いて、
右側に大きくそびえ立ったのが、
あのイオン
昨年来たときには出来ていなかった
ジャスコがドドンと登場。
そこにあるドラゴンズショップで
背中に○に竜の字のTシャツと
70周年ドラゴンズフイギュアを買いました。

一文字一文字、心を込めて書いてます!1時半にナゴヤドームに着いたので、
けっこう時間が空いてしまいました。
そういえばドラゴンズミュージアム
『井上一樹書道展』がやっていたと
思い出したのですが、
ミュージアムが見つかりません。
ガイドで見たら、3Fの外野席の脇にありました。
中に入り、ようやく見つけた作品集。
選手会長、気合の一筆でした。

これがあのサンデーユニホームだ!ドラゴンズミュージアムには、
歴代のドラゴンズの選手、OBが
大記録を達成したときの
バットボールトロフィーなどが
飾ってありましたが、
その中で感激したのが、
あのサンデーユニホーム!
番号57ということは、彦野さんのでしょうか?
生サンデー、とても良かったです!

キャッチボールだぜ、You Know?自分の席は、内野B・2階21列405番。
外野のネットが邪魔だったのですが、
前回の内野Aの席よりも
比較的グラウンドに近くて良かったです。
写真はアレックス選手
福留選手のキャッチボール。
さすが強肩、いい球を投げています。

大きくそびえ立ってます!そして近くにあったのが、ライトポール
この日は、井端選手の先制弾が
ちょうどライトポール際。
来たときはまた自分の方に
打球が来るのかと
多少ドキドキしましたが、
ファウルではなく、最前列に入りました。
思わずやったあ!と大騒ぎ。

こんな感じで観てました。今夜の先発は、山本昌投手
今季これまで3試合見ているのですが、
先発は、すべて朝倉投手
そしてこの日も予想は「朝倉」
これも運命かと思いながらも、
先発バッテリーの発表を聞くと、
なんと昌さんが先発。
思わず驚きと喜びが交錯してしまいました。

絶対勝つぞ、タイガース!こちらがレフトスタンドの阪神ファン
今回の目的の一つが阪神戦
そして阪神ファンの応援を見ること。
試合展開が展開だったので、
あの「わっしょいわっしょい」
ありませんでしたが、
統率が取れた応援で声援が大音量で
本塁側から跳ね返っていました。
ただ打席に立つ度の「絶対勝つぞ!タイガース」
逆に選手にプレッシャーになったかも。

昌さんスゲー!!ゲームはあれよあれよで
気がつけばノーヒット
自分的には5回くらいから、
もしかしたらと思いましたね。
7回くらいから
周囲が徐々にザワザワしはじめ、
8回にはアウト1つ取るごとに大歓声
そしてノーヒットノーランを達成!
その瞬間はまるで優勝のような騒ぎでした。

( ´昌`)意外と本人は冷静なんですよ。ナインにもみくちゃになる昌さん
思わず胴上げでも
してしまうのかと思いましたから。
優勝したらこんな風に
盛り上がるのかなと
勝手に感じたりもしました。
そして堂々のお立ち台
自分の偉業よりも、チームの勝利とコメント。
これこそが昌さんらしさなんだなと感じました。

マサー!マサー!ヒーローインタビューが終わって、
一塁側やライトスタンドへ
サインボールを投げ込む昌さん
それにしてもカッコ良かったです!
自分もスタンディング・オベーションで、
この頃には思わず『マサー!マサー!』
年上の選手に向かって、連呼しまくってました。

これがナゴドのライドラです。ライトスタンドの熱き竜党のみなさん。
直接対決の阪神に連勝。
それも前日の憲伸投手の快投に
昌さんのノーヒットノーラン!
応援のボルテージも思わず
MAX状態になったことでしょう。
おなじみ「ドラマチックに魅せろよ 井端」
などの横断幕とかも見られて、ひとり感激していました。

隣はナゴヤ球場、新幹線からも見えます。その日は、矢場とんで夕食を食べて、
そのまま名古屋に泊まりました。
そして翌日、向かったのがナゴヤ球場
今まで行ったことがなかったので、
この機会にぜひ見ておきたいと、
ちょっとチープで味のある名鉄に乗って、
山王駅から歩くと、見えてきたのがこれ!
Dragonsと大きく書かれた屋内練習場
これだよォと思わず感激してしまいました。

おーい、若竜!(聞こえません)そして隣にあるのが、ナゴヤ球場
ウエスタンのゲームがないので
選手はいないだろうと思っていましたが、
実はこの日午後から
西濃運輸との交流試合が
あったそうで、練習をしていました。
度胸のない自分は恥ずかしくて、また隠し撮り風
はっきりいって誰だかわかりません。

お土産フロムナゴーヤ!その後、ナゴヤ球場を一周して、
そのまま名古屋駅に戻り、
昼のひかりで帰りました。
これが今回のお土産のみなさん。
ドアラの耳は、
残念ながら着けられませんでした。
そしてドラゴンズガチャポンでは
ピンクのヘアバンドが大当たり。
さらにフィギュアは、岩瀬投手中田投手
しかしどう見ても似てないのが痛いです。

<ST・観戦試合一覧(備忘用)>
2004.9.26  対横浜(横浜) 3-0  ○落合英二 S岩瀬
2004.9.30  対ヤクルト(神宮) 3-5  小笠原 ●岡本
2004.10.24 対西武(ナゴヤドーム) 2-4 ●山本昌
2005.5.21  対千葉ロッテ(千葉マリン) 3-4x 山井 ●岡本
2005.7.3  対ヤクルト(神宮) 2-5  ●野口
2005.8.7  対横浜(横浜) 7-6 野口 ○平井 Sチェン
2005.10.1  対広島(ナゴヤドーム) 6-3 石井 ○中里 S岩瀬
2005.10.6  対ヤクルト(神宮) 0-5 ●佐藤充
2006.5.20  対千葉ロッテ(千葉マリン) 0-5 ●朝倉
2006.6.3  対東北楽天(フルスタ宮城) 6-2 ○朝倉 S岩瀬
2006.8.6  対東京ヤクルト(神宮) 5-4 朝倉 ○鈴木 S岩瀬
2006.9.16  対阪神(ナゴヤドーム) 3-0 ○山本昌
(左から先発投手、責任投手、セーブ投手)

それにしても歴史的なゲームに
立ち会えることが出来て、本当に良かったです。
今季は3勝1敗。貯金も2に増えました。
次回は、9月24日の東京ヤクルト戦
Xデーと思って取ったのですが...。
よろしかったら、次回も読んで下さいね。

2006年8月 9日 (水)

行ったぞ!神宮観戦記2006。

神宮球場は今年80周年だそうです。8月6日日曜日、
今季3度目の観戦は、
東京ヤクルトスワローズ戦。
明治神宮野球場へ行ってきました。
ST恒例・『行ったぞ!』観戦記
シリーズ第11弾は、今季初の神宮編
いくつかのフォトを交えて、お送りします。


メイク・イット・はんぺん!東京メトロ銀座線
外苑前駅
到着したのが、午後5時15分。
急ぎながら神宮球場に
向かいましたが、
ビルの外壁に
東京ヤクルトの選手の写真が。
東京が付いてこの辺が変わったんだなと感じました。
ちなみにこの日は『代打・オレ』こと
古田PMの41歳の誕生日だそうです。


ドナルドを狙って投げろ!蝉時雨がスゴいなか、
球場の中に入ったら、
ドラゴンズの選手が
守備練習を始めていました。
これはアレックス選手
井上選手会長
キャッチボールの風景。
奥に見える小さなキイロいのは、
あの有名なドナルド・マクドナルド
この日は「マクドナルド・キッズデー」だったそうです。


またまたケンタと首なし立浪さん。今夜の先発は、朝倉投手
試合前の肩慣らしからの1枚。
自分は今季3試合目の観戦ですが、
千葉マリンの時も、
フルスタ宮城の時も
すべて先発は、朝倉投手
これも何かのご縁でしょう。めざせ2ケタ勝利!


Ho!サマー。Uniden(ユニデン)というのが、
東京ヤクルトの
オフィシャルパートナーのようで
バックスクリーン裏の
売店の前に液晶テレビ
展示されていました。
ただここに置いて、注目されるのかはやや微妙!?


レフドラ、人いっぱい!試合前のレフドラです。
この日もかなりの
ドラゴンズファン
ごった返してしましたね。
やはり同志が多いのは
とてもうれしいです。
ただラッパの音はかなり遠かったので、
途中リズムが取れなくてやや苦労も。


金網くん、見えないよお!自分の席は外野指定席
レフト側V10段12番。
ちょうどグラウンドを眺めると
金網の上段の部分が
打者の頭に被ってしまいました。
あと数段上か数段下なら
見やすかったかも。
ただ隣の3人がを求めて?移動してしまったため、
ほぼ5座席を独占してしまいました。
ギュウギュウ詰めでご覧の皆さん、ごめんなさい。


中継には4回映りました。午後6時、ゲームが始まりました。
ドラゴンズが先制した1回ウラ、
1死からのリグス選手
強い打球がレフトへ。
打った瞬間に本能で
「来るぞ!」と思いましたが、
すぐさま目の前に打球が!
かなり慌ててしまい、捕れずに右手に直撃!
急いで拾おうとしましたが、他の方に拾われてパー。
結局右手の痛みのみが、自分には残りました(T^T)
ちなみに写真をクリックして
赤丸が付いているのが自分です。


早く食べなきゃ溶けちゃうぞ!試合前にはビール、
チューハイ、コーラしか
売り子さんが回っていなく、
こんなに暑いのに
アイスの売り子がいないじゃんと
困ってしまいましたが、
ようやく3回に登場。
フルスタで買えなかったので、今回は奮発!
なんと2個も買ってしまいました。ちなみに1個220円。


荒木選手06年第1号記念。アイスを買った直後に出たのが、
3回の荒木選手のホームラン。
またもレフトスタンド、
自分の数段の下に打球が落ちました。
うれしかったので、拾われた方に
ボールを触られてもらいました。
その後に記念に1枚。
めったにない荒木選手ホームランボールです。


頑張れ、スーさん!リグス選手のもう1本などで
2-4とリードされた7回ウラ。
ピンチでマウンドに
上がったのが、鈴木投手
ブルペン恒例の
登板前の儀式の風景です。
岩瀬、岡本、平井、中里各投手らに見送られ、
マウンドに上がった鈴木投手
因縁のリグス選手を4球直球勝負で仕留めてくれました。
よく踏ん張ったぞ、スーさん


勝つこともファンサービスですから。8回、怒濤の逆転劇を見せた
ドラゴンズ打線
7回の頃は、この日は
出ないかもと思われた
「狙い撃ち」も唄うことができました。
そして5-4で勝利!
ヒーローインタビューは
逆転の二塁打を放った井上選手会長
よく打ってくれました、ありがとう!!


今回の戦利品。終盤での逆転勝利
とてもうれしかったです。
良い気分で球場を出て、
家に帰りました。
これが、今回のおみやげです。
応援バットが割れてしまったので新調。
そしてケータイ用のエチケットワイプを
ビジター用にしました。


<ST・観戦試合一覧(備忘用)>
2004.9.26  対横浜(横浜) 3-0  ○落合英二 S岩瀬
2004.9.30  対ヤクルト(神宮) 3-5  小笠原 ●岡本
2004.10.24 対西武(ナゴヤドーム) 2-4 ●山本昌
2005.5.21  対千葉ロッテ(千葉マリン) 3-4x 山井 ●岡本
2005.7.3  対ヤクルト(神宮) 2-5  ●野口
2005.8.7  対横浜(横浜) 7-6 野口 ○平井 Sチェン
2005.10.1  対広島(ナゴヤドーム) 6-3 石井 ○中里 S岩瀬
2005.10.6  対ヤクルト(神宮) 0-5 ●佐藤充
2006.5.20  対千葉ロッテ(千葉マリン) 0-5 ●朝倉
2006.6.3  対東北楽天(フルスタ宮城) 6-2 ○朝倉 S岩瀬
2006.8.6  対東京ヤクルト(神宮) 5-4 朝倉 ○鈴木 S岩瀬
(左から先発投手、責任投手、セーブ投手)


おかげさまで、STを始めてから
4試合目で神宮初勝利を飾り、
今季は2勝1敗。貯金1となりました。
今季はあと数回、行けたらいいなと思います。
ハマスタもまだ行っていませんし、神宮もまた行きたいなと。
ちなみ次回は、9月16日の阪神戦。
ナゴヤドームを予定しています。

2006年6月12日 (月)

行ったぞ!フルキャストスタジアム宮城2006。

来たぞ、フルスタ!6月3日土曜日、
今季2度目の観戦は、
さいたまから東北新幹線で仙台へ。
東北楽天ゴールデンイーグルス戦。
フルキャストスタジアム宮城
行ってきました。
大変遅くなりましたが、
ST恒例・『行ったぞ!』観戦記
シリーズ第10弾、フルスタ宮城編。
サッカーワールドカップ・がんばれニッポン記念として
いくつかのフォトを交えて、お送りします。


あの仙台育英高の最寄り駅なんです。JR仙石線・宮城野原駅を降りて
フルスタに向かったのですが、
まず目についたのが、
この駅舎の出入口
地下鉄のような出入口なのに、
なんとてっぺんに
イーグルスのヘルメットが乗っています。
いかにもここだよ!って感じでわかりやすいです。


おにぎりが転がるくらいの勾配です。イーグルスファンクラブや
スタジアムパスポートの
熱心な勧誘風景
この日のイベントである
ボウケンジャーなどの
ヒーロー大集合を背にして、
まずは球場の外を1周歩いてみました。
これはレフトスタンド後方にある楽天山
それを後ろから撮ってみました。
まあ単なるって感じですが、がいいですね。


おっ!渡邉選手だ(^o^)自分の座席は
フィールドシート1塁側。
(フルスタは1塁側がビジター)
R5入口から中に入ると、
早速ドラゴンズ
練習が行われていました。
我らが渡邉選手は、立浪選手らとともに
サードの守備位置で練習。
せっかく1塁側でよく見られると思いきや
サードで練習とは...。ちょっとツイてないです。


コースケだぁぁ!( ̄▽ ̄) ニヤフィールドシートの外野側は
ネットがありません。
外野方向へ移動して、
福留選手らを1枚。
思わず「ホンモノの福留だよ!」
心の中で大喜びをしてしまいました。


とりあえずシーフード。試合前にとりあえず
腹ごしらえ。
弁当は球場内では
売っていないので、
一度外に出て、
『海の幸なのにYAMATO』という屋台で
海鮮塩やきそばを買って食べました。
ただ選手を目の当たりにして、
興奮しているので、味などは覚えていません。


マルちゃん、サインしてね!選手が近くに来て
サインなどもしてくれました。
これはマルティネス投手
言葉が通じているのか
どうかはわかりませんが、
ペンを走らせてくれました。
登板の予定がないのに、仙台に来ていたのが、
実は、お仕置きだったとは後日知りました。


ごぶさたしています。試合前によくある
あいさつのシーン。
福留選手立浪選手が、
東北楽天の山崎武司選手や、
関川選手にあいさつ。
我らが渡邉選手
帽子を取って、しっかりとあいさつ。
上下関係が厳しい野球界らしい一面です。
関川選手は、試合に出て来ず見られたのは
ここだけでした。


けっこう遠征者が多し!これは、通常のレフドラではなく、
今回はライトスタンドを埋める
『ライドラ』の応援団の方々。
フルスタはトランペットが
使えないので、
応援歌も声だけの応援に。
しかしこの日は、しっかり声が出ていました。
Tの応援の仕方など生で学べて良かったです。


がんばれ、がんばれ、ケンタ!午後1時
いよいよゲームが始まります。
先発は、朝倉投手
この日は、序盤、
東北楽天の松崎投手
打線が打ち崩せない苦しい展開。
それにも負けずに、丹念に内外角を突いて
粘り強い投球をみせてくれました。


ODAくん、見えないよォ!(T_T)フィールドシートでも、
自分の席は
5列目だったので、
グラウンドとは、
比較的フラットで
見られたのはよかったです。
問題は、このシーン
攻撃になると、朝倉投手が次のイニングに向け、
ベンチ前でキャッチボールをするのですが、
相手をする小田捕手がちょうどこの位置
バッターボックスを隠してしまうのです。
これには、少々困りました。
ちょっと小田さーん、見えないよ!


立浪さーん、ボールくださ~い!イニングが変わり、
外野手が守備につくと、
控えの上田選手
福留選手ら
キャッチボールの相手に
出てくるのですが、
このイニングに限っては立浪選手が!
上田選手は、きちんとボールを持って帰ったのに。
立浪選手は、ネット越しにこちらへ投げ込みました。
そして一言、「その手前の子にあげてね!」
少年ファンを大切にするミスタードラゴンズ
「立浪って、いい人だねぇ」
周りにいた東北楽天ファンのハートを
思わずイヌワシづかみ!


あなたのおかげで逆転できました!イニングの間に
いろいろな
パフォーマンスを行っていた
イーグルスのキャラクター、
Mr.カラスコ
5回のパフォーマンスを終えると、
空いていたシートに座って、観戦を始めました。
周りに来たファンを蹴散らしながらの観戦。
しかしこのMr.カラスコが観戦を始めたとたん、
ドラゴンズウッズ選手のホームランを皮切りに
大量点を奪いました。まさにカラスコ様々でした!


ふうせんがピュー!これはイーグルス
ラッキーセブンの応援、
「らっくてん、
らっくてんイーグルース♪」
という
公式球団歌に乗って、
最後に風船を飛ばします。
自分の席の周囲のファンは、
東北ゴールデンエンジェルスという
チアガールズの方に
熱い視線がいっていましたが、
自分は風船の方がいいかなと。


勝った\(^_^)/勝った\(^_^)/ゲームは、6-2
ドラゴンズが勝利。
朝倉投手は、
あと2人で完投と
いうところまでいきましたが、
最後は岩瀬投手が登板。
生・守護神を見られて自分的にはよかったです。
渡邉選手も最後は、一塁の守備につきました。


「ドラゴンズのエースになりたいです!」これが勝利のスコアボードです。
ヒーローインタビューは、
朝倉投手
こちらは興奮して、
何を言っているかはしっかり
聞いていなかったのですが、
『いずれドラゴンズのエースと
呼ばれるように頑張りたい』
って語っていたんですね。
後々知ってちょっと頼もしく思ったりも。


ド・ア・ラ!ド・ア・ラ!ド・ア・ラ!この日は、ドアラ
フルスタに来訪していました。
自分たちのチームの
キャラだからと
いうわけではないですが、
ドアラ、本当に良くやっています。
これは試合後、ライトスタンドに訪れて、
サインボールを投げ込む前にバック転を行うシーン。
ライドラからの大大ドアラコールに応え、
ハッスルしてくれました。ごくろうさまです。


萩の月、牛タン、ずんだ餅などなど...。この日は、仙台駅近くの
JAL系のホテルに泊まって、
翌日の昼の新幹線で
さいたまに帰りました。
ゆっくり観光などは
出来ないかわりに
基本的なお土産だけは買って帰りました。
福留選手荒木選手へのお土産に
「萩の月」を買って帰ったようですよ。


日差しがないときは、少々肌寒かったですが、
地方球場らしい温かいムードのある
いいスタジアムだったと思います。
この日はたくさんのイーグルスファン
フルスタに訪れていました。
チームがあまり強くなくても、おらがチーム
熱心に応援している仙台のファンの方々の
イーグルスに対する愛情も、ひしひしと感じました。
フィールドシートも見やすくてよかったですが、
ただちょっとアウェーぽかったので、
次回は、違う位置で観戦したいなと思います。

またゲーム前、フィールドシートで、
Party?Party!@neppie.com』のNEPPIEさんと対面。
ドラゴンズブロガーの方とお話するのは、
初めてでしたが、親切に接していただき
楽しいひとときを過ごせました。
ありがとうございました。


<ST・観戦試合一覧(備忘用)>
2004.9.26  対横浜(横浜) 3-0  ○落合英二 S岩瀬
2004.9.30  対ヤクルト(神宮) 3-5  小笠原 ●岡本
2004.10.24 対西武(ナゴヤドーム) 2-4 ●山本昌
2005.5.21  対千葉ロッテ(千葉マリン) 3-4x 山井 ●岡本
2005.7.3  対ヤクルト(神宮) 2-5  ●野口
2005.8.7  対横浜(横浜) 7-6 野口 ○平井 Sチェン
2005.10.1  対広島(ナゴヤドーム) 6-3 石井 ○中里 S岩瀬
2005.10.6  対ヤクルト(神宮) 0-5 ●佐藤充
2006.5.20  対千葉ロッテ(千葉マリン) 0-5 ●朝倉
2006.6.3  対東北楽天(フルスタ宮城) 6-2 ○朝倉 S岩瀬
(左から先発投手、責任投手、セーブ投手)


おかげさまで今季初勝利を飾り、
1勝1敗のタイになりました。
次回は、8月6日の神宮球場を予定しています。

2006年5月23日 (火)

行ったぞ!千葉マリンスタジアム2006。

来たぞ、千葉マリン!5月20日土曜日。
今季初めての生観戦は、
千葉マリンスタジアムとなりました。
ST ドラゴンズスタジアム・
1000エントリー目を記念しての
恒例・『行ったぞ!』観戦記
シリーズ第9弾、千葉マリンスタジアム編を
いくつかのフォトを交えて、お送りします。


6缶パックでなく、6冠記念碑ですマリンスタジアムの入り口では、
マー君クールなどのショーが行われていました。
昼食用の北インドカレー弁当を買って、
三塁側の入り口へ向かう途中にあったのが、
マリーンズ『6冠』の記念碑
千葉ロッテの25選手の手形とサインが
石碑に記されていました。


ボビーの方がややデカかった。自分が手を合わせてみたのが、
やはりボビー・バレンタイン監督。
昨季のボビー神社お参りに続き、
今年も違う意味でを合わせてしまいました。
決して忠誠を誓ったわけではありません。

いきなり生・渡邉選手じゃん!スタジアム内に入ると、
ドラゴンズの選手が
打撃練習を行っていました。
投手陣は、外野での練習。
打っている選手は誰かと思いきや、
我らが渡邉選手ではないですか。
食事そっちのけで見入ってしまいました。
しかし渡邉選手、ゲームには出てきませんでした。

今江に里崎、ともにスタメン落ちでした。この日は、最大風速14メートルという
かなりの強風に見舞われました。
ドラゴンズも試合前の守備練習で、
長嶋コーチがフライをいくつかあげて
流れを確認していましたが、
地の利があるとはいえ、マリーンズの選手も
しっかりと確認をしています。

根元って誰?大松って誰?両チームのスタメン
発表になりました。
ドラゴンズの方は、
前日とほぼ同じでしたが、
驚いたのは、マリーンズのほう。
前日サヨナラ打を放った今江選手、
同じく4番でこの日30歳の誕生日の里崎選手、
ともにスタメン落ちとなりました。
毎度ながらこの辺が、ある意味スゴイなと思います。

パオロンとチアドラです☆この日、名古屋から
ドアラシャオロンパオロン
そしてチアドラ選抜4名が千葉マリンへ。
応援にを添えてくれました。
4人でしたが、よく頑張ってくれました。
これはレフトスタンドへ向かう途中です。

やっぱレフドラが一番!こちらは、熱い関東レフドラのみなさん。
土日とあって、他の地方からの遠征も
あったようですね。
ただ試合があのような展開だったので、
点が入ったときの「燃えドラ」や、
「狙い撃ち」は1回も披露できませんでした。

みんなでDANCING!試合前、マリーンズ
ドラゴンズのマスコット、
そしてM☆SPLASHチアドラ選抜合体での
華やかなダンスパフォーマンス。
ノリのいい楽しい音楽で踊りまくり、
とても鮮やかなオープニングでした。

ライガー、ちっちゃくてゴメンね。この日は新日本プロレスデー
ということで、始球式を務めたのが、
獣神サンダー・ライガー
マントを着けて、ブルペンカーに乗って登場。
ライガー選手、サウスポーだったんですね。
掌底の様な投げ方でしたが、ナイスピッチでした。

ホームベースから芽が出たりして?風速が常に10メートル以上の
強風とあって、イニングの途中には
何度もが撒かれていました。
それでも砂煙が舞ってしまいます。
投手も野手もかなりやりにくかったのでは。


『モナ王』も進化しました!かなりの日差しで暑くなってきたので、
恒例のアイスタイム。
今年もロッテ『モナ王』を。
しかしパッケージがマリーンズ仕様
変わっていました。
ただこの日の強風で、
イスの下に捨てておいたこの包みが
飛ばされてしまったことは、決して自分の口からは...。

また0-5かよ....。試合は、ドラゴンズの打線に覇気がなく、
千葉ロッテ・清水直行投手の前に
完封負けを喫してしまう有り様。
守備にも乱れがでるなど、いいところがなく、
0-5で敗戦となりました。

ケンタ、次回も頼むぞ!試合後のバスに向かう選手から
好投した朝倉投手をフィーチャー。
7回を6安打3失点と、先発の仕事は
しっかりと果たしましたが、
打線の援護がなく、今季初黒星
次回は勝ってほしいですね。
そのあとには、中田投手岩瀬投手
野手も谷繁選手英智選手など続々来ましたが、
敗戦とあって、いくぶん表情も暗かったです。

監督、明日は頼みますよ!最後に現れたのは、落合監督
一部のファンから、
選手やコーチに
「3試合で2点しか
取れないじゃないか!」
などと
厳しいヤジも飛んでいましたが、
落合監督には、
「落合、ドラゴンズの4番、打ってくれよ」との言葉が。
思わずそう来たかと、ちょっとニヤリ。

シャオロンがやって来た!選手のバスが行ってしまい、
帰ろうかなと思ったら、正面ステージに
ドアラシャオロンらが登場。
その後、ステージから飛び出し、
写真サービスやサイン会などで、
まわりがごった返してしまいました。

ビジタードアラ大人気!もみくちゃ!!そのなかで一番人気だったのが、
やはりドアラ
ファンにしっかりサインをするなど、
しっかりサービスをしていたのには
とても頭が下がりました。
ちなみに脇に居る方は、
『公式ブログ』などでおなじみの石黒広報さんです。

これがお土産です。ボビーのCHA-CHAダンスは見ずに
マリンスタジアムを後にしました。
帰りはJR京葉線が、強風の影響で
遅れがでてしまい、ひと苦労しました。
ちなみにこれが、この日の収穫品。
70周年記念カンフーバット
セ・パ交流戦の公式プログラムをゲット。
それ以上にいただいたのが、紫外線!
顔や腕が真っ赤になり、
炎症を起こしてしまいました。
いまだに痛くて、ヒリヒリしています...。

<ST・観戦試合一覧(備忘用)>
2004.9.26  対横浜(横浜) 3-0  ○落合英二 S岩瀬
2004.9.30  対ヤクルト(神宮) 3-5  小笠原 ●岡本
2004.10.24 対西武(ナゴヤドーム) 2-4 ●山本昌
2005.5.21  対千葉ロッテ(千葉マリン) 3-4x 山井 ●岡本
2005.7.3  対ヤクルト(神宮) 2-5  ●野口
2005.8.7  対横浜(横浜) 7-6 野口 ○平井 Sチェン
2005.10.1  対広島(ナゴヤドーム) 6-3 石井 ○中里 S岩瀬
2005.10.6  対ヤクルト(神宮) 0-5 ●佐藤充
2006.5.20  対千葉ロッテ(千葉マリン) 0-5 ●朝倉
(左から先発投手、責任投手、セーブ投手)

今季初の生観戦は、
惜しくも黒星スタートとなりました。
出来れば今季は勝ち越したいです。
次回は、6月3日を予定しています。

2006年1月 1日 (日)

2006年、今年もよろしく。

あけましておめでとうございます。
新年あけましておめでとうございます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。
今年も引き続きご愛読くださいますよう
お願い申しあげます。

2006年 元旦
Stadio Toshinao

(デザインは『年賀状・ポストカードダウンロード
INDIVIDUAL LOCKER
』より)


みなさん、あけましておめでとうございます
お正月をいかがお過ごしでしょうか。
自分は、昼から恒例の明治神宮への初詣。
人出は多かったですが、結構流れがよく
順調にお参りをすることができました。

ドラゴンズ日本一も祈願するとともに
今年は、『必勝御守』なるものを購入しました。
御利益があれと期待しています。

そのあと原宿をぶらっと回ってきましたが、
だいぶ様変わりしてしまい驚きましたね。
こんな感じの典型的な日本人のパターン
やって来た2006年の初日を過ごしています。

大晦日のPRIDE男祭りは
吉田秀彦小川直也を破り、
紅白は、白組が勝ちました。
ニューイヤー駅伝では、コニカミノルタが連覇。
天皇杯は、25年ぶりに
浦和レッズが制したそうですね。
時間がなくて、すべてちょっとかじった程度。
ただ紅白は、DVDに録ったので後で見ようと思います。

そして明日、明後日は、
自分の正月一番の楽しみでもある箱根駅伝
今年は東海大が強く、駒大5連覇を阻む勢い。
ただ日大、中央、日体大もいいランナーがいるので
天気はよくないかもしれませんが、楽しみです。
朝7時からTVでしっかり観たいと思っています。


そんな感じの正月ですが、
STは、今年も自分なりのペース
頑張って行きたいと思っています。
昨年培った『中日ドラゴンズ応援ブログ』の色を
より強めて、楽しくやっていきたいです。

現在考えているのが、ブログのタイトル変更
『Dragons』『ST』を合わせたような
タイトルにしたいなと思っています。
他はまだ何もないですが、
10月にドラゴンズの日本一の記事が
書ければうれしいですね。
そうなることを願っています。

本日は、新年の挨拶のみですみません。
STを本年もよろしくお願いします!

2005年11月23日 (水)

2005年のオレ竜ドラゴンズ回顧。

遅くなりました。『Party?Party!@neppie.com』
NEPPIEさんから
お願いされていたTB企画、
「2005年のオレ竜ドラゴンズ回顧」

『2005年、
惜しくも連覇ならなかった
中日ドラゴンズ
来シーズンこそリーグ優勝、
日本一を期す為にも、
今季を明るく振り返っておこう!
という企画とのこと。

自分の苦手とするのが、振り返ること
やろうやろうと思っているうちに、
ついに、11月23日の締め切り日になってしまいました。
なんか夏休みの宿題のようにギリギリな上に、
大したことを書けませんでしたが、とりあえず答えました。
それではどうぞ!


◇2005年のオレ竜ドラゴンズ回顧◇

【お題】
1.今年活躍したと思うドラゴンズの投手(3名まで)

岩瀬投手

【理由】守護神として、1年間フルに投げ抜き、
セーブ日本記録を作るなど、文句なしの成績。

中田投手

【理由】新人離れした、冷静でクレバーな投球で
後半戦は新人連勝記録を作るなど、エース並の活躍。

鈴木投手

【理由】ルーキーながら、後半戦は連日のように登板。
肩に違和感を感じながらも、投げ抜きました。

2.今年活躍したと思うドラゴンズの野手(3名まで)

井端選手

【理由】選手会長としてチームを引っ張り、
打率.323、得点圏打率.408と勝負強さを見せ、
守備でも広い守備範囲で安定感抜群。
優勝していたら、MVPだったと思います。

福留選手

【理由】開幕当初は、かなり出遅れたものの、
夏場に活躍、特に横浜戦に強かったです。
終盤は首位打者も取れるかの勢いでしたが、残念。
守備は文句なしの鉄壁、強肩でした。
来季は打撃フォームを改造、さらに飛躍を。

荒木選手

【理由】打率こそ落ちましたが、
今季のセ・リーグのセカンドではナンバーワンでしょう。
井端選手との二遊間は今季も健在でした。
来季は出塁率をさらに上げてほしいです。

3.今年印象に残ったドラゴンズの試合(3試合まで)

これが一番苦労しました。
146試合全ての中から3つだけというのは、
正直、大変な作業でした。
とりあえず感動したと言う点から3試合を上げると、

対阪神 6回戦
(4月28日・甲子園球場)
 D 000 010 440 = 9
 T 003 311 000 = 8
[勝] 平井(2勝1敗1S)
[S] 岩瀬(1勝8S)
[D本] ウッズ7号3ラン

7点差という完全な負け試合を
信じられない粘りで逆転。
ウッズ選手久保田投手から奇跡の逆転3ラン
敵地・甲子園で阪神に、当時はとてつもない
ダメージを食らわせた1勝となりました。

対巨人 10回戦
(7月13日・札幌ドーム)
 D 003 020 250 = 12
 G 100 000 010 = 2
[勝] 川上(8勝3敗)
[D本] ウッズ19号2ラン 福留13号2ラン

札幌ドームでドラゴンズ打線が大爆発
立浪選手1打点、ウッズ選手2打点、
福留選手3打点、そして井上選手が2打点、
さらに川相選手3点タイムリーツーベース
クリーンアップに打点が付き、
繋いで繋いで、主軸がしっかりかえす。
スゴさに笑いが止まりませんでした。

 

対横浜 10回戦
(8月5日・横浜スタジアム)
 D 100 003 005 = 9
 B 022 001 002 = 7
[勝] 落合英二(2勝1敗)
[S]岩瀬(1勝1敗30S)
[D本] 福留17号満塁

決して勝負を諦めなかった打線の粘り。
敗戦濃厚のムードの最終回からの5点。
英智選手の頭から飛び込んだスライディングと、
さらにこの日3安打しているのも関わらず、
前のウッズ選手が敬遠され、
迎えた福留選手クルーン投手から怒りの満塁弾
レフトポール際に入ったときは感動しました。

こう見ると全てビジターゲーム
自分が関東のドラゴンズファンだからと
いうこともあるのでしょうか?
この3つ以外の次点としては、
劇的なアレックス選手サヨナラ満塁弾!
開幕戦からスゴい劇的な幕切れで、
思わず絶叫してしまった対横浜1回戦
(4月1日・ナゴヤドーム)

交流戦のなかでは、アレックス選手
29試合ぶりの逆転3ランなどで一挙7点
あわや完封という一方的な負けムードを
一気にひっくり返した対日本ハム最終戦
(6月5日・ナゴヤドーム)

自分の観戦試合のなかでは、
中里投手復活登板とプロ初勝利、
そして岩瀬投手セーブ日本記録達成
ダブルの感動をもらった対広島21回戦
(10月1日・ナゴヤドーム)

以上のゲームが印象に残っています。

4.今年もう少し頑張って欲しかった
ドラゴンズの選手(3名まで)

立浪選手

【理由】二塁打新記録や球団最多安打などの記録は
達成しましたが、正直「迷走」の1年だったと思います。
来季は、奮起してミスターらしさを見せてもらいたい。

ドミンゴ投手

【理由】昨年10勝した投手が、肩・ひじ痛
ほとんど1年を棒に振ってしまいました。
来季は必ず復活してもらいたいです。

岡本投手

【理由】10勝もしていたことをすっかり忘れてしまいました。
終盤の背筋痛での離脱はとても大きかったです。

5.来年の活躍を期待している
ドラゴンズの選手(3名まで)

中里投手

【理由】来季から背番号が「18」に。
ボール自体は、ケタ違いのモノを持っていると思います。
1年通じて登板して、文字通りの復活を証明し、
先発での勝利を期待しています。

デニー友利投手

【理由】別に受け狙いではなく、
せっかく来てくれたからには、
頑張ってもらいたいなと本気で思っています。
さすがにドラゴンズでは「ピッチャーデニー」
それほどないかもしれませんが、
持っている力を発揮してもらいたいです。

渡邉選手

【理由】STは、渡邉選手応援ブログですから、
やはり渡邉選手は、外せません。
交流戦の時の準備不足など、今季の反省点
しっかり生かして、来季は打率を上げてもらいたいです。
そしてゴールデングラブ賞の奪回も期待です。

6.ドラゴンズ関連の
新語・流行語大賞ノミネート用語(3つまで)

落合監督の語録から
あえて3つあげるとすると、

『近づくなって。風邪がうつるぞ。』
『勝負は8月。』
『オレは井端に人形をもらって帰るだけだ。』

次点としては、英智選手
『天井に当たった場合を予想して準備してました。』を。

7.ドラゴンズ系ブログの中で
印象に残ってるエントリー(3つまで)

正直書くより、読む方が楽しいです。
ドラゴンズファンがそれぞれの視点で
しっかり書かれていますから、
エントリー単位だと選べません。

8.ドラゴンズ以外で、
今年表彰したい選手・チーム(1人・1チーム)

<選手> 門倉投手 (横浜)

【理由】12球団(近鉄除く) すべてからの勝利を達成したり、
最多奪三振のタイトルなど、けっこう頑張ったと思います。
牛島監督のアドバイスも効果てきめんだったようですね。
敵ながら、あの人の良さそうな顔がとても憎めません。

<チーム>  福岡ソフトバンクホークス

【理由】89勝もしたにも関わらず、
千葉ロッテにおいしいところを
全て持って行かれてしまい、
あまり評価されないのはかわいそう。
ルールだから仕方ありませんが、
とても強いチームだったと思います。
城島選手が抜ける来季は
かなりキツイでしょうが、頑張ってください。

9.今年のドラゴンズに一言

1シーズンお疲れ様でした。
連覇が出来なかったのが、とても残念でした。
ただ優勝する上で足りない部分
わかったのではと思います。

10.来年のドラゴンズに一言

来季は、球団創立70周年の記念イヤー。
今季の反省点をしっかり生かして、
来季こそはV奪回、そして日本一になって下さい。
自分もしっかり応援したいと思います。


NEPPIEさん、大変遅くなってすみませんでした。
締め切りが今日までなので、
テンプレのコピペは省略します。
来季はしっかり回顧できるよう、
試合を覚えていたいと思います。

そして最後まで読んで下さった方に感謝します。
どうもありがとうございました!

2005年11月 5日 (土)

二択バトンにチャレンジ?

これは世界一のバント!あの『二択バトン』が
STに回って来ました。
回してくださったのは、
弟子?のみんこさん。
「思いっきり拒否られそう、
そしてぶっ飛ばされそう」と
汗って?いるので、
今回は、弟子の願いを叶えてあげようかと思います。
何日か前に出来上がっていたのですが、
タイミングを逃してしまいました。
STに合うように少し小細工をしたので、
お気に召すかどうか、とりあえずチャレンジします。


★二択バトン★

質問にどちらか答えるだけの簡単ルールです。

Q1)どっちが好き?
「東京」or「大阪」

東京

東京生まれのさいたま育ちなので。
近い方に親近感が沸くものです。
それと関西弁の響きになじめそうにないし、
テレビとかも阪神ばかりの様な気がするので。


Q2)どっちが好き?
「北海道」or「沖縄」

北海道

どちらも良いのですが、
沖縄は日差しが強すぎて、痛くなりそうだから。
肌が弱いもので、すぐ腫れてしまいます。
今年の夏もきつかったです。


Q3)久しぶりの再会。してほしいのはどっち?
「ギュっと抱きしめて頭ナデナデ」
or「優しくスマイル、そっとキス」


苦しいぞ、みのる。とりあえず
「ギュ」の方。
ただとギュっ抱きしめられたら、
←の小橋建太のように、
そのまま相手 (鈴木みのる) に
スリーパーで落とされてしまうかも?


Q4)浮気現場を目撃!!殺すなら?
「恋人」or「浮気相手」

目撃しても、殺すことはできません。
そんな理由で捕まるのは、納得いかないから。
「恋人」をぶん殴って、
「浮気相手」に殴り返されるかも?


Q5)どちらの人生を歩みたい?
「破滅が常につきまとう短命タイプ」
or「保留しながらも長い人生」

保留しながらも長い人生

人生は長い方がいいですから、
破滅が常につきまとうなんてカンベンしてほしい。


Q6)どちらかというと?
「S」or「M」

自分は「L」ですね。
...ってサイズを聞いてるんじゃないの?
すみません、お約束的なボケをかましました。
マジメに答えましょう。
「S」=スワローズ、「M」=マリーンズ。
今はマリーンズの方が好きなので、「M」


Q7)生まれ変わるなら?
「男」or「女」

どちらでもいいですが、
強いて上げれば「男」ですか。
でもいきなりアリとかに生まれ変わったらどうしよう?
「男」とか「女」とか言っていられないし。


Q8)好きな人の前で猛烈に太ももがかゆい
「かく」or「かかない…」

かく

太ももでしょ? 素直にかきますよ。


Q9)さぁ~一緒に行こうと言われたら?
「昔好きだった人」
or「知らないけどイケてる人」

昔好きだった人

イケてようがなんだろうが、
知らない人とは行けないですよ。
ただ「昔好きだった人」が、
自分のことを知らなかったら、キツイかも?
それにどこへ行くんでしょうね。


Q10)付き合うなら?
「年上の落ち着いた人」or「年下の甘えっ子」

年下の甘えっ子


昔は「年上」がよかったですが、
今の年齢になると「年上」は、
もはやオバケのように
スゴイことになるので。
黄色いのは、O次郎。ちなみに←はオバQ
今回は「年下」で。
ただ甘えすぎると、うっとうしいので、
適度にお願いしたいです。


Q11)告白後OKされたら?
「抱きつく」or「キスをする」

哀れ、泉田....。どちらか選べば、「抱きつく」
キスしてしまうと
ひっぱたかれて、ダメになりそう。
「調子に乗ってんじゃねえぞアホ!」と
相手 (下田美馬) に激怒されて、
泉田純のように、
イス攻撃を喰らうかも?


Q12)必要なのは?
「己を磨く向上心」or「人を思いやる優しさ」

己を磨く向上心

まずは己を磨かないと、と思っている自分は、
よく「優しさのかけらもない」と言われます。


Q13)カレーに入ってなくて嫌なのは?
「じゃがいも」or「にんじん」

「肉」! それも豚肉!

すみません。興奮しました。
カレーライスは大好物なもので。
「にんじん」や「じゃがいも」よりも「豚肉」でしょう。


Q14)告白されて困るのは?
「親友と思っていた人」or「親友の恋人」

親友と思っていた人

異性の「親友」って考えにくいですよね。
「友達と思っていた人」ならまだしも。
自分はホモやゲイではないので、
同性に告白されても困ります。


Q15)地球最後の日。逢えるなら?
「親友」or「恋人」

恋人

野郎とあっても、面白くないから。


Q16)死ぬ前に一言。
「何でも可」

「お前のおかげでいい人生だった。」

...と必ず言うからと唄っていたのは、さだまさし
意識が無くて、何も言えないと思います。


Q17)どちらかとしか付き合えません
「自分の事を好いていない想い人」
or「自分の事が大好きなデニーズの店員」

自分の事が大好きなデニーズの店員

これはイメージです。好いていない人に
好かれるのは、タイヘン。
相手が自分のことを好きな方が
正直、楽ですから。
ちなみにデニーズの店員は、
↑のような人でしょうか?
あまりファミレスには行かないので、
よくわからないのですが。


Q18)Hするならどっち?
「相手の家」or「ホテル」


けっこう名曲!?「H」したのは「ホテル」
島津ゆたかさんのHIT曲です。
ちなみにジャケットは←のようです。
...って「H」はヒットじゃないの?
野球ファンは「H」はヒット、
「E」は、エラーですよね。


Q19)大人と感じる飲み物は?
「ビール」or「ブラックコーヒー」

ビール

ブラックコーヒーは、苦いのを我慢すれば、
未成年だって飲めますから。
ちなみに自分は、コーヒーを飲むと
おなかが下ってしまうので、ティー派です。


Q20)このバトンを渡すのは?

このバトンは、自分からは渡せないですね。
繋ぎたい方がもしいましたら、
トラックバックでも打ってください。
とりあえず読んで下さって、ありがとうございました。

PS みんこさん、これを読んで
「弟子をやめます」なんて言わないでね。

2005年10月23日 (日)

Dragons Baton「今季総括、来季展望 」?

あまるな!さん、ありがとう!このところ
ドラゴンズファン
ブログで目にすることが
多くなっている
一種の「Dragons Baton」
『今季総括、来季展望 17Q』
わがSTにもついに回ってきました。
他のチームがまだ戦っているのに、
今季を総括するのが、正直寂しいですが、
日本シリーズで盛り上がっている?
この時期に敢えてチャレンジするこのバトン。
楽しく答えさせていただきます。

◇質問配布元は、kuunnさんの 『今季総括、来季展望 kuunn's 17Q』です。 答えられる方は、こちらから!

☆今季総括、来季展望 kuunn's 17Q☆

<今季のドラゴンズについてです>

Q1. ドラゴンズに足りなかったものは何?

   勝ち星。

Q2. 2位という成績を素直にどう思う?

   2位という順位は、1位の次に好きなので、
   仕方ないかなと、今は納得しています。

Q3. ドラゴンズでMVPをあげるとすれば誰?
   (理由もお願いします)

   井端選手

理由:選手会長として、チームを引っ張り
   終了間際までは、キツいショートでフルイニング出場。
   さらに得点圏打率.408、及び打率.323は評価出来ると思います。

Q4. 今季新加入をしたドラ選手の中で
   新人王をあげるならば誰?(理由も)

   中田投手

理由:後半戦のローテーションを支えたことから。
   シーズン当初では、考えられなかった後半の安定感でした。

Q5. この一年間で『成長したな』と思う選手は?
   (ルーキー以外、理由も)

   森野選手

理由:4月の快進撃は下位打線の活躍から。
   スタメンで起用されよくやったと思います。
   交流戦で調子を崩しましたが、
   何とか1年間、1軍にいられたのも大きいです。
   来季はもうワンステップ成長を期待します。

<交流戦についてです>

Q6. 今年から始まった交流戦はどうでしたか?

   パ・リーグの選手を覚えるいい機会になりました。
   ただドラゴンズが負け続けたので面白くはなかったです。

Q7. ドラゴンズが交流戦で勝てなかった理由は何?

   「5割でいいんだ。」と言った監督の責任。
   そんな中途半端な事を言ってしまうと勝てません。
   さらにウッズ選手が10試合抜けたことと、
   初戦の相手が地味なオリックスだったうえに
   雨なのに強行され、リズムが狂ったこと。

Q8. 実際に戦ってみて
   一番強いと感じたチームはどこ?(パ・リーグ限定)

   千葉ロッテマリーンズ。

理由:パ・リーグの優勝チームですし、
    ナゴヤドームで3連敗を喰らったくらいですから。
    ただ相手にはかなりの勢いがあったのも確か。

Q9. 楽天に唯一負け越したドラゴンズですが、
   楽天を見てどう思った?

   ドラゴンズに対しては、よくやったと思います。
   あの戦力ですから、1年目は仕方ないでしょう。
   100敗しなくてよかったです。

Q10. 来年の交流戦は勝てますか?

   やってみなくてはわかりませんが、
   1つは必ず勝てますよ。
   ただパ・リーグアレルギーは
   解消されていない気も、多少はします。

<来季に向けて>

Q11. さ、もう今年は忘れて気持ちは来年へ。
   あなた流開幕スタメンをどうぞ!

   「来年の事を言うと鬼が笑う」といいますが、質問なので。
   とりあえずQ14までは、ドラフトもトレードなど
   新戦力が固まっていないので、現有戦力のみで考えると、

   荒木-井端-福留-ウッズ-立浪
   -アレックス-井上-谷繁-中里

   来季の開幕戦は、ナゴヤドームで阪神ではなく、
   広島になってしまったので、先発は黒田投手
   となるとやはり「春男」の井上選手を起用。
   中里投手は、今季の最後が中里投手だったから。
   昨季の川崎憲次郎さんといい、
   少し奇をてらった方が優勝しそうな気が?

Q12. 来季の代打要員、代走要員、守備要員は?

   代打:渡邉、高橋光信、森野、井上、川相昌弘、森岡
   代走:英智、澤井
   守備:渡邉、川相昌弘、英智、柳沢

   渡邉選手は、外せません。
   第2捕手はやはり柳沢捕手、他では、森岡選手にも期待。
   話は多少違いますが、、渡邉選手「邉」の字は
   下が「方」ではなく、「口」なのでどうぞよろしく!

Q13. 先発ローテーション投手は?(6人)
   
   右:川上、ドミンゴ、中田、中里か佐藤
   左:山本昌、新戦力

   ドミンゴ投手の復活に期待しています。
   昌さんは6番目になると思いますが、左投手が浮かびません。
   本当は、野口投手を入れたいのですが。

Q14. 中継ぎ、セットアッパー、抑えをどうぞ
   
   中継ぎ:鈴木、落合英二、朝倉、久本、石井
   セットアッパー:高橋聡文、山井、平井
   抑え:岡本、岩瀬

   こんなことを言うと鉄腕・岩瀬ファンに怒られますが、
   なんとなくケガ等で出遅れるような気が?
   となると岡本投手にやってもらうしかないと。

Q15. 来季のドラゴンズへひとこと

   必ず、日本一になって下さい!
   ドラゴンズファンとして、しっかり応援していきます。

Q16. この質問を回したい人は誰ですか?(5人)
   
   バトンをもらうのは構わないのですが、
   渡すの苦手なんですよ。
   これでも小心者ですから(笑
   それでもこの方々の回答が知りたいなと思ったので、
   5人選ばせていただきますと、、
   MegaDraさん、あまるな!さん、ドラゴンズブルーさん
   daiさん、そしてdoracoさん。
   よろしかったら、お暇な時にご協力ください。  
   (★10月28日で、バトン5本とも返答をいただきました。
   誠にありがとうございました。)

Q17. この質問をやってみた感想をどうぞ

   来季の展望の方が、正直、困りました。
   即戦力が入れば、布陣は一気に変わりますから。
   どちらにしても、来季は優勝してほしいです。


こんな感じでよろしいでしょうか?
トラックバックでも頂けたらうれしいです。

2005年10月 7日 (金)

行ったぞ、神宮最終戦2005。

夜の神宮です!10月6日木曜日、
神宮球場へ行きました。
3日前にチケットを取ったのですが、
ただ前2日間が雨の中の開催となり、
今日も危ないかな?と思っていました。
ただ午前中で雨が止み、なんとか傘無しで見られることに。

神宮での最終戦観戦は、1989年10月17日以来。
あの時もやはり雨で、西本聖投手が
単独最多勝となる21勝目を狙った試合だったのですが、
あの長嶋一茂選手に満塁から
走者一掃のツーベースを浴び、敗戦。
試合終了後に若松選手の引退セレモニーがありました。
なんと16年ぶりとなる神宮最終戦
今回もいくつかの写真とともに振り返ります。

神宮球場に着いたのは、午後6時40分。
場内アナウンスで「4番・ラミレス」のアナウンスが。
ということは、まだ初回。
三者凡退でないということは、
きっと青木選手
最多安打のリーグ新記録は出ちゃったよなぁ。
そんなことを考えながら、球場内に入りました。


もう3-0かよ、頑張れKABA.ちゃん。入ったら、すでに2-0
さらにタイムリーで3-0
青木選手もレフトへヒットを打った模様。
いきなり着いての3点のビハインド
ややキツイものがありました。

空腹だったので、とりあえず売店に戻り、
焼きそばを買って、再び外野スタンドへ。
自分の席は、
「外野指定、レフト側O1列の10番」。
どこだか分からず、係員さんにたずねることに。

T(自分)「すみません、この席はどこですか?」
K(係員)「この列の一番前です。」
T「えっ.....!?」


誰もいないじゃん!?この列ということで見ると、
そこはなんと空席
ブルーの指定席のエリアはガラガラ
はっきりいって誰もいません!
ただでさえ、肌寒いのにたった1人きりの
観戦は正直はずかしい。仕方がないので、

T「この辺なら好きなところに座っていいですよね?」
K「ええ、まぁ、別に構わないですよ。」

1列目だとどうしても、金網がジャマになり、
試合に集中ができないので、
グラウンドとフラットになるその列の最上段
とりあえず座りました。
結局、自分のエリアはその後、
2人組の女性が最前列に座ったのみでした。

しょっぱい焼きそばを食べ終え、
コーラを飲みながら、観戦していると
少しずつ肌寒くなってきました。
今回は恥ずかしくて着られないと思っていた
「背番号5」のビジターユニがここで防寒着に。
ただYシャツの上に着たので、
なんか新人選手の入団会見のような
変な格好になってしまいました。


レフドラは熱かった!!試合は、3回ウラのラミレス選手
レフトへのホームランと
5回の三木選手のタイムリーで
さらにヤクルト5-0とリード。
ただ自由席のレフドラ軍団は、
攻撃時はオールスタンディングでの応援!
涼しくなったにも関わらず、やはり熱いです。


仲良くキャッチボール!どちらかというと、
センターバックスクリーン左に陣取っていたので、
アレックス選手がよく見えました。
これはイニング間の福留選手との
キャッチボールのシーンです。
レフトの中村公治選手は、落ち着かないのか?
やたらとスコアボードの映像を見ていましたね。


こんなちょっとじゃないよ!これは一部。7回表「燃えよドラゴンズ」の合唱とともに
レフトスタンドにゴム風船が上がりました。
風船が上がるのは正直、初めてみました。
実際はこの写真の数倍の風船が空に上がっています。
今夜は、ドラゴンズ打線底冷えだったので、
結局「燃えドラ」は歌わずじまい。
その辺は少々、残念でした。


出てくれてよかった!7回ウラから、ファーストの守備に
我らが渡邉選手の登場です!
レフドラの応援団からの
「頑張れ、頑張れ、渡邉!」
とてもうれしかったですね。
しばらくは渡邉選手の動きを追っていました。
青木選手が盗塁したあと
しっかり一塁ベースまわりを
足で慣らしていたのが、印象に残りました。


Copland師匠、感謝です!そして5-0で迎えた最終回のレフトスタンド。
ちなみに赤く丸で囲んであるのが、自分です。
ブルペン方面で観戦されていた
Copland師匠から頂きました。
それまでチャンステーマさえ出せなかった
レフドラが最後の最後にやってくれました!
普段の「GoGo!○○」のチャンステーマから
あの旧川又テーマ「打って打って打ちまくれ」
そして「狙い撃ち」3曲合体メドレー
特に東京ドーム限定と思われた、
「打って打って打ちまくれ」が生で歌えたのは
正直、うれしかったです。
しかし、それも及ばず、結局完封負け
最後の打者は渡邉選手
惜しくも一塁ファウルフライでした。


また負けた.....。試合終了後、すぐさまレフトポール際へ移動!
クラブハウスへ戻る選手をぜひ見ようと
走って行ったのですが、間に合わず
上手い写真は1枚も撮れませんでした。
ただ落合監督が帽子をとって、
おじぎをしたのには感動しました。


暗すぎてゴメンネ!ただこれからが最終戦ならではの風景。
場内は真っ暗になりそうにもかかわらず、
ヤクルト応援団とのエールの交換
ライトスタンドから井端選手のファンファーレが
なったときは、正直、オオッと感動しました。
レフドラからは「お疲れお疲れ、若松」
「頑張れ、頑張れ、古田」などを返しました。
写真では真っ暗で何がなんだか
わからなくてすみません。
そんな風景のなか、終電の関係もあるので、
エール交換の途中で神宮を後にしました。


来季はもっと観に行こう!今季の観戦成績は、2勝3敗
結局、負け越してしまいました。
ナゴヤドームのゲームが感動的だったために、
肌寒いうえに、完封負けに終わった
今回の神宮はやや不満足さが残りました。
ただ、やはり生観戦は、いいですね。
来季は、もっと暑い季節神宮ハマスタ
熱くドラゴンズを応援しようと思いました。

2005年10月 3日 (月)

行ったぞ!ナゴヤドーム観戦記2005。

ナゴドだよーん!10月1日土曜日、
ナゴヤドームへ行きました。
8月にチケットを買った時点では、
この辺がVデーではと
思っていましたが、思わぬ展開に。
しかし、今季初の名古屋上陸
ハリキリすぎて、デジカメは持ってきたものの、
電池が入っていなくて使えずじまい。
結局、ケータイ「写ルンです」で撮影。
隠していたわけではなく、
「観戦に行きます!」と書くのが苦手なので、
やや秘密めいてしまいましたが、
あまりきれいでない写真とともに、
久々の「観戦記」といきたいと思います。

赤サンタ、安仁屋コーチ!のぞみに乗って、
午前10時半に名古屋へ到着。
夜遅くなりそうだったので、
先にホテルに荷物を
預けようとしていたら、ホテル前に人だかり
誰かの結婚式なのかと思いながら、
受付をしていたら、自分の後ろを
何と赤い帽子とユニフォームの人々が!
広島選手宿舎だったようです。
慌てて外に出たら、選手はバスの中。
かろうじて出待ちファンに「一球入魂」
サインしていた安仁屋コーチを激写!

前から写すと鼻の穴!ひつまぶしを食べ、ナゴヤドームに
午後2時頃到着。
中に入ると、内野指定B席は、
ブルーではなく、エメラルドのシート。
早速、グラウンドを眺めていると、
そこにシャオロンの姿が!
ケータイで撮影しましたが、ちょっと近すぎましたね。

ドラゴンズ、練習中です!グラウンドはこんな感じ。
この人工芝は来年は変わるそうなので、
見られてよかったです。
ただ芝はキレイなのですが、スコアボードの
ビジョンがだいぶ汚れていましたね。
白がバックになるとややきつかったです。
シーズンオフにはお掃除を!

左から森野、荒木、英智。広島の守備練習を眺める、
左から、森野、荒木、そして英智選手
ネットの向こうから、
熱心なちびっ子ファンが
「あらきさーん、ボールくださーい!」との声に
「ゴメン、今ボールがないんだよォ。」と答えてました。

バニラ味でした。午後3時に試合開始!
のどが渇いたので、恒例のアイスタイム
買っている間に石井投手
打たれて2点を失いました。
しっかり応援していなくて、すみません。
そして「アイスクリーム300円」で出てきたのが、
カップのレディボーデン
モナカあたりを考えていたので驚き。
いやぁ、ナゴドは、とてもゴージャスです。

中里だあ!2-1で迎えた6回表、
2番手で登板してきたのが、あの中里投手
ナゴドの歓声が一気にヒートアップ!
見事に三者凡退に抑えると、
ますますボルテージが上がっていきました。
写真が暗くなっているのは、
別にスポットライトが当たったのではなく、
単に「写ルンです」のフラッシュが弱いから。

CHARGE盆踊りバージョン!7回、8回とドラゴンズ打線
一気呵成に攻めて行きます。
ピッチャーが代わるときに流れる
「CHARGE」を初体験!
バットを叩いて、「チャーーージ!」
叫んでしまいました。

最後は、岩瀬投手がセーブの
日本新記録を達成してのゲームセット。
今季の観戦成績が、
ようやく2勝2敗のタイになりました。
これは中里投手のインタビュー。
感動させてくれてありがとう!
地元・埼玉出身ですから、
これからも応援していこうと思います。
岩瀬投手の時は、フィルムがなくなり写せず...。

次の日は勝ちました。夜は「世界のやまちゃん」
幻の手羽先を食べました。
11時半にホテルに戻ると、
部屋は10階とのこと。
カープのトラックも帰ってきていたし、
選手もいるんだろうと思いながら、
エレベーターを出ると、ホワイトボードにこれが!
何の組み分けか分かりませんが、
必勝の文字がよかったですね。
部屋の入り口には、バットやスパイクも。
今まではカープはそれほど
ひいきじゃなかったのですが、
これからはちょっと応援しようと思いました。

ナナちゃん、デケえ!翌日は、午前中に
名古屋駅の地下街を散策。
「ユニモール」だ、「テルミナ」だ
「ナゴチカ」だとかいっぱいあるんですね。
そう言えばとふと思い出し、
地上に上がって、名鉄の
ナナちゃんのところまで歩いていきました。
優勝していれば、ドラゴンズユニだったかも?

お土産だよーん!今回のお土産は、
「シャオロンパペット」「ガイドブック」
そして「ヘルメットの鈴のストラップ」
さらに何にもまして、「中日スポーツ」
100円でこの情報量、うらやましかったです。
まぁ4コマは「トーチュウ」の方が面白いですが。

次回は、10月6日の神宮球場を予定。
定時後なので、試合開始から見られませんが、
寒い中、熱く応援したいと思っています。

2005年8月12日 (金)

STサマーモード2005。

おかげさまで今年も夏休み
もらえることになりました。
誠に恐縮ですが、実は12日から15日まで
南国に遠征することになっていて、
STサマーモードとさせて頂きます。
記事のUPをケータイから行うので、
文字数の関係でゲームレポートができません。
とりあえずは感想のみのUPで、
後日、ドラゴンズのゲームレポートを
追記したいと思っています。すみません。

できれば感想記事にトラックバックでも
打って頂けるとゲームの状況がわかって
とてもありがたいですので、よろしくお願い致します。

ドラゴンズは、今夜から広島でカープと3連戦。
首位奪還への足がかりとしてもらいたいですね。
昨年の夏休み期間は神宮で大逆転勝利がありました。
今年も広島で打線が爆発してほしいです。


PS 「ST Question」投票結果。
Q2.「あなたが考えるドラゴンズ『第6の先発』は?」

ドミンゴ・グスマン(33%)
チェン・ウェイン(27%)
山井大介 (24%)
小林正人 (3%)
鈴木義広、長峰昌司、川井進 (3%)
小笠原孝 (1%)
久本祐一、川岸強 (0%)
Total: 154 votes

☆たくさんの方にお答え頂きありがとうございました。
やはりドミンゴには戻ってきてほしいですよね。
ただ右肩はよくなりつつもヒジに違和感。
ちょっと長引きそうです。
チェン山井に期待しましょう。
ところで予備軍からは中田も上がってきそう?
朝倉あんな調子なので、新たな風を吹かせてほしいですね。

第3問は「ドラゴンズ、今後の展開は?」です。
果たして今後の展開はどうなるのでしょう?
よろしかったら投票してみて下さいね!

2005年8月 9日 (火)

勝ったぞ!ハマスタ観戦記2005。

来たぞ、ハマスタ!8月7日日曜日、今季初めて
横浜スタジアムに出かけました。
STおなじみ?の「観戦記。」シリーズ。
今季第3回目は、ハマスタ編
いくつかの写真と振り返ります。


ちなみに女性用です。午後3時にハマスタに着いて、
3時30分に当日売りチケットが発売開始。
今夜は1人での観戦だったので、
確実に席をと「外野指定席」をキープ。
その後開門までブラブラしていました。
これは見事なベイナインの姿!
まさかこれがトイレの壁とはとても思えません!


ボクがホッシーゾです!スタジアムを一周していると、
一塁側内野席入り口にホッシーゾを発見!
「握手して下さい」とお願いして、
黄色いお手手とシェイクハンド!
そのあと写真も撮らせてもらいました。
ホッシーゾくん、実にいいヤツでしたよ。


TVよりやせてますね。4時20分にグラウンド内に入ると、
ドラゴンズ選手が練習していました。
これは投手陣。岡本投手英二投手
TVで見るよりスマートでした。
聡文投手チェン投手もいます!
憲伸投手はいなかったですね。


思ったより見やすいです。外野スタンド最上段からの風景。
グリーンのツートンの人工芝が鮮やかですね。
自分は、26通路脇の1人席の前から2番目。
上から観ていた方が、涼しくてよかったかも?


上に上っちゃダメですよ。これはセンタースコアボードの後側です。
はじめて見ましたが、こうなっています。
ハマスタはレフト側とライト側の
スタンドがつながっていません。
入るときは注意しましょう。


40歳まであと4日!初めてみた生・山本昌投手
神宮の時は見られなかったのでよかったです。
フェンス際のランニングゾーンを走っていました。
まだまだ若い、40歳になるとは思えません!
阪神戦、頑張って下さい。


恥ずかしがっちゃイヤ!もちろんドアラ、シャオロン
そしてパオロンも来ていましたよ。
これはドアラ
「ベイスターズバズーカ」では
せっかくのグッズ抽選ボールを
なんと場外に飛ばしてしまったドアラ
今回の遠征は3連勝でよかったね!


頼むぞ、ノグチくん!いよいよゲームが始まります。
今夜の先発は、野口投手
前回の巨人戦のように
ナイスピッチを見せてくれ!


全然ちっちゃくて見えん!恒例のライトスタンドの風景。
遠目なので、何しているかわかりにくいですが、
実はこれは、種田選手の打席中、
いわゆる「タネダンス」の様子です。
小さくてすみません!


おーおーおおおおー!一方、こちらはレフトスタンド。
今夜もレフドラは熱かったです。
これは井端選手の打席のときのファンファーレ!
今夜は「狙い撃ち」
アカペラヴァージョンまで歌えたし、
周りの方々とハイタッチもできたし、よかったです!


タイムリーモ1ポンウッタヨ!この日お誕生日!だった
みんこさんのために
アレックス選手をフューチャー!
最近は両手でフライを掴むなど、丁寧な守備。
スライディングキャッチも披露しました。


いわゆるソフトクリーム。おまたせしました!
酒を飲まない自分はコーラでのどを潤し、
そして恒例のアイスクリームタイム!
モナカがなくて出てきたのが、
「北海道60%牛乳ソフト」!
ビミョーな60%さがたまりませんでした。


ワッタナベ、ワッタナベ!9回ウラにまさかの同点劇。
そして延長11回に我らが渡邉選手のタイムリー!
セカンドベース上での雄姿!
背中に向けて「よくやった!」と叫びました。
このあとレフトからの大「ワッタナベ」コール!
うれしかったです!


控えの者が頑張らないと...。そしてヒーローインタビュー!
めったにないことなので
しっかりスコアボードを撮っておきました。
ただ時間が22時30分すぎ、
早くしないと終電がない!


お土産はナシよ!今夜はグッズを何も買いませんでした。
その代わりに入り口でもらった
「954PRESS」とナンバージャージを!
ようやく観戦連敗「4」で止まりました。
次は、10月1日のナゴヤドームを予定しています。

2005年7月15日 (金)

ドラゴンズファンに66の質問?

昨日今日とドラゴンズのゲームはなし。
新聞記事もそれほど大きな見出しもなく、
正直、久々にネタがありません!
困っていたときに、クラークさんのところで
『ドラゴンズファンに77の質問』というのを発見!
これはいい!と頂いて、さっそく答えようと思います。
ただ「77」ですと、先日某テレビ番組の収録で
「もう間違いなし、優勝は100%以上だと思う」
吠えていた某SDのことが頭に浮かんでしまうので、
それから11個を除いて、66個の質問に答えました。
(番号は、もちろんそのままにしています)

◇質問配布元は、akirin.netさんの 『-ドラゴンズファンに77の質問-』です。 77個すべて答える方は、こちらから!

☆ドラゴンズファンに66の質問☆

その1 お名前(HN)、誕生日を教えてください
Toshikichi、3月27日です。

その2 出身地はどこ?
生まれは東京都、育ちはさいたま。

その3 ドラファン歴は何年?
かれこれ10数年になるでしょうか。
生まれたときからではないです。

その4 ドラファンになったきっかけは?
幼なじみがドラゴンズにドラフトで指名されて、
応援しようと思ったのがきっかけです。

その5 ドラゴンズのどんなところが好き?
ここまで来るとひと言ではちょっと説明できません。

その6 ドラゴンズファンでよかったと思う瞬間は?
優勝シーンが見られたこと。
最近ではドラゴンズファンの方と
Blogで知り合いになれたこと。

その7 他に好きなチームがあったら教えてください。
セではヤクルト、横浜
パはソフトバンク、楽天

その8 一番嫌いなチームはどこ?
いまは、阪神

その9 好きな人が熱狂的ジャイアンツファンだとわかりました。
    しかもよりによって元木の大ファンです。さてどうする?

ドラゴンズファンになってくれるよう徐々に洗脳します。

その10 現役選手で一番好きな選手は?
もちろん渡邉博幸選手です。

その12 他球団の選手で一番好きな選手は?
ドラゴンズOBの楽天・関川浩一選手

その13 印象に残ってる外国人選手は?
現役選手では、アレックス・オチョア選手
印象に残っているのは、郭源治さん、レオ・ゴメスさん、
宣銅烈さん、エディ・ギャラードさん、
おっと、「至宝」オマール・リナレスさんも。

その14 好きなタイプの投手は?
本格派の先発投手と、しっかりとした抑え投手。

その15 好きなタイプの打者は?
チャンスに強いバッター。

その16 好きな選手に一つだけ質問できるとしたら何を聞いてみたい?
「途中からゲームに出る際に心がけていることは何ですか?」

その17 他球団含めて一番嫌いな選手は?
嫌いじゃないですが、好ましく思っていないのは、
西武の松坂大輔投手。監督なら西武の伊東監督
   
その18 この選手のここをなんとかしてくれ!ってところある?
タイロン・ウッズ選手がチャンスで打てるようになってほしい。

その19 1人だけどの選手でもドラゴンズに
    入団させることができるとしたら誰がいい?

ソフトバンクの和田毅投手。  

その20 ドラゴンズに在籍していた選手を
    1人だけ呼び戻せるとしたら誰にする?

横浜の種田仁選手

その21 自分がドラゴンズの選手になるとしたら
    どんなタイプの選手になりたい?

渡邉選手のようなスーパーサブ

その22 自分がドラゴンズの選手になったら何番を付けてみたい?
104番。現在は空き番。

その23 歴代監督の中で一番好きな監督は?
歴代では星野仙一さん。近藤貞雄さんも好きです。

その24 二度とやるな!って監督は?
多分やらないだろうと思うのが、山田久志さん
自分は好きな監督でしたが。

その25 この人にドラの監督をやってもらいたいって人はいる?
立浪和義選手は、いずれなるのではと思います。

その27 あなたのベストスタメンは?
荒木/井端/立浪/ウッズ/福留/アレックス/井上/谷繁/川上
今季は良くも悪くもこれがベストでしょう。

その29 ファインプレーと言えば誰?
荒木・井端の「日本一の二遊間」

その30 印象に残っているファインプレーは?
数日前の荒木選手のジャンピングキャッチ。
良いポジション取りだったです。

その31 エラーと言えば誰?
タイロン・ウッズ選手

その32 印象に残っているエラーは?
かなり何年も前の福留選手サヨナラエラー
当時、慣れないレフトでバンザイ!今では信じられないくらい。
最近では昨季の日本シリーズ第1戦の
英智選手落球。チーム自体が硬くなっていました。
そう考えると上手い選手のエラーの方が
逆に印象に残りますね。

その33 乱闘は好き?
基本的にはあまり好きではありません。

その34 印象に残っている乱闘は?
熊本で宮下投手がGのクロマティ選手に殴られたこと。

その36 あなたが開幕戦の始球式をすることになりました。
    さてどんな格好で投げる?

渡邉選手にサインしてもらったユニフォーム。
J SPORTS2で放送したのをDVDに永久保存したいです。

その38 年に何回くらい観戦に行く?
そんなには行けません。2~4回行ければ御の字。

その39 一番印象に残った観戦試合は?
2004年10月24日、日本シリーズ第6戦
せっかくナゴヤドームまで観に行ったのに、
50年ぶりの日本一になれずに
心のなかで涙を流した試合。
    
TVで見ていた試合では、1989年8月12日。
ナゴヤ球場の対G戦、九回1死までノーヒットだった
斎藤雅樹投手から落合博満選手逆転サヨナラ3ラン
音重鎮選手のライト線へのヒットと
右中間へのホームランは今でも印象に残っています。
その時の音源はここで聴けるそうです。スゴい!

その40 どの席が好き?
よく見えるなら、内野でも外野でも。
応援するなら、神宮球場のレフドラ

その41 一度は座ってみたい席はどこ?
バックネット裏。

その42 シーズン席が買えるとしたらどの席を買う?
内野席の前の方。

その43 ナゴヤ球場とナゴヤドーム、どっちが好き?
自分はナゴヤドームですね。
ナゴヤ球場は行ったことがないから。

その44 ナゴヤ球場での思い出をどうぞ
目に焼き付いているのが、ネット裏の「パロマ」の文字。
一度は行って、生観戦したかったです。

その48 ドアラ、シャオロン、パオロンの中で一番好きなマスコットは?
自分的にはシャオロン
動きにくいのに頑張っているので。

その49 応援グッズは何を持ってる?
カンフーバットやVメガホンとかのたたきもの系。
今、ナンバージャージを注文中です。

その51 サンデーユニフォームについて正直どう思った?
パープルの色合いがちょっと、
それにしても勝てませんでしたね。

その52 今までに行ったことがある球場は?
行った順に、後楽園球場、西武球場、
東京ドーム、神宮球場、横浜スタジアム、
ナゴヤドーム、千葉マリンスタジアム。
    
その53 一番好きな球場はどこ?
神宮球場

その54 この球場のここをなんとかしてほしいってところある?
広島市民球場の狭いところ。
新球場ができるといいですね。

その55 好きな応援歌は?
今はアレックス選手のが唄いやすいです。

その56 この応援はちょっと・・・という応援は?
「○○倒せ、オーッ!」って言うのが苦手。
何となく古くさい気がします。
このままでも悪くはないですが、
オリジナリティのある広島やロッテの
応援を少し見習ってほしいです。

その57 歴代の燃えドラでどれが一番好き?
「'88」と「2004」は良く唄いました。
ただ「オレ流監督の胴上げだ!」はいかがなものでしょうか?

その58 あなたの応援ポリシーは?
どちらかというと、温かく見守るタイプと言われます。

その59 好きなスポーツ紙は?
トーチュウ、中スポ(2回しか手にしたことがないですが)。
スポーツ報知とデイリーは苦手。

その60 月刊ドラゴンズは毎月読んでる?
本屋で立ち読み程度。
なかむら治彦さんの4コマは、必ず読んでいます。

その61 よく見るスポーツニュースは?
CSフジテレビ739の「プロ野球ニュース」

その62 嫌いなスポーツニュースは?
NHKの「サンデースポーツ」。
堀尾アナが野球が好きじゃないように見えるので。
その点、「ニュース10」の有働アナは野球好きかも?
ただ、最近はスポーツニュース自体あまり見ていません。

その63 ドラゴンズ番組はどれが好き?
「サンドラ」「ドラHOT」
何度か見たことがあります。
名古屋在住の方が本当にうらやましく思います。

その64 珍プレー好プレーはどのテレビ局のが好き?
フジテレビのみのもんた節

その65 東海ラジオ、CBCラジオ、どっち派?
もちろん東海ラジオ
というか、自分の住んでいるところだと
電波状態の関係でCBCが聴こえません。
最近はCSで観ているので、
ラジオはあまり聴いていません。

その66 好きな実況アナは?
東海ラジオだと犬飼アナとかが印象に残っています。
クドいときもありますが、東海テレビの吉村アナも追加。

その67 好きな解説者は?
ドラゴンズOBはだいたい好きですね。
最近は木俣さんや孝政さん、高木守道さんが多いですね。
他では、達川さんや斎藤明夫さんとかも好きです。

その68 嫌いな解説者は?
真っ先に浮かぶのは、デーブ大久保さん。
金村さんも苦手ですね。

その69 あなたのエース論をどうぞ
ここぞと言う時に勝てる投手。

その70 あなたの4番バッター論をどうぞ
その15の解答と同じく、チャンスに強いバッター。

その71 誤審の多いセリーグ審判に一言!
暑くなって大変でしょうが、ミスのないようお願いします。

その74 この選手に一言!
山本昌投手
頼れるベテラン、これからもナイスピッチングをお願いします。
200勝目指して、頑張って下さい!

その75 監督に一言!
連覇と日本一、期待しています!

その76 ドラゴンズに一言!
まだまだ諦めずに目標にむけて、頑張ってほしいです。

その77 お疲れさまでした。最後に一言どうぞ
けっこう多くて、打ち込むのに疲れました。
読んで下さった方に感謝します。

※その9の「元木」なのは
アンチGにいちばん元木選手が人気がないのと
質問作成者の好みなのだそうです。


読んで下さってお暇な方は、ツッコミでも下さい。
なんとなく他のドラゴンズファンの方のお答えも
聞いてみたい気もしましたので、
質問を答えてみた方は、TBでも下さったらうれしいです。

2005年7月 5日 (火)

行ったぞ!神宮観戦記2005。

本名、明治神宮野球場。7月3日日曜日、神宮球場へ行きました。
「明日は神宮に行きたいな」といいつつ、
前回の記事では「観戦しました」というフレーズを
あえてひとつも書きませんでした。
敗戦ゲームだったので、記事にしようか迷いましたが、
せっかくの神宮観戦、いくつかの写真と振り返ります。


いいか、マルよ聞け!12時40分頃、球場に到着。
外野指定席にしようと思いましたが、
ブルペンも見たいと思って、外野自由席に。
Copland師匠と同じように、
レフトポール際の一番前をとりあえずキープしました。
さっそくブルペンを見てみると、マルティネス投手
森繁コーチの指導を受けていました。
しっかり脱帽して腕を後ろに組んでいたのが好印象


ナイスガイ、マル!マルティネス投手
そのあとフェンス際をランニング。
ポール際で待つファンを少々ジラしたあとに
ようやくサインに応じてくれました。
近くで見ると結構イイヤツでしたね。


頼むぞ、野口!今日の先発は、野口投手
ようやくブルペンに登場。
結構良いボールを投げていたので
今日は大丈夫じゃないかと感じていましたが...。


熱きドラゴンズファン!レフトスタンドのドラゴンズファン
結構集まっていましたね。
空席も次第に埋まっていきました。
狙い撃ちチャンステーマは出せませんでしたが、
やはり関東ドラゴンズファンは
神宮が一番だと感じました。


金網の向こうに荒木がいます。実際はこんな感じで、
グランドを眺めていました。
かっ飛ばせ、荒木選手


ちょっと大きめにしておきました。1点先行したドラゴンズでしたが、
3回に岩村選手逆転3ランが出てしまいました。
せっかく神宮に来た記念に
東京音頭の傘踊りのワンシーンを!
左下にアレックス選手を小さくフューチャー!


恒例、食べ物コーナー!ゲームがすすむにつれ、風が冷たくなってきて、
思わず上着を着てしまいました。
それでものどが渇き、食べたのがこれ
千葉マリン同様、バニラモナカでした。
寒いわりにはおいしかったですよ。


岡本、聡文が結局登板。ここでブルペンレポートを。
これは5回くらいですね。
左が高橋聡文投手、右が平井投手
手前がハーラートップの勝ち頭・岡本投手


撮影のため、お借りしました。6回ウラ、先頭の岩村選手
レフトポール際へ大きなファウル!
そのとき上から跳ね返ったボールが
自分の前に落ちてきてバウンド!
右目の上に当たってしまいました。
ボールが捕れればよかったものの、
あっという間に隣の人がゲット!
いきなりの踏んだり蹴ったりに、
思わず「岩村、痛いなぁ!」と叫んでしまいました。
痛かった記念にボールを撮っておきました。


涙雨で渡邉選手が見えません!8回ウラからシャワーのようなが降り出し、
折りたたみの傘を差して観戦。
そして9回ウラ二死、
ようやく渡邉選手が代打で登場!
しかし結果は惜しくもピッチャーゴロでゲームセット
もっと天気の良いときに出してほしかったです。


監督、お願いしますよ。三塁側のベンチからバスへ向かう落合監督
「手を打つよ」と言っていたそうですが、
今後の試合でどう変わっていくのか?
なにげに聡文投手も映っています。


お疲れ様でした。雨降るなか、選手はタオルを肩にかけ
重い足取りで引き揚げて行きます。
我らが渡邉選手もごらんの通り。
明日からは地元で頑張ってほしいです!


お土産です。今日のお土産はこの2つ。
ケータイ用のストラップでした。
左は800円、右の優勝記念は処分価格200円でした!


また負けた....。STが始まってから、自分の観戦ゲームはこれで4連敗!
1勝4敗、勝率2割は、山井投手のように分が悪いですね。
何とか次は勝ってもらいたいですね。
今季の神宮は、平日は無理なのでこれで最後
でもなかなか楽しかったです。
次回は8月6日土曜日の横浜スタジアムを予定。
ただ問題点はナイトゲーム、午後6時開始ということ。
あまりに遅いと終電がなくなり、家に帰れないおそれが....。
ちょっと検討しておきます。

2005年5月22日 (日)

行ったぞ、千葉マリンスタジアム!

5月21日土曜日、今季はじめて
千葉マリンスタジアム
千葉ロッテマリーンズVS中日ドラゴンズ
セ・パ交流戦を観に行きました。
いくつかの写真とともに振り返ります。

ようこそ、ちばへ!JR武蔵野線で海浜幕張駅に到着。
南口にあった、お花のモニュメントです。



ワタシトアクシュシテクダサイ!駅前のプレナ幕張の1階にある
ご存じ「バレンタイン神社」
とりあえずボビー
「今日は手加減してね。」とあいさつ。


まだはるかかなた?そこから徒歩15分とありましたが、
普段マイカー通勤のサラリーマンには
ある意味長い距離?
遙か遠くにマリスタが!


やっと着いたよ!ようやくマリスタに到着!
入り口近くのステージで
チアガールM☆Splashがミニステージを。
キューティーハニーの替え歌を披露。


真ん中が渡邉選手。スタジアム内に入ります。
ドラゴンズの守備練習が終わりました。
自分が観た渡邉選手
この日はこれっきりだったのが残念!


熱きレフドラ!レフトスタンドのドラゴンズファン!
25123人、結構お客さんが入っていました。



背番号26!マリーンズサポーター、おなじみの光景。
記念に撮りました。
ただこの応援がすごかった!
統率の取れた「声」の応援。
ネット裏で反響する勢いでした。
ドラゴンズファンのラッパとメガホン中心の
応援とはひと味違う、パワーを感じました。
後から聞いた話だと、この日は普段と違ったらしい?
後半は、トラブルがあって、
鳴り物がなかったようですね。
それがあったらもっとすごかったかと思うと、
見られなくて、とても残念です。
同時にドラゴンズ応援団は何やってんだか...。


屋根がジャマ!自分が観ていたのは、内野席Sの4列目。
4列目とはいえど、ある意味一番前。
カメラマン席の真上だったので
青い屋根とネットがジャマでした。
立浪選手、二塁打日本一おめでとう!


右がコーラ、左はウーロン茶。一番前だったので、
ジュースがおけます。
右がコーラ、左はウーロン茶。


ウルトラヤマイ頑張れ!実際はこんな感じで見てました。
山井投手、踏ん張れ!



遠くてよく見えない。5回のハーフタイムには
ナゴドからドアラ、シャオロン、
パオロン
が応援に来ていました。
ただドアラが遠征すると、
チームの勝率が悪いらしい?それがちょっと心配。


モナ王は150円。3-1になりました。
さらにロッテを喰うために
買ったのは、「モナ王」
日差しが強くて、暑いのでタイヘンでした。


まさかのサヨナラ暴投。終盤追いつかれて、
結局、サヨナラ負け....
観戦3連敗
渡邉選手岩瀬投手も見られなかった...。
(ちなみに一番見えたのは、
投手のキャッチボールの相手をしていた柳沢捕手!)


お土産です。本日のお土産。
憲伸投手のうちわ、交流戦パンフレット
そしてマッチデープログラム(100円)
帰りは、駅前のアウトレット、
ガーデンウォーク幕張に寄りましたが、
洋服と雑貨に無頓着の自分にはよくわかりませんでした。
次は、ぜひ勝ちゲームを観たいですね。

2005年1月 1日 (土)

2005年がやって来た!

050101niwatori2005

新年あけましておめでとうございます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



2005年 元旦
Stadio Toshinao


大晦日がになり、予定がまた狂いました。
ただTVの方は予定通り、
「紅白歌合戦」を観ていました。
(勝った紅組の方が全体的に良かったと思います。
自分的には、上戸彩、森山良子、島倉千代子、
平原綾香、ドリカム
が良かったです。
白組では氣志團、ゆず、平井堅ですね。
前川清&ゴスペラーズジョン健ヌッツオ
マツケンも頑張ってましたよ。)

元旦は、昼から恒例の明治神宮への初詣
(もちろんドラゴンズの日本一も祈願しました!)
原宿を回って帰ってくるというスケジュールで
やって来た2005年の初日を過ごしています。
ニューイヤー駅伝では、コニカミノルタが、
天皇杯は、ちょっと予想外でしたが、
あの東京ヴェルディ1969!が制したそうですね。
正月から驚かさせていただいております。
明日、明後日は、朝から箱根駅伝
TVでしっかり観たいと思っています。


皆さんのお正月はどうですか?
今年も、自分なりのペースで
テキトーに頑張って行きたいと思っております。
中日ドラゴンズ応援記事が中心になりますが、
よろしくお願いします!

PS 本日はとりあえずご挨拶のみですみません。
明日から記事のほうも頑張って行きます!

2004年10月26日 (火)

幻の「胴上げ」チケット。2

ナゴヤドームだぞ!9回ウラ、最後の打者、
荒木選手の打球はセカンドフライ!
万事休すでゲームセット。
またもやあと1勝での観戦ゲームは敗戦。
胴上げは幻となりました。

10月24日のお昼頃、
日本シリーズ第6戦を観に行くために
東京を出て、でウロウロしてから、
5時ごろにナゴヤドームに到着!
ナゴヤドーム前矢田駅からの長い地下道から
ドームへむかっているのは、すべてドラゴンズファン!
同志が多いということでとても心強かったです。
ゲートへ行くまでの途中でもチケットを確認するなど
警備的にも厳戒態勢で胴上げゲームなんだと自覚しました。

7ゲートから中に入り、グッズショップで
ナンバージャージを買おうとしたら、すべて売り切れ。
(外にあるショップなら福留1川上11が売っていたのを
翌日になって気づきました。残念。)
仕方ないのでビジターデザインのTシャツ
買おうとしましたが150の子供用しかなく、
結局、「CDRAGONS」Tシャツの立浪3を買って、
とりあえず、長袖のTシャツの上に着込みました。
26通路から入り、自分の席は、外野Aでも
右中間スタンドの後ろの方でした。
ただ太鼓やラッパを鳴らす応援団よりは、外れていましたが
旗手の立ち位置が近くで、全国の応援団の旗が
代わる代わる振られることとなりました。
ライブビジョンが全く見られなかったのは残念でした。
グラウンド内は結構見やすくて、人工芝がキレイでした。

試合前からテンションはかなり高め!
スタメンが発表されると大騒ぎ!
周囲から今夜で日本一を決めてやるという
雰囲気で一杯でした。
応援コールにもそれが出ていて、
「かっ飛ばせ○○、
この手で掴むぞ!日本一!」

特別バージョンになりました。
ちょっと長くて言いにくかったですが...。

プレイボールがかかり、ボルテージが上がります。
初回に先発の山本昌投手があれよあれよで
簡単に先制点を奪われてしまいましたが、
2回には、松坂投手からチャンスを掴み、
ラッキーボーイの井上選手が打った、
サードへの高いバウンドの内野安打で同点に追いつきました。
球場内はもう大騒ぎ!
初めてナゴドで歌う「燃えよドラゴンズ」
大騒ぎでラッパがほとんど聞こえませんでした。
さらに、バンザイバンザイの大合唱!
これがライトスタンドなんだとある意味感動しました。

そして4回にチャンスで、初めての「狙い撃ち」!
今まで観てきたゲームでは、出来なかったので
はじめて歌えてとてもうれしかったですね。
それに乗ってくれたのか?
打線も井上選手が、今度はセンター前へ勝ち越しタイムリー!
2-1となって、ムードは最高潮に盛り上がって来ました。
ただ後が続かず、1点しか取れなかったのが痛かったです。

山本昌投手は、じっくり間を開けながらの粘りの投球
ここから見た限りでは、ギリギリ入っていそうなコースを
ボールに判定され、結構審判が厳しいと感じました。
どうにか5回は投げ抜きましたが、
6回に、和田選手にツースリーまで粘られてうえで
内角のボールをレフトスタンドへ持って行かれてしまい、
その前にカブレラ選手が出ていたため、
痛恨の逆転ツーランとなってしまいました。
我らライトスタンドをはじめ360°ドラゴンズファンは唖然。
静まりかえったスタンドで唯一、レフトの一角の
わずかな西武ファンだけが盛り上がっていました。
続く平尾選手にもセンター奥深くにスリーベースを打たれ、
山本昌投手は降板。岡本投手に代わりました。
勝たせてあげたかったですが、残念。
もう少し交代を早くした方がよかったかもしれなかったです。

岡本投手は、前回の失敗を糧にして、
後続を3者連続三振に斬って取りました。
1点のビハインドとなり、流れを変えてほしい所でしたが
松坂投手の力投の前に攻撃陣がチャンスを作れません。

7回からは、落合英二投手が登板。
しっかり抑えてくれると期待しましたが、
和田選手の打った当たりが、
我ら右中間スタンドに向かって飛んできました!
最前列のお客さんが素手でキャッチ!
悔しい追加点となるホームランになってしまいました。
捕った方はパチンと音がしたので痛かったでしょう。
それ以上に悔しいのかグラウンドに向かって
投げ返していました。ちょっと勿体ないと思いましたね。
しかしこの一発がダメ押しとなってしまいました。

8回ウラ、一死1、2塁のチャンスで打席には、
このシリーズ打点9の谷繁選手
今度こそ行けると思いましたが、惜しくもピッチャーゴロ。
松坂投手に軍配が上がり、意気消沈。

9回表、ようやく一塁の守りで渡邉選手が登場!
荒木選手が難しいセカンドゴロをうまくキャッチし、
送球はワンバウンドに。
しかしそこは名手・渡邉選手
確実に処理してアウトにしてくれました。さすが!
このプレーでライトスタンドは沸きましたが、
朝倉投手は、続く打者を四球で出してしまい、ブーイング!
これでは、流れが来ませんよ。

9回ウラ、最後の攻撃。
逆転勝利を願っての応援が続きます!
打席が回ってきた渡邉選手は、豊田投手の前に見逃し三振。
不調が続いていて、またも初ヒットはお預けに。
続く英智選手がレフト線へのヒットで出ましたが、
荒木選手はセカンドフライでゲームセット。
胴上げがお預けになり、悔しい気持ちで出口に向かいました。
背中には伊東監督と松坂投手の声が聞こえました。

外へ出て、出口の階段を間違えてしまったせいで、
ナゴヤドーム前矢田駅とは
逆方向へ行ってしまって、いくら歩いても
駅にはたどり着かずに苦労してしまいました。
結局次の砂田橋駅まで歩いてしまい、
駅員さんに事情を話したら、30円分値引してくれました。
駅員さん、thanks!
に戻ると、もう夜の11時30分。
地下道から出ると、ホストばかりがたむろしていて、
昼間、公園でロックンロールで踊っていた、
リーゼントの兄さん達よりもある意味怖かったですね。

ホテルに戻り、ケータイで記事を作りながら、
疲れて寝てしまいました。燃え尽きたかもしれません。
日本一になっていたら、各局で特番があったのに残念でした。

翌日、午前中再び、ナゴヤドームに行き、グッズを買いました。
昨夜とうって変わって、人通りが少なくて静かなドームでした。
夜はきっと盛り上がるでしょう。
自分は、埼玉の家に帰って応援です!
来年は、公式戦を観に行こうと思いました。

2004年10月24日 (日)

ナゴヤドームへ行ってきます!

さあ泣かせてくれ!!落合竜
50年待った 名古屋が一番熱くなる日

中日ドラゴンズの悲願である、
50年ぶりの胴上げと共に
自分にとってのもうひとつの願いが今夜叶います。
それは、ナゴヤドーム初観戦です。
関東地方の埼玉県在住の自分にとっては、
ナゴヤドームでドラゴンズのゲームを観るのは
正直言って考えられないことでしたが、
今季、ハマスタ神宮で熱いゲームを観てからは、
ナゴドへも行きたいという気持ちが大きくなりました。

さらに9月30日の神宮での胴上げが惜しく叶わず、
今度こそ何とか日本一の胴上げを観ようと
勝手に私的プロジェクトを立ち上げ、
ようやくY!のオークションでチケットを落札し、
台風による順延にも、宿泊先と新幹線のチケットと休みを
一日スライドさせる事でどうにか乗り越えました。
(会社では、多少冷ややかな目で見られましたが。)
そして何よりも3勝2敗の王手で名古屋に戻って来てくれた
ドラゴンズに感謝しています。

名古屋には、生まれて初めて行くので
どんなところか、全然わかりません。
(ナナちゃんは見てこようと思っていますが。)
ただ名古屋にいるということは、
学生の頃から今までずっと世話になっている
東海ラジオのクリアな音声が初めて聴けますし、
あの中スポを買うことも出来るのがうれしいです。

たとえどこから来ようとも、どこで応援しようとも、
ドラゴンズファンの気持ちは、ひとつです!
とにかく今シーズンの集大成!
熱い応援でドラゴンズの選手達を後押ししたいと思います!


PS 第6戦の記事は、とりあえず携帯からUPして、
後日、完全版に仕上げる予定です。
よろしかったら見て下さい。

2004年10月13日 (水)

ナゴヤドームチケットゲット惨敗。

10月12日は、2004日本シリーズ
ナゴヤドーム分のチケットの一般発売日でした。
関東に住み、先行予約がダメだったにも関わらず
日本シリーズをぜひ生で見たいと思った自分は、
果敢にもナゴドのチケットをゲットしようと
チャレンジしました。

ただ家で連続して電話をかけまくれる人と違い、
会社員である自分に残された手段といえば、
会社の電話はダメなので、自分のケータイ
そして隠れて見ているネットの2種類のみ。

とりあえずケータイ
ローソンチケットに電話してみるも
「ただいま混み合っております。」
冷たいお返事の連続。
お次はネットだと
「電子チケットぴあ」
チャレンジを繰り返してみましたが、
「ページが見当たりません」の連続。
やっと「電子チケットぴあ」のTopにたどり着くも、
Pコードをなんとか入れて、
日本シリーズのページまでまた一苦労!
ようやく日本シリーズのページに入ることが出来て、
会員IDを入れてログインが出来ました!

しかし、そこからがまた試練!
自分が申し込みたかった試合のページに飛び込む前に
非力なPCがフリーズしてしまい、また一からやり直しに。
再びチャレンジして、シリーズのページに着いたら
すでにすべて「×」マーク!
予定枚数が終わってしまいました。
残念ながら惨敗となってしまいました。
片手間で取れるほど甘いものではありません。
やはり名古屋は遠かったです。

ガッカリしながら、Google
「日本シリーズ チケット」と入れて検索してみると、
やっぱりあるんですね。チケット代行サービスが。

ただ、その手のサイトを見てびっくりしたのが、
「チケット代金計算方法」ですね。
チケット額面定価+代行手数料
+利用税×枚数+送料=チケット合計金額

というのが定番のようで、その代行手数料がスゴイ額です。
額面定価の約3~5倍なんてザラ。
下手したらナゴドの第1戦のライト外野Aなんて
なんと1枚に22500円というところがあって、
思わずぶっ飛んでしまいました。
さすが商売!それでも買っている方がいて
売り切れているというのがスゴイです。

それから見たのが、ネットオークション
写真で出ているところがあれば、
予約番号だけを売りますというのもありました。
ただペアで20000円とか30000円とかでとても手が出ません。
ダブったり本当にいけない人もいれば、
転売目当ての方もいて目的は様々ですが、
果たして残ったらどうするんだろうと考えてしまいました。
せっかく手に入ったのですから
出来れば観に行って欲しいですね。

西武ドーム分は、15日(金)に発売ですが、
開催が平日の夜だし、神宮と違って
同じ埼玉なのに所沢は遠いです...。
やっぱりシリーズはTVで観る事になるでしょうね。

2004年10月 1日 (金)

幻の「胴上げ」チケット。

041001ticket台風が通過して、
午後から空も青空になってきました。
ゲームが行われるとわかると、
気持ちが高ぶってきました。
時間が経つにつれ、
自分もドラゴンズファンの端くれ。
人生でめったにない瞬間ですし、
やはり落合監督の胴上げは観とかなくてはいけないと思い、
定時になると会社を飛び出し、神宮へ向かいました!

行く途中で聴いた情報は、先発が昌さんでなく、
小笠原投手とのこと。
またもオレ流が炸裂でした。
6時の時点で北千住、外苑前に着いたのが6時35分。
とにかく走って何とか神宮球場にたどり着きました。

チケットは指定席が売り切れ!後は外野自由席のみでした。
思っていた以上にドラゴンズファンが集まっていたようです。
さすが優勝決定ゲームだと思いました。
「中日側は立見ですよ」と言われましたが、それでもOK!
球場を半周したあげく、13番入口から入りました。

6時44分、回は2回表。
ちょうど渡邉選手がヒットを打った直後だっただけに
ちょっと残念でした。
レフトポールからよりやや左、3塁側のゾーンを上に上がり、
32列目の座席の隙間にうまく入れてもらって
通路のフェンスに寄りかかりながら、観ることにしました。
神宮は、ハマスタよりもグラウンドが近くて
観戦しやすかったですね。

見渡すとほんとに超満員!
ドラゴンズファンが約8割!予想以上に多かった。
ただサッカーの日本代表もそうですが、
ブルーは、観客で埋まっても、赤や黄色と違って
やや目立たなくなってしまうから良くないなと
少し感じました。(自分は好きですけれど)
ハマスタであれだけうるさく感じたラッパが歓声でかき消され、
レフトスタンドとは、若干リズムがあわなくなることも
ありましたが、これだけ仲間がいると実に頼もしかったです。
甲子園の阪神ファンの心境になってしまいました。

場所を取られてはいけないので動けず、
買ったのは、コーラ(200円)のみ。
ただビール売りの兄さん姉さんが
ひっきりなしに回っていました。

ゲームは点を取られたらすぐ取り返すという展開!
立浪選手の好走塁に盛り上がり、
井端選手の好守に拍手をし、
アレックス選手が、フェンス際でナイスキャッチをする。
英智選手が、ファウルフライを捕ろうと走り
1塁側のブルペンでつまづいてもやはり盛り上がりました。

ブルペンには、落合投手、岡本投手のすがた。
そして7回頃からは、先発予定だった
山本昌さんまでが肩慣らしを始め、
マウンドの平井投手よりも盛り上がり、
フェンス越しのファンが写真を撮っていました。
自分は突然行ったので、デジカメがなかったのが残念。

それにしてもこれだけ盛り上がると
自然にボルテージが上がってくるもので
7回に坂元弥太郎投手井端選手に顔の近くに投げた際、
思わず「何しやがるんだ、てめぇ!」と叫んでしまいました!

7回にドラゴンズファンがジェット風船を飛ばしましたが
隣の家族連れはなかなか風船がふくらまず、苦労していました。
8回のチャンスで代打・高橋光信選手が出たときに
ようやく「狙い撃ち」の応援ができるかと喜びましたが、
光信選手が初球を打ってしまい、またも出来ませんでした。

回も押し迫り8回ウラ、マウンドには岡本投手!
しかし不運な内野安打でランナーを出し、
岩村、古田選手は抑えましたが、
次は当たっているラミレス選手!
ここで落合監督がマウンドへ。
監督が行くと逆にプレッシャーになるんだよなと
思っていたら、初球が高めに行ってしまい、
ライトスタンドへの勝ち越し2ランを浴びてしまいました!
ドラゴンズファンは、静まってしまい
ライトスタンドからはかすかに
東京音頭が聞こえてきました。

最終回、五十嵐亮太投手から二死2塁のチャンスを造るが、
結局クリーンアップで三者凡退となりゲームセット。

胴上げが見られなかった...。とても悔しかったです。
しかし、これだけ盛り上がれば良かったと思いました。
自分は球場を後にしていたので、
直接は見ることが出来なかったのですが、
落合監督が外野席に向かって
お礼に頭を下げたとのこと。
ナインもベンチもうれしかったのだと思いますね。

帰りに外苑前に向かう途中に、信子夫人と福嗣くんを発見!
TVカメラと照明に囲まれていました。
思っていたより信子夫人は小さかったですね。

突然の神宮でしたが、行って良かったです。
これからもできればスタジアムに通えたら思いました。

2004年9月28日 (火)

行ったぞ!ハマスタ観戦記。

渡邉選手です!
26日は、横浜スタジアムに行きました。
ドラゴンズの優勝決定試合を目論みましたが、
ストの影響もあって、結局はマジック4で迎えました。
天気は朝から弱い雨模様。
寝坊をしてしまった自分は、埼玉の家から
2時間かけてハマスタに乗り込みました!

球場に着くとちょうどスタメンを発表していました。
1番・荒木から始まり、4番はアレックス。
5番・谷繁6番は?と若干期待しましたが
「リナレス」とのコール。
この間のタイムリーがよかったからだと納得しました。
そして「7番レフト・森」
ってショーゴーか。森野じゃないよなと少し驚き。
そして9番ピッチャーは、良く聞こえませんでした。。
ただ「ドミンゴ」というイントネーションではなかったのと
「背番号26」というのはかろうじて聞こえました。
背番号26って誰だっけ?と思いながら中に入って
スコアボードを覗くと「1・落合」の文字!!
なんと落合英二投手が先発でした!
またもオレ竜采配に一本取られましたね。

チケットを見ながら、どんどん階段をのぼり
ようやく着いた席は、内野席ながらかなり上!
上から5段くらい下のところでした!
それもその一角だけお客さんがいて
周りは空いたオレンジ色のシート
雨に濡れながら広がるという感じでした。
晴れていればもう少しお客さんがいたと残念。
熱きレフドラたち!ただレフトスタンドの方は超満員!
トランペットの音色も響き渡り、生なんだなと感じ、
モチベーションも上がってきました。
しかし、霧雨は以前降っていて、少し肌寒い
傘を差すと周りに悪いし、カッパは300円もするし、
結局タオルを掛けて見ていました。
やはり屋外のスタジアムの雨での対応を考えていなかった
自分はやや勉強不足でした。

ゲームが始まるとそれまで静かだった周りの人々も
一気にヒートアップ!声援にも力が入ります。
関東の言葉でない声も聞こえて、
この日の為にわざわざチケットを取って、
他の地方から来たのだと頭がさがる思いでした。

ゲームは締まった投手戦となり、早いペースで
ある意味淡々と進んでいきました。
しかし英二投手が要所を締めると盛り上がり、
森章剛選手ホームランは、ライトスタンドが
白っぽかったので、ボールがよく見えませんでしたが、
フェンスに当たらなかったので、
スタンドに入ったのがわかりました。
入ったとわかった瞬間、やはり大盛り上がり!!
前の方と思わず握手!
「燃えよドラゴンズ」を大合唱
バンザイをしてしまいました。

スタジアムでは、イニング間に「スタプリ」という
スタンドのお客さんを無作為でプリクラのように
写してくれたり、ダンスコンテストがあったり、
「ベイスターズバズーカ」という
グッズをバズーカ砲でグラウンド内からスタンドへ
飛ばしてくれるなど嗜好にとんでいました。
チアドラなどの女の子はいないものの、
ご存じホッシーなどマスコットは走り回っていました。

6回にリナレス選手が三振でチェンジになると
いよいよお目当ての我らが渡邉選手が登場!
応援に力が入ります!出てきたときは思わず大喜び!
「ワタナベー!」と大声で叫ぶと、
周りはビックリ!前に座っていた子どもも
思わず真似して「ワタナベー!」と叫んでくれました。

そして迎えた7回の打席!
当たりはサード村田選手のグラブを弾く強襲ヒット!
またもひとり大騒ぎしてしまいました!!
勝ちボッシーです!豚丼を食べたのですが、まだ腹がすいたので
売店で「勝ちボッシー」という柿ピーを買いました。
ナイスなネーミングです!

最後は、岩瀬投手がヒヤヒヤさせてくれましたが
結局逃げ切って、見事な完封リレー!
マジックが「3」となりました。
ただ連打とかチャンスがすくなかったので
「狙い撃ち」とかの応援が出来なかったのが残念でした。

ただ応援だけを見ていると、ホームだけあって
ベイスターズファンの応援は、正直上手いと思いました。
応援バリエーションや音楽も色々あって、
ノリとかはドラゴンズよりも上じゃないかと思いました。

ゲームが終わり、日本大通り駅に行こうとしたとき
ドラゴンズの応援団の二次会に巻き込まれました!
生のトランペットをバックに「燃えドラ」から始まって
0番の光信選手から58番の大西選手まで続く
応援テーマメドレー!
なんと1982年!の優勝戦士のテーマメドレー!と
大盛り上がりの展開に
ドラゴンズファンの多さと熱さ!を感じました。
そして最後は「日本一だ!ドラゴンズ」の大合唱!
神宮でもきっと盛り上がると思いますね。

その二次会に巻き込まれてしまったせいで
道に迷い、中華街に行こうとしたら、
なんと関内駅についてしまう始末。困りましたね。
それでもいい一日でした。
今度は、晴れた日にハマスタに行きたいです!

2004年9月13日 (月)

ミスチルのライブに行く!

昨日12日に、横浜国際競技場まで
Mr.Childrenのライブを見に行きました。
ミスチルのライブに行くのは、
初めてで、良くチケットが取れたと思いました。
発表では、65000人も来たみたいです。
2日で13万人だったら、取れるのも無理はないです。
せっかくのチャンスを生かしました。

JR横浜線の菊名駅のホームにはがいっぱい!
降りた最寄りの小机駅は、
もう歩けないくらい改札に人があふれていました。
8月の横浜FマリノスVSレッジーナの時とは
全然、比べものにならないくらい。
帰りの切符を買うだけで大汗状態になってしまいました。

横浜国際に着くと、さらに人が多く、
「ミスチルパワー、恐るべし!」と感じましたね。
案の定、トイレ渋滞が起こっていて一苦労しました。
まぁ、風があったので多少は涼しかったのですが、
真夏だったら、多分倒れている人がいたかもしれないですね。

グッズ屋でパンフとトートバッグを買って(計5000円)
中に入ると、南にステージが組まれていました。
自分は東の1Fメインスタンド側でした。
サッカーのゲームだったら結構見やすかったと思います。
思わず「サッカー見てぇ!」とつぶやいてしまいました。

6時から15分くらい?遅れて開演!
自分の左となりがなぜか4席丸ごと空いていたので
ゆったりと観ることが出来ました。
1曲目の「終わりなき旅」から始まり、
「光の射す方へ」では花火が上がる。
そして「PADDLE」「名もなき詩」とエンジン全開!
こんな調子で3時間持つのかよとビックリしました。
周りのミスチルツアー常連のような方が、
両腕を上げ前後に振るのをみて、マネたりしました。

今夜は「史上最大級の規模」ということで
カメラが多数回っているらしく、
CSかDVDで後日、このライブが
観られるようでちょっとうれしくなりました。

MC後はラブソングを3曲、そしてアルバムの曲を
いくつかやりました。
「抱きしめたい」「Everything」がよかったです。
そして自分が聴きたかった「ニシエヒガシエ」
「Any」とかもやってくれてありがたかったです。
「くるみ」では、5つ隣の人が感動して泣いてしまいました。
感情が入ってしまったのでしょうね。
そして「蘇生」、「youthful days」で再び会場が沸き、
「inoccent world」では大合唱に!
ただ歌詞がうろ覚えの人のために
両サイドのスクリーンに歌詞でも出してくれると
親切だろうと思いました。
さらに「天頂バス」で櫻井も観客も「イエー」と叫び!
スゴいパワーを感じました。
その後の「HERO」で本編が終了。

アンコールは、ステージの前にメンバーが
集まっての「Mirror」
そして大御所「Tommorrow never knows」
そして今回のメインソング「タガタメ」と繰り出してきた。
特に「タガタメ」はやはり気合いがかなり入っていたようで
まさに絶唱で、歌詞のチカラを感じました。

ところで、まだ「Sign」が出てこない。
どういう風に繋ぐのかと思ったら、
スクリーンの映像を巧く使って繋いできた。

そしてラストはやはり「Sign」
帰り道で「Sign」よかったよね。と言う人がたくさんいた。
自分はそれほど思い入れがないので、
終わりなんだという寂しい気持の方が
大きかったですのが、全体的には良かったようですね。

小机駅への再渋滞を避けるため、終わってすぐに
ダッシュをかけたために帰りは結構スムーズでした。
感想はというと、内容はとても良かったです。
Mr.Children、やはりスゴイですね!
しかし、ややキャパが大きすぎたかなと思いました。
拍手や声援が回ってしまうのは、やはり広いからでしょう。
せっかくのいい雰囲気が多少壊れてしまうのが
勿体なかったですね。

今度はホールでぜひ聴いてみたいと思いました。
でもチケットは、多分取れないだろうけれど。

2004年8月16日 (月)

夏の思い出、与論島旅日記。

8月12日、木曜日
12時55分のJAL那覇ゆきで出発!
台風13号の影響で那覇は雨と強風!
15分遅れのRACプロペラ機で那覇から30分!
与論空港に到着。
はじめての奄美だったので、まずは空港に驚いた!
いい意味であまりのチープさにビックリ。
手荷物も流れ作業がまるみえだった。
さとうきび畑をみて南国に来たんだと実感した。
バスでプルシアリゾートへ。
コテージ風の部屋に着くとそのチープさに口アングリ。
おもわず写真にだまされたと思った。
でも和風レストラン「ぴき」で食べた
ハンバーグ定食が美味かったので許す!
明日は海だ、何とか晴れてほしい!

8月、13日の金曜日。
朝からお日様が出て、青空となった。
午前中は百合ケ浜に行った。
台風の影響で砂が大分流されてしまったようで、
白い砂浜は拝めなかったが、
エメラルドグリーンの海がキレイだった。
午後はビーチへ!
しかし日差しがタダモノでなくて、
肌が真っ赤になってしまった!
おまけに波が次第に荒くなってきて
水中メガネが吹っ飛ばされた!
ちょっとこわかったですね!

8月14日、土曜日。
朝からかなり強い日差し!赤い肌がさらに痛みを増す。
Naokichiは体験ダイビングへ。
自分はレンタサイクルで与論島内を走る!
しかし久々のチャリで息切れ。
さらにテキトーに走っていたら道に迷った?
ようやくついた百合ケ浜クリスタルビーチ。
ひと気がほとんどなかったが、
土産屋のオバちゃんに麦茶をもらい、星砂の話を聴いた。
それからまたひたすら走り3時間のチャリ旅を終えた。
スコールに当たらなかったのはラッキーだったが、
次からは原チャリにしよう!

午後Naokichiと再会。
はじめてのダイビングは怖さと喜びが
入り混じった貴重な体験になったそうだ。
それ以降はまたビーチへ。
昨日のような荒い波はなかった。
自分的には日差しが多少弱めだったのが幸いでした。
シュノーケルを借り、海中を見ると魚が底を泳いでいた。
やはり与論の海はいいもんだ。
ただ砂浜に小さな石が多くて裸足では痛いのが難点。
それ以外では今日はまあ満足でした。
スコールが降ってきたので部屋に戻った。
そして夕食後痛い腕や脛に冷えピタを貼ってケア。
明日に備えることにした。

8月15日、日曜日。
いよいよ最終日。朝食を済ませビーチへ。
しかし水着ではなく、写真撮影のみ。
最後にして日差しは最高潮!
こんな日に焼いたら大ヤケドになりそうだと思った。
チェックアウト後、時計を忘れたと
Naokichiが騒いだが見付からず。(結局鞄の中にあった)
バスで与論空港へ。
那覇行きの定刻になっても案内がなく
アバウトだなと怒っていたら、
人が徐々に搭乗するのが窓越しに見えた。
ナゼだろうと思ったら何の事はない。
自分らが搭乗口を間違えただけだった。
慌てて搭乗。おかげで10分遅れになってしまった。
まいったまいった。

10分遅れで与論を飛び立ったが、
那覇着が13時になった。
しかし羽田行の定刻が13時35分。
搭乗手続きの時間があまりない!
那覇に着き、バスで出発口に着くと、
ダッシュで乗り継ぎ受付へ!どうにか間にあった!
16時東京着。東京は何と曇りで20℃!
信じられなかったが、実際着いたらさみーっ!
旅の最後は少し肌寒く終わった。
なかなかよかった与論島!
機会があったらまた行きたい。

以上が今年の夏の思い出でした。
別のBlog(休止中)に載せていたものを
転載しました。

2004年8月13日 (金)

ようやく夏休み!

8月も半ばとなって、自分の会社も
ようやく夏休みになりました。
誠に恐縮ですが、12日~15日まで
南国に遠征することになっていて、
記事のUPがケータイのみとなります。
ただ文字数に限りがあるので
後日、ドラゴンズのゲームリポートを
完全版でUPさせていただきます。
すみません。

なお、首位ドラゴンズの熱い戦い!
12日の巨人戦、13~15日のヤクルト戦の戦評は
自分のおすすめの以下のblogでお楽しみ下さい。

Amaruna! by Tomo(Tomoさん)
ずたたん TIMELY REPORT(ずたたんさん)
On The Road(Coplandさん)
Rookie’s BAR(およよさん)

自分も後で読ませて頂きますが、
特にCoplandさんとおよよさんの
「神宮決戦」が楽しみです。

PS事前に投稿した記事が、14、15日に順次UPされます。
さらに台風で飛行機が飛ばない場合は、
遠征がキャンセルになってしまうので、
通常どおりでやります。

2004年7月26日 (月)

AMIGOSからの贈り物。

ありがとうございました!
今回は、自分のBlog AMIGOSにむけての
お礼のメール代わりの記事です。


前略、itokenさま、お元気ですか。
先日あなたのblogが突然休止になり、
その最終回?の業務連絡にて頂けることになった、
「あらいぐまラスカル」のマグカップが
岐阜から昨日、届きました。
どうもありがとうございました。
マグカップを割れないように包装していた
スペイン語の新聞紙が、
itokenさまらしくてよかったです。
お仕事などが忙しいのでしょうが、
ドラゴンズリーグ優勝&日本一へと
勝ち進んでいます。
優勝の際には、また一緒にblog上で爆発したいですね。
お身体に気をつけて頑張って下さい。 草々

PS コメントはいつでも下さいね。
活動休止でも、コメントは書いてもOKですよ!

えっ、「itoken」って何?誰?って言うかたは、
このBlogとこのホームページを見て下さい。
itokenさんのひととなりが理解出来ると思います。

2004年7月 9日 (金)

子どもの好きなスポーツ選手。


ゴジラ松井が総合1位 子供の好きなスポーツ選手

バンダイが実施した
子供の好きなスポーツ選手の
アンケート調査で、
米大リーグ・ヤンキースの松井秀喜
男女総合で1位となった。
2位には同じ大リーグのマリナーズ、
イチローが入った。
マラソンの高橋尚子、サッカーの中田英寿らもベストテン入り。
同社は「子供たちのあこがれの対象は、
実力が世界レベルの選手に集まっているようだ」としている。
(共同通信)

子どもたちのあこがれも、
ワールドワイドになったんだなと感心しましたね。
TVで世界のスポーツをどんどん見られるので、
日本一ではなく、世界でも通じる選手でなくては、
ならないのですね。

自分の子どもの頃は、プロ野球がメイン!
Jリーグなんかもない頃ですからね。
海外のスポーツなんてオリンピックでもないと
見られない時代でした。

自分のあこがれは、王選手でしたね。
(王じゃなく王選手と、「選手」が必ず付く)
長嶋さんはもう監督でした。
756号なんかは、TVで見て
子どもながらに感動しました。
いまでも王監督は、好きですね。

もしも自分が今の時代に子どもだったら、
山本昌や立浪ってすごいなと思うのかな。
ちっともワールドワイドじゃないけれど、
そんな子どもって言うのも
ありかな?って思いました。

明日はオールスターゲーム!
地元ナゴヤドームで山本昌が先発します!
立浪も調子がいいので、
いい場面で使ってくれると思います。
岡本も出てくるかもしれないですね。
公式戦じゃないので、勝敗関係なく楽しもうと思います。

2004年6月21日 (月)

北海道!1泊2日ベタな旅!

先週の土日は、北国に遠征しました。
場所は北海道!
それも最も基本的な札幌・小樽コース!

「札幌」という街は、いいですね。
たまに行くからいいのかもしれませんが、
道が碁盤の目のようにきっちりしているところや、
大通公園などで、一般市民と観光客が混じって
みんなでベンチや芝に座ってゆっくりしていたり、
テレビ塔をバックに写真を撮ったりしているのが
非常にマッチしているのがいいですね。

「東京」と比べると、いい意味でのんびりしてます。
さらに地元のさいたま市とかには、
こんな風にくつろげるところはないですからね。

ただ今回は、ちょっと蒸し暑かった。
初日は小樽運河をぶらぶら歩き、昼に鮨を食べました。
「小樽」は3年ぶりでしたが、
街の景観が、かなり観光客を意識した造りになっていて、
ある意味ちょっと寂しかったですね。

夜は札幌へ戻って、
すすきのでラーメンを食べました。
あとは札幌の街を見ながら、ぶらぶらして、
JRタワーの中を探検したり、買い物をしたりしました。

翌日は大通公園で民主党の西川氏の応援に来ていた、
ザ・グレートサスケ議員と握手して、
ちょっとラッキーな気分になりました!

新千歳空港へむかう途中で、羊ヶ丘展望台に行き、
羊とクラーク像と札幌ドームの写真を撮りました。

今季から羊ヶ丘に
「2004北海道プロ野球誕生の碑」が建っていて、
北海道日ハムの選手の手形があったので、
とりあえずSHINJOの手とあわせてみました。
ちょっと大きかったかな?
ヒルマン監督はあまり大きくなかった。

明日からその札幌ドーム
巨人中日の3連戦です!
自分も札幌ドームに行き、
先乗りで中日の勝利を祈ろうとしましたが、
ちょうど昨日は、北海道日ハム-西武のゲームがあって、
4時頃にいったら駐車場にも入れてもらえませんでした。

ただ、札幌の商店街「狸小路」の神社のようなところで
「巨人がドラゴンズに3連敗しますように!」
狸の神様に水を何度もかけて来ましたので、
御利益があればいいと思っています!

はっきり言ってあまりにも下手な旅ですが、
自分的には、ゆっくり出来て良かったです。

2004年6月19日 (土)

そしてツバメは巣立った!

我が家の巣にいたツバメたち
先日、ついに巣立ちをしました。
帰ってきたら、いなかったので聞いてみると、
ついにその日が来たらしいのです。

2.3日前から急に飛ぶ練習を始めて、
巣がある高いところから下へ落下して、
飛行状態を保ち、外の世界へ飛んでいったり、
巣に戻って来たりしているのを見かけました。

6羽いた子ツバメのうち、
2羽は姪にあげてしまったので
(残念ながら弱ってしまったらしい・・・。)
残りの4羽が代わる代わる練習をしていました。

なんか不安定で飛ぶというより、
浮いているって感じで
こんなので大丈夫なのかなと思っていたら、
1.2日で全羽、無事に巣立って行きました。

↓↓残されたツバメの巣です。↓↓
来年も来いよ!
2ヶ月くらいいたので、巣立つ時は、
せめて合図くらいしていけよと思いましたが
まあそれは無理な注文ですから仕方ないでしょう。
来年も6羽のうち、何羽でもいいから
戻ってくればいいなと思いました。

2004年6月11日 (金)

悲しきツバメの子

昨夜、家に帰ってみると、
玄関に段ボールと古新聞と鳥かご。
なんのことだろうと聞いてみると、

なんとツバメの子が
巣から下に落ちてしまった
らしい。
それも2度!
そのうち1羽はかなり弱っていました。

うちのツバメの巣は、
先日、子ツバメが6羽生まれました。
しかし、巣が予想以上に小さくて
6羽も大きくなるとすごく手狭になります。
ちょっと手狭だよね。
しかも覗き込めないくらい高い所にあるので、
あふれてしまった子ツバメが
階段の隙間から落下したようです・・・。

親ツバメも残りの4子ツバメにはエサをあたえるが、
落下した2子ツバメには目もくれなかったらしい。
(ほんとかな?)

話をきいて、家に来た姪ふたりが、過去にも
ツバメを育てたことがあるから育てたいというので、
本当は、親元の方がいいだろうと思いつつも、
2子ツバメを譲ることにしました

エサと一緒に帰っていく姪をみながら、
もっと巣が大きければ、住む家が大きければなぁと、
なんかツバメも人もあんまりかわらないんだなと
なんか考えさせられました。ちょっと悲しいですね。

本当は、全羽そろって巣立ってほしかった!
せめて残りの子ツバメは、大きくなって
うちの巣からしっかり巣立ってほしい!
これからも見ていこうと思います。

2004年5月31日 (月)

ひさびさツバメネタ!!

今日は久しぶりに、ツバメネタです。

つい先日、自分の家の玄関にある
ツバメの巣からピーピー
鳴き声が聞こえるので、
見上げて見ると、
(巣が高い所にあるのでのぞけない。)

ヒナ誕生!!
なんとヒナが生まれているじゃ
ありませんか!!

思わずビックリ!
でもとってもうれしかったですね。

しばらくして、戻ってきた親ツバメ
エサを持ってきたらしく、
ヒナたちに与えているのを
見ていると、とてもほほえましかったです。

でも、ウチのツバメの巣は
あまり大きくないので、
育っていくにつれ、
下へ落下してしまいそうで
ちょっと心配です。

気にしていたフンの方は、しっかり敷いた
新聞紙上におちているのでひと安心。

せっかく生まれてきた生命
ヒナたちが大きく育って、
無事に巣立っていけるように
これからも見守っていこうかと思います。

2004年5月 4日 (火)

横浜大世界DASKAに行く。

ゴールデンウイークということで
横浜の中華街にある、
横浜大世界
(通称DASKA)というところへ行きました。

DASKAとは上海語で大世界だということで、
フードエンターテイメントパーク
というのがウリらしいです。
8階から下へ降りていきながら
数々の古き良き上海のエンタや展示を
見ながら楽しんでいき、
4.3.2階にある13の美食店で食を楽しむ。
そして1階でおみやげを買うという造りでした。

DASKAの感想は?というと
とにかく混んでました!の一言。
みなとみらい線に乗るべく、
渋谷で直通の東横線に乗ろうとしたら
改札が激混み!
電車内が激混み!
電車降りたら、改札へ上るための
エスカレータが激混み!
肝心の美食街はやっぱり激混み!
食べるための席取りで一苦労しました。

おすすめは
日本初出店の「王興記」(オウコウキ)
蟹粉焼売(カニ入りシューマイ)
とても美味しかったです。

また行ってみたいとは思うけど、
もっと空いているときにしたいです。
GWとか長い休みには、もういいです。

2004年4月23日 (金)

ツバメが帰ってきた!

帰ってきてるじゃん!
昨日、家に帰るとちょっとビックリ
玄関の軒下にあるツバメの巣に
なんと!ツバメが2匹入っていました!!

昨年から巣を作りはじめて、
そのまま残っていた所に入ってきたようです。
昨年と同じツバメなのでしょうか?
そうだとしたら、ちょっとウレシイかも。

なにせ、昨年は
フンが落ちるのと、壁が汚れるのが
イヤなので追い返してしまったら、
大ひんしゅくをかってしまいました。

「ツバメが巣を作る家は縁起がいい!」って
言い伝えがあるそうで、いけないことをしたと
後悔した覚えがありました。

だから今年は、あたたかく見守る方向で行こうと
心に誓いつつ、フンよけの新聞紙を床に敷いています。

卵を産んで、ひなを育てるとかいう展開に
なればいいなあと、密かに期待しています。

2004年4月 4日 (日)

Qちゃんがやってきた!

高橋、市民マラソン参加=「秋に1本走りたい」
見に行きました!埼玉県吉川市
「Qちゃん」高橋尚子選手を。
昨日とうって変わって、体が冷える寒い雨の日です。
立ってみているにはとてもこたえた。

9時50分に5キロがスタート!
自分たちは、2キロ地点にいましたが、スゴイ人並み!
晴れてたらスゴイことになっていたかも・・・。

Qちゃんあっというま!
10時10分頃、ついにQちゃんが登場
オレンジとブラックのスポーツウェアに
キャップをかぶって走っていた。
写真を撮ろうとしたら、
アッ・・・というまに
通り過ぎていってしまった。
そりゃそうだ、走ってるんだから

その後はギャラリーが走って大移動!!
写真を取り損なった自分もゴール地点まで走っていった!
もうほとんど追っかけ状態!)
が、すぐに息切れしてしまった・・・。
ランナーってスゴイねってつくづく思った。

ゴールした後は何度も戻って、市民ランナーたちと一緒に走りながら、
話したり、ハイタッチしたり、Qちゃんもサービスしてた。
Qちゃんをみて、アテネは残念だったけど
これからもガンバってほしいなってさらに思いました。

予想通り、吉川市民は大騒ぎでした。観客なんと5万人!
表彰式そっちのけで、Qちゃんをみようとあふれかえってた。
報道陣もかなりの数が来ていて、関心度がかなり高かったようでした

2004年3月30日 (火)

おつまみ柿の種

おいしいよ!
まちのお菓子屋さん おつまみ柿の種
セブンイレブンで買ってきた。(税込み105円)


「鰹だしの旨みと、ほどよい辛さが
あとをひく大粒の柿の種です。」

と、かいてある。

あけてみると、やっぱり辛い。でも続けて食べたくなる。
ピーナツが入ってないのがいいね。あーもうなくなってしまった。

うらをみたら、メーカーは、
アルビレックス新潟でおなじみ、名門亀田製菓!
どうりで旨いはずだ。安いわりに掘り出し物!また買ってこよう。

2004年3月28日 (日)

牧場で牛肉、これいかに。

那須のりんどう湖ファミリー牧場へ行きました。
におそるおそるのったり、
と写真を撮ったりしました。
ただ、それを見た昼に、バーベキューを食べたけど、
をたべるのはいかがなものかと・・・。
ちょっとフクザツな気分になるのは自分だけかな?

2004年3月27日 (土)

一木ひろしショー!

今日は、ウエルサンピア栃木に行きました。
温泉が出たらしくリニューアルオープンだそうです。
その特別ゲストが五木ならぬ、
一木ひろし!
地方らしく、インチキくささ爆発だけど、唄は結構、本物より上手かったですね
栃木のお年寄り大喜び!!
ちなみに明日のゲストは、まねだ聖子!だそーです。

としきちの日!

おはようございます。
わたくしごとで恐縮ですが、本日3月27日は、
としきちのバースデーです!!
お祝いをかねて、栃木県塩原へ連れていかれてしまいました。
ほんとは、家でナビスコやパの開幕戦がみたいんだけど・・・

BirthdayBlogサイトをみて、来てくださった方、ありがとうございます。

順調にアクセスも増えております。今後も、テキトーにやっていきます。
よろしくお願いします。

2004年3月18日 (木)

とんでもない南風!

昨日は、暖かかったね

とんでもない南風がびゅーびゅう吹いて、
車で走っていて、橋だとあおられてしまった。

おまけに、車の外気温をみてびっくり
28℃だって!!

まだ3月だよね?こんなんだから桜もビックリして咲いちゃうんだよ!
でも今日は雨で、また14℃くらいになるんだもんね。体調くずすわ。

今日は、いよいよU-23日本代表の大一番!対UAE戦。
雨もやみ、なるべくいいピッチでの試合がみたいね。

2004年3月 7日 (日)

SUKIYAKI

今夜の夕飯はすきやきでーす!! 
すきやきでーす!
ううーえほむふーいてああるこーほおおう・・と
九ちゃんのうたを歌いながら
保険会社の懸賞で当たった
神戸牛をメインにいただきまーす!

さーて肉も食べたし、サッカーを観ようかな。
ひいきの中村俊輔のいるレッジーナはまだひとつも勝ってないアンコーナ戦だ。
これは、負けられない試合だね。
でも、0勝ペルージャを勝たせちゃったレッジーナ、今回もとなるといよいよ降格ピンチ・・・
まー楽しみです。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション








STおすすめ品

  • 平田 良介: 平田良介メッセージBOOK  自然体主義

    平田 良介: 平田良介メッセージBOOK 自然体主義
    キャプテン平田初の公式本。野球人生、技術論、チームメイトとの交流や、ゲーム・マンガ・映画・車・焼肉ほか、こだわりの趣味嗜好も大公開。荒木、森野、大島、大野、亀澤、高橋、ドアラら仲間が語る「平田良介の素顔」も収録。

  • : るるぶ中日ドラゴンズ (JTBのムック)

    るるぶ中日ドラゴンズ (JTBのムック)
    創設80周年を迎える中日ドラゴンズを応援・観戦する球団公認ガイドブック。初心者でも安心のナゴヤドーム観戦&応援ガイド、応援グッズなど観戦に欠かせない情報が盛りだくさん!

  • : 中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2016

    中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2016
    球団創立80周年を記念した応援歌メドレーアルバムが完成!ドラゴンズ選手の個別応援歌、球団応援歌など、この一枚に収録!

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ